リンゴ酸酵素

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

リンゴ酸酵素malic enzyme, ME)は、リンゴ酸ピルビン酸との相互変換を触媒する酸化的脱炭酸酵素である。

基質特異性や用いる電子受容体によって以下の表のように分類されている。

IUBMB名称 EC番号 基質 電子受容体 局在
リンゴ酸デヒドロゲナーゼ (オキサロ酢酸脱炭酸) 1.1.1.38 L-リンゴ酸
オキサロ酢酸
NAD+ 原核生物
真核生物ミトコンドリア
リンゴ酸デヒドロゲナーゼ (脱炭酸) 1.1.1.39 L-リンゴ酸 NAD+ 緑色植物のミトコンドリア
一部の真正細菌
リンゴ酸デヒドロゲナーゼ (オキサロ酢酸脱炭酸) (NADP+) 1.1.1.40 L-リンゴ酸
オキサロ酢酸
NADP+ 細胞質
ミトコンドリアや色素体
D-リンゴ酸デヒドロゲナーゼ (脱炭酸) 1.1.1.83 D-リンゴ酸 NAD+

関連項目編集