リンジー・ダンカン

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • リンジー・ダンカン[1]
  • リンゼイ・ダンカン[2]

リンジー・ヴィア・ダンカン: Lindsay Vere Duncan, CBE[3]1950年11月7日 - )は、スコットランド出身の舞台・テレビ・映画女優である。舞台女優としては、ローレンス・オリヴィエ賞を2回受賞しているほか、『私生活英語版』でトニー賞を受賞し、『危険な関係英語版』でもトニー賞ノミネートを受けた。ダンカンはハロルド・ピンターの作品にもいくつか出演している。テレビへの出演では、アラン・ブリースデイル英語版の『G.B.H.英語版』で演じたバーバラ・ダグラス(1991年)、HBOBBCRAI共同制作のシリーズ『ROME[ローマ]』で演じたユニウス家のセルウィリアServilia of the Junii(2005年 - 2007年)、『ドクター・フー』スペシャルとして2009年に放送された『火星の水』で演じたアデレード・ブルックなどの役が知られている。映画出演作としては、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)でアンドロイドのTC-14の声、ティム・バートン監督の『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)でアリスの母役を担当したほか、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014年)では不愉快な舞台批評家タビサ・ディキンスンを演じた。

リンジー・ダンカン
Lindsay Duncan
Lindsay Duncan
2011年、ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック英語版にて。
"John Gabriel Borkman" 終演後のダンカン
本名 Lindsay Vere Duncan
生年月日 (1950-11-07) 1950年11月7日(69歳)
出生地 スコットランドの旗 スコットランド エディンバラ
活動期間 1975年 – 現在
配偶者 ヒルトン・マクレー英語版
主な作品
映画
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
gifted/ギフテッド
テレビドラマ
ROME[ローマ]
舞台
『危険な関係』
『私生活』
テンプレートを表示

2009年誕生日叙勲英語版で、演劇への貢献が認められ大英帝国勲章・コマンダー (CBE) に叙勲された[3]

幼少期編集

ダンカンはスコットランドエディンバラ労働者階級の家に生まれた[4]。父親はイギリス陸軍に21年勤続し、その後公務員になった人物だった[5]。両親はダンカンが子どものうちに、リーズ、続いてバーミンガムへ移住した。ダンカンはバーミンガムでエドワード6世女子高校英語版に通った[6]。ダンカンはスコットランド出身だが、容認発音のアクセントで喋る[4]。2011年まで、彼女がスコットランドのアクセントで喋った役は、2003年の『アフターライフ英語版』の1役のみだった[7]

ダンカンの父は、彼女が15歳の頃に自動車事故で亡くなった[7]。母はアルツハイマー病を煩い、1994年に亡くなったが、シャーマン・マクドナルド英語版は彼女に触発されて戯曲『ウィンター・ゲスト英語版』を書き、後にアラン・リックマン監督で映画化された[8]

俳優としてのキャリア編集

ダンカンは学生時代に初めて舞台演劇に触れた[5]。彼女は隣接するキング・エドワード男子学校英語版に通っていたケヴィン・エリオット英語版脚本家)と知り合い、彼がドラマを学びに大学進学した後、エリオットを追ってブリストルに向かった[5]。彼女は片手間の仕事をしながらジョー・オートン英語版の "Funeral Games" を自身で手掛けた[5]

ダンカンは21歳でロンドンセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマに進学した[9]。ここで訓練を受けた後、彼女はイギリス俳優組合英語版のカードを得るため、サウスウォルド英語版で夏期の週間レパートリー・シアターに出演を始めた[4]。1976年にはハムステッド・シアター英語版で上演されたモリエールの『ドン・ジュアン』で2つの小役を得たほか、マンチェスターロイヤル・エクスチェンジ・シアター英語版に創設以来2年間参加した。ロイヤル・エクスチェンジ・シアターではこけら落とし公演に参加したほか、マンチェスターにいた次の2年間で8本の作品に出演した。1978年にはロンドンへ戻り、ロイヤル・ナショナル・シアターで上演されたデヴィッド・ヘアーの『プレンティ』に出演した。この頃、テレビでは『アップ・ポンペイ!英語版』のスペシャルや『ニュー・アベンジャーズ英語版』などの小役で出演があるほか[10][11]h&sシャンプーコマーシャルにも出演した。彼女はキャリル・チャーチル英語版の『トップ・ガールズ英語版』で成功を掴み、作品はロンドンのロイヤル・コート・シアター英語版で初演された後、ニューヨークパブリック・シアター英語版に場所を移して上演された。彼女は13世紀の日本人側室であるレディ・ニジョウ(英: Lady Nijo[注釈 1]を演じ、彼女にとって初の演劇賞となるオビー賞を受賞した[13]。翌年には、リチャード・エアーの映画『ルース・コネクションズ英語版』に出演し、初めて映画で大きな役を得たほか、スティーヴン・レイと共演した[5]。同時に、テレビではフレデリック・ロンズデールの『同意のうえ英語版』映像化版(1982年)、シドニー・ライリーの生涯を描いた『スパイ・エース英語版』(1983年)、『デッド・ヘッド英語版』(1985年)などに出演している。

1985年、ダンカンはロイヤル・シェイクスピア・カンパニー制作の『トロイラスとクレシダ』に参加し、トロイのヘレンを演じた[14]。9月にはピエール・ショデルロ・ド・ラクロの同名小説をクリストファー・ハンプトンが戯曲化した『危険な関係英語版』に出演し、メルトゥイユ侯爵夫人を演じた。作品はストラトフォード=アポン=エイヴォンジ・アザー・プレイス英語版で開演し、1986年1月8日には、キャストを変えずロンドン・バービカン・センターのザ・ピット(200人収容)に場所を移した。同年10月、公演は更にウェスト・エンド・シアターアンバサダー・シアター英語版に移動し、翌1987年4月にはブロードウェイ・シアターでの上演を行うまでに至った。ダンカンは自身の演技でトニー賞にノミネートされ、ローレンス・オリヴィエ賞主演女優賞、シアター・ワールド賞英語版を受賞した[15][16]。彼女の役は、スティーヴン・フリアーズによる戯曲映画版ではグレン・クローズに変えられ、共演していたアラン・リックマンのヴァルモン子爵役もジョン・マルコヴィッチに変えられた[17][18]

1988年、ダンカンはテネシー・ウィリアムズの『熱いトタン屋根の猫』で演じたマギー役で、イヴニング・スタンダード演劇賞英語版を獲得した。同時に彼女はハロルド・ピンターの戯曲作品、アラン・ブリースデイル英語版スティーヴン・ポリアコフ英語版のテレビ作品でレギュラー出演するようになった[19]。またロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに1994年から1995年にかけての2シーズン在籍し、『夏の夜の夢』ではオリジナル・キャストのステラ・ゴネット(英: Stella Gonet)に代わり、ヒッポリタティターニアの2役を演じた[20]。彼女はこの作品のアメリカ公演にも参加したが、1997年1月から3月の公演は、首の痛みのため降板し、エミリー・バトン(英: Emily Button)に役を譲った[21]。1994年に出演したデヴィッド・マメットの『クリプトグラム』での演技に惹かれたアル・パチーノの頼みを受け、ハロルド・ベッカー監督の『訣別の街』(1996年)では彼の妻役を演じている[7]

ダンカンは『スター・ウォーズ』ファンだった幼い息子を喜ばせるため、1999年の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でアナキン・スカイウォーカーの母役に挑戦したが、これは叶わず、アンドロイドのTC-14の声を担当することになった[5]。2001年から2002年にかけては、ノエル・カワードの『私生活英語版』でアラン・リックマンと再共演し、アマンダ・プリン役でトニー賞最優秀女優賞と2回目のオリヴィエ賞を獲得した[22]。この年にはケヴィン・エリオットの『マウス・トゥ・マウス』Mouth To Mouth でもオリヴィエ賞へのノミネートを受けている[22][23]

ダンカンは2005年のHBO-BBC共同製作のシリーズ『ROME[ローマ]』でユニウス家のセルウィリアServilia of the Juniiを演じ、2006年の映画『スターター・フォー・テン英語版』にはローズ・ハービンソン役で出演した。テレビ映画『ロングフォード英語版』では、老けメイクを施してロングフォード卿英語版の妻役を演じた。2009年2月にはBBCのテレビ映画『マーガレット英語版』で英国首相マーガレット・サッチャー役を演じたほか、同じ年の11月には、同年2本目の『ドクター・フー』スペシャルで、ドクターのコンパニオン役であるアデレード・ブルックを演じた[24][25]ティム・バートン監督の『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016年)では、ミア・ワシコウスカ演じるアリスの母親役を演じた[26]

ダンカンはマット・スミスと共に、ロイヤル・コート・シアター英語版で上演されたポリー・ステナム英語版の戯曲『ザット・フェイス英語版』に出演した。2010年から2011年にかけてBBCで放送されたモキュメンタリーシリーズ『マットとデヴィッド ボクたち空港なう。英語版』ではナレーションを務めた(主演はマット・ルーカスデヴィッド・ウォリアムス)。2010年10月から11月にかけては、フランク・マクギネスによるイプセンの『ヨーン・ガブリエル・ボルクマン』に出演し、ダブリンアベイ座で開かれたこの公演では、アラン・リックマンやフィオナ・ショウと共演した[27]。2011年1月から2月には、ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック英語版に場所を移して公演が行われた[28]

彼女は10年間テレビの仕事から遠ざかったアラン・ブリースデイルの頼みを受け、2011年1月に放送された『ラコニア号 知られざる戦火の奇跡英語版』に出演し、第二次世界大戦中の実話を基にした二部構成のドラマで上流階級の乗客役を演じた[29]。またクリストファー・イシャーウッド同名自伝英語版を元にケヴィン・エリオットが脚本を手掛けた『クリストファー・アンド・ヒズ・カインド英語版』では、マット・スミス演じるイシャーウッドの母親役を演じた。2011年10月から11月にかけては、翻訳から400年を記念して、ナショナル・シアターで欽定訳聖書(ジェームズ王訳)の一部を朗読した[30]BBC Oneの『魔術師 MERLIN』では、第4シリーズ第5話で、マーリンの対立者でカーリオン英語版の支配者、アニス女王(英: Queen Annis)を演じた[31]。『ブラック・ミラー』の第1話でロリー・キニアが主演の首相を演じた『国歌英語版』では、アレックス・ケアンズ内務大臣役を演じた[32]

ダンカンの2012年初仕事は、『アブソリュートリー・ファビュラス』新年スペシャルで、サフィのお気に入り映画女優のジーン・デュランド役を演じた。2月にはウェスト・エンドで、ケヴィン・マクナリージェレミー・ノーサムオリヴィア・コールマンらと共に、ハワード・デイヴィースが手掛けたノエル・カワードの『花粉熱英語版』に出演した[33][34]。この年の遅く、ダンカンはBBC Twoのシェイクスピア歴史劇『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』に出演し[35]、第1作となった『リチャード二世』でヨーク公爵夫人役を演じた[36]

2014年10月には、ブロードウェイで開かれた、エドワード・オールビーの『デリケート・バランス英語版』再演にクレア役で出演した[37]。同年、彼女はこの年アカデミー作品賞も獲得した映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』に出演し、不愉快な舞台評論家タビサ・ディキンスン役を演じている[38]

私生活編集

 
夫のマクレーらと、右端がダンカン

ダンカンは、1985年にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで出会った、スコットランド人俳優のヒルトン・マクレー英語版と結婚している[39]。夫婦は北ロンドンに住んでおり、ひとり息子がいる[9]

ダンカンは2009年の女王誕生日叙勲英語版で、演劇への貢献が認められ大英帝国勲章・コマンダー (CBE) に叙勲された[3]

フィルモグラフィ編集

劇場編集

作品名 役名 上演劇場 備考
1976年 ドン・ジュアン
Dom Juan
シャルロッテ / ヴィオレッタ
Charlotte/Violetta
ハムステッド・シアター英語版ロンドン
The Script ハムステッド・シアター、ロンドン
ザック英語版(原題)
Zack
サリー・ティール
Sally Teale
ロイヤル・エクスチェンジ・シアター英語版マンチェスター
恋がたき英語版
The Rivals
ルーシー
Lucy
ロイヤル・エクスチェンジ・シアター、マンチェスター
ホンブルクの公子英語版
The Prince of Homburg
ナタリー
Natalie
ロイヤル・エクスチェンジ・シアター、マンチェスター イギリス初演
1977年 深く青い海英語版
The Deep Blue Sea
アン
Anne
ケンブリッジ・アーツ・シアター英語版ケンブリッジ
ピンフォールドの試練英語版
The Ordeal of Gilbert Pinfold
マーガレット
Margaret
ロイヤル・エクスチェンジ・シアター、マンチェスター イーヴリン・ウォーの同名小説が原作
執事が見たもの英語版
What the Butler Saw
ジェラルディン・バークレイ
Geraldine Barclay
ロイヤル・エクスチェンジ・シアター、マンチェスター
危機を逃れて英語版
The Skin of Our Teeth
グラディス
Gladys
ロイヤル・エクスチェンジ・シアター、マンチェスター
Present Laughteren ダフネ
Daphne
ロイヤル・エクスチェンジ・シアター、マンチェスター
十二夜
Twelfth Night
ヴァイオラ
Viola
ロイヤル・エクスチェンジ・シアター、マンチェスター
1978年 プレンティ英語版(原題)
Plenty
ドーカス
Dorcas
ロイヤル・ナショナル・シアター、ロンドン
Comings and Goings ヒラリー
Hilary
ハムステッド・シアター、ロンドン
1979年 募兵官英語版
The Recruiting Officer
シルヴィア
Sylvia
1. ブリストル・オールド・ヴィク英語版ブリストル
2. エディンバラ・フェスティバル
1980年 ジュリアス・シーザー
Julius Caesar
ポーシャ
Portia
リバーサイド・スタジオズ英語版、ロンドン
腹を立てた女房英語版
The Provoked Wife
ベリンダ
Belinda
ロイヤル・ナショナル・シアター、ロンドン
1981年 Incident at Tulse Hill ローズマリー
Rosemary
ハムステッド・シアター、ロンドン ハロルド・ピンター監督
1982年 トップ・ガールズ英語版
Top Girls
レディ・ニジョウ(後深草院二条) / ウィン
Lady Nijo/Win
1. ロイヤル・コート・シアター英語版、ロンドン
2. パブリック・シアター英語版ニューヨーク
オビー賞受賞
1984年 Progress ロニー
Ronnie
ブッシュ・シアター英語版、ロンドン
1985年 – 1986年 トロイラスとクレシダ
Troilus and Cressida
トロイのヘレン
Helen of Troy
1. ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー (RSC)、
ストラトフォード=アポン=エイヴォン
2. バービカン・センター
危険な関係英語版
Les Liaisons dangereuses
メルトゥイユ侯爵夫人
Marquise de Merteuil
1. RSC:アンバサダーズ・シアター (ロンドン)英語版
2. ミュージック・ボックス・シアター、ニューヨーク
ウィンザーの陽気な女房たち
The Merry Wives of Windsor
フォード夫人
Mistress Ford
1. RSC:ストラトフォード=アポン=エイヴォン
2. バービカン・センター、ロンドン
1988年 熱いトタン屋根の猫
Cat on a Hot Tin Roof
マギー
Maggie
ナショナル・シアター、ロンドン
ヘッダ・ガーブラー
Hedda Gabler
ヘッダ・ガーブラー
Hedda Gabler
ハムステッド・シアター、ロンドン
1990年 ベレニス英語版
Bérénice
ベレニケ
Bérénice
ナショナル・シアター、ロンドン
1993年 Three Hotels バーバラ・ボイル
Barbara Boyle
トリサイクル・シアター英語版
1994年 クリプトグラム(原題)
The Cryptogram
ドニー
Donny
アンバサダーズ・シアター、ロンドン
1995年 夏の夜の夢
A Midsummer Night's Dream
ティターニアヒッポリタ
Titania/Hippolyta
1. RSC:バービカン・シアター、ロンドン
2. ラント=フォンタン劇場英語版、ニューヨーク
後に映画化
1996年 灰から灰へ英語版
Ashes to Ashes
レベッカ
Rebecca
グラマーシー・シアター英語版、ニューヨーク
1997年 帰郷英語版
The Homecoming
ルース
Ruth
ナショナル・シアター、ロンドン
2000年 セレブレーション英語版(原題) / 部屋英語版
Celebration/The Room
プルー/ローズ(2本立て)
Prue/Rose (double bill)
1. アルメイダ・シアター英語版、ロンドン
2. ピンター・フェスティバル・ニューヨーク
2001年 マウス・トゥ・マウス(原題)
Mouth to Mouth
ローラ
Laura
アルベリー・シアター英語版、ロンドン
私生活英語版
Private Lives
アマンダ・プリン
Amanda Prynne
1. アルベリー・シアター、ロンドン
2. ブロードウェイ
2007年 ザット・フェイス英語版(原題)
That Face
マーサ
Martha
1. ロイヤル・コート・シアター、ロンドン
2. ヨーク公劇場英語版、ロンドン
2010年 ヨーン・ガブリエル・ボルクマン
John Gabriel Borkman
エラ・レントヘイム
Ella Rentheim
1. アベイ座ダブリン
2. ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック英語版、ニューヨーク
2012年 花粉熱英語版
Hay Fever
ジュディス・ブリス
Judith Bliss
ノエル・カワード・シアター英語版、ロンドン
2014年 デリケート・バランス英語版
A Delicate Balance
クレア
Claire
ジョン・ゴールデン・シアター英語版、ブロードウェイ

映画編集

作品名 役名 備考
1985年 ルース・コネクションズ英語版
Loose Connections
サリー
Sally
サムソンとデリラ
Samson and Delilah
アリス・ナンカーヴィス
Alice Nankervis
短編作品
1987年 プリック・アップ
Prick Up Your Ears
アンシア・ラー
Anthea Lahr
1988年 マニフェスト英語版
Manifesto
リリー・ザッハー[47]
Lily Sacher
1989年 The Child Eater Eirwen 短編映画
1990年 柔らかい殻英語版
The Reflecting Skin
ドルフィン・ブルー
Dolphin Blue
シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀女優賞
1991年 ボディ・パーツ
Body Parts
アガサ・ウェッブ医師
Dr Agatha Webb
1996年 訣別の街
City Hall
シドニー・パパス
Sydney Pappas
夏の夜の夢
A Midsummer Night's Dream
ヒッポリュテー/ティターニア
Hippolyta/Titania
1994年 – 95年のロイヤル・シェイクスピア・カンパニー公演
1999年 理想の結婚
An Ideal Husband
レディ・マークビー
Lady Markby
ワイルドの『理想の夫』が原作
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
Star Wars: Episode I – The Phantom Menace
TC-14 声の出演
Expelling the Demon 女性 / Woman 声の出演、短編映画
マンスフィールド・パーク英語版
Mansfield Park
プライス夫人(レディ・バートラム)
Mrs. Price/Lady Bertram
オースティン同名小説を映像化
2003 トスカーナの休日[48]
Under the Tuscan Sun
キャサリン
Katherine
アフターライフ英語版
AfterLife
メイ・ブロガン
May Brogan
2004年 クイーン・オブ・シバズ・パールズ英語版(原題)
The Queen of Sheba's Pearls
オードリー・プリティ
Audrey Pretty
2006年 スターター・フォー・10英語版(原題)
Starter for Ten
ローズ・ハービンソン
Rose Harbinson
2007年 The Rector's Wife アナ・ブーヴェリー
Anna Bouverie
2010年 Burlesque Fairytales アイス・クイーン
Ice Queen
アリス・イン・ワンダーランド
Alice in Wonderland
ヘレン・キングズリー
Helen Kingsleigh
2012年 パニック・トレイン英語版
Last Passenger
エレイン・ミドルトン
Elaine Middleton
2013年 アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜
About Time
メアリー・レイク
Mary Lake
ウィークエンドはパリで英語版
Le Week-End
メグ・バロウズ
Meg Burrows
2014年 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
タビサ・ディキンスン
Tabitha Dickinson
第13回ワシントンD.C.映画批評家協会賞アンサンブル演技賞
2016年 アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
Alice Through the Looking Glass
ヘレン・キングズリー
Helen Kingsleigh
2017年 gifted/ギフテッド
Gifted
イヴリン・アドラー
Evelyn Adler
2019年 リトル・ジョー
Little Joe

Psychotherapist

テレビ番組編集

作品名 役名 備考
1975年 アップ・ポンペイ!英語版(原題)
Up Pompeii!
スクラバ
Scrubba
BBC、スペシャル版 "Further Up Pompeii!"
1976年 One-Upmanship BBC、エピソード:"Woomanship"
1977年 ニュー・アベンジャーズ英語版
The New Avenger
ジェーンJane シリーズもの、エピソード:"The Angels of Death"
1979年 The Winkler ダイアン / Diane ITVプレイハウス英語版
1980年 ディック・ターピン英語版
Dick Turpin
キャサリン・ラングフォード
Catherine Langford
シリーズもの、エピソード:"Deadlier Than the Male"
1980年 グロウン=アップス英語版(原題)
Grown-Ups
クリスティン・ブッチャー
Christine Butcher
BBC2 Playhouseマイク・リー監督
1982年 Muck and Brass ジェーン・トロード
Jean Torrode
シリーズ、エピソード:"Public Relations"、"Our Green and Pleasant Land"
On Approval
(BBC プレイ・オブ・ザ・マンス英語版
ヘレン・ヘイル
Helen Hayle
フレデリック・ロンズデールの『同意のうえ英語版』を映像化
1983年 スパイ・エース英語版
Reilly, Ace of Spies
The Plugger ミニシリーズ、エピソード:"After Moscow"
1984年 Rainy Day Women カレン・ミラー
Karen Miller
BBC プレイ・フォー・トゥデイ英語版
トラベリング・マン英語版(原題)
Travelling Man
アンドレア
Andrea
シリーズ
1986年 デッド・ヘッド英語版(原題)
Dead Head
ダナ
Dana
シリーズ、'Why me?', 'Anything for England', 'The Patriot' に出演
キット・カラン英語版
Kit Curran
パメラ・スコット
Pamela Scott
シリーズ全話に出演
1988年 – 1990年 コリンズ・サンドウィッチ英語版(原題)Colin's Sandwich ローズマリー
Rosemary
シリーズ、1988年の "Enough"、1990年の "Zanzibar" に出演
1989年 These Foolish Things ガトラン・デイ
Gutrune Day
BBC The Play on One
トラフィック英語版
Traffik
ヘレン・ロスハルド
Helen Rosshalde
ミニシリーズ全話に出演
サイモン・ムーア英語版脚本
1990年 TECX ローラ・ペリン
Laura Pellin
シリーズ、エピソード:"Getting Personnel"
1991年 The Storyteller: Greek Myths メーデイア / Medea シリーズ、エピソード:"Theseus & the Minotaur"
スクリーンプレイ英語版
Screenplay
キャス・ピーチー
Kath Peachey
シリーズ、エピソード:"Redemption"
G.B.H.英語版
G.B.H.
バーバラ・ダグラス
Barbara Douglas
アラン・ブリースデイル英語版脚本のミニシリーズ
1993年 A Year in Provence アニー・メイル
Annie Mayle
ミニシリーズ、全話出演
ピーター・メイルの『南仏プロヴァンスでの12ヶ月英語版』を映像化
1994年 The Rector's Wife アニー・ブーヴェリー
Anne Bouverie
シリーズ全話出演
ジョアンナ・トロロープ英語版の小説を映像化
1995年 ジャスト・ウィリアム英語版
Just William
レディ・ウォルトン
Lady Walton
シリーズ、エピソード:"William Clears the Slums"
Jake's Progress モニカ / Monica ミニシリーズ、エピソード 1.1, 1.2, 1.3, 1.4, 1.6 に出演
1998年 ゲット・リアル英語版
Get Real
ルイーズ
Louise
シリーズ全話に出演
1999年 The History of Tom Jones, A Foundling レディ・ベラストン
Lady Bellaston
ミニシリーズ、エピソード1・3・4・5に出演
ヘンリー・フィールディングの『トム・ジョーンズ』が原作
1999年 シューティング・ザ・パスト英語版(原題)
Shooting the Past
マリリン・トルーマン
Marilyn Truman
BBCのテレビ映画、スティーヴン・ポリアコフ英語版脚本・監督
ノミネート - 英国アカデミーテレビ賞 主演女優賞[52]
オリバー・ツイスト英語版
Oliver Twist
エリザベス・リーフォード
Elizabeth Leeford
ミニシリーズ全話に出演
アラン・ブリースデイルがディケンズ同名小説を脚色
2000年 Dirty Tricks アリソン / Alison テレビ映画
ヴィクトリア・ウッド・ウィズ・オール・ザ・トリミングス英語版(原題)
Victoria Wood with All The Trimmings
パム / Pam クリスマス・スペシャル "Women Institute"
2001年 パーフェクト・ストレンジャーズ英語版
Perfect Strangers
アリス / Alice シリーズ全話出演、スティーヴン・ポリアコフ脚本・監督
ノミネート - 英国アカデミーテレビ賞 主演女優賞[53]
Witness of Truth: The Railway Murders ナレーター(声の出演) テレビ映画
2005年 名探偵ポワロ
Agatha Christie's Poirot
レディ・タンプリン
Lady Tamplin
エピソード:『青列車の秘密
The Mystery of the Blue Train
2005年 – 2006年 MI-5 英国機密諜報部
Spooks
アンジェラ・ウェルズ
Angela Wells
シリーズ4 "Diana"、シリーズ5 "Gas and Oil, Part One"
2005年 – 2007年 ROME[ローマ]
Rome
ユニウス家のセルウィリア英語版
Servilia of the Junii
全18話出演
2006年 ロングフォード英語版(原題)
Longford
レディ・ロングフォード英語版
Lady Longford
テレビ映画
2007年 フランケンシュタインX 新種誕生英語版
Frankenstein
ジェーン・プレトリアス教授
Professor Jane Pretorius
テレビ映画
2008年 クリミナル・ジャスティス英語版(原題)
Criminal Justice
アリソン・スローター
Alison Slaughter
ミニシリーズ、第3話 - 第5話
ジェイン・オースティンに恋して
Lost in Austen
レディ・キャサリン・ド・バーグ
Lady Catherine de Bourgh
ミニシリーズ、第3・4話
2009年 マーガレット英語版(原題)
Margaret
マーガレット・サッチャー
Margaret Thatcher
ノミネート - スコットランドBAFTA賞 最優秀女優賞[54]
ドクター・フー
Doctor Who
アデレード・ブルック
Adelaide Brooke
スペシャル版『火星の水
ドクター役はデイヴィッド・テナント
永遠のプリマ マーゴ・フォンテーン
Margot
ニネット・ド・ヴァロア
Ninette de Valois
BBC、テレビ映画
2010年 アガサ・クリスティー ミス・マープル
Agatha Christie's Marple
マリナ・グレッグ
Marina Gregg
エピソード:『鏡は横にひび割れて
"The Mirror Crack'd from Side to Side"
ミッション:2110英語版(原題)
Mission: 2110
サイベル
Cybele
子ども向けゲームショウ
2010年 – 2011年 マットとデヴィッド ボクたち空港なう。英語版
Come Fly with Me
ナレーター(声の出演) シリーズ全話を担当
2011年 ラコニア号 知られざる戦火の奇跡英語版
The Sinking of the Laconia
エリザベス・フルウッド
Elisabeth Fullwood
BBCのミニシリーズ、全話に出演
アラン・ブリースデイル脚本
クリストファー・アンド・ヒズ・カインド英語版
Christopher and His Kind
キャスリーン・イシャーウッド
Kathleen Isherwood
テレビ映画、クリストファー・イシャーウッドの自伝が原作
ケヴィン・エリオット英語版脚本作品
2011年 – 2012年 魔術師 MERLIN
Merlin
アニス女王
Queen Annis
BBC One放送、第4・5シーズン
2011年 ブラック・ミラー
Black Mirror
アレックス・ケアンズ内務大臣
Home Secretary Alex Cairns
ミニシリーズ第1話『国歌英語版
チャンネル4チャーリー・ブルッカー英語版脚本
アゲインスト・ザ・ウォール英語版(原題)
Against the Wall
フェイス・コワルスキ
Faith Kowalski
エピソード:"We Have a Cop in Trouble Here"
2012年 アブソリュートリー・ファビュラス
Absolutely Fabulous
ジーン・デュランド
Jeanne Durand
BBC One、新年スペシャル
ホワイト・ヒート英語版(原題)
White Heat
リリー
Lilly
BBC Twoのシリーズ、ポーラ・ミルン英語版脚本
ホロウ・クラウン/嘆きの王冠 - リチャード二世英語版
Hollow Crown - Richard II
ヨーク公夫人
Duchess of York
BBC Twoのテレビ映画
シェイクスピア同名戯曲を映像化
スパイ英語版(原題)
Spy
ディレクター
The Director
エピソード:"Codename: Citizen Lame"、"Codename - Show Stopper"
刑事ヴァランダー
Wallander
モニカ・ウェスティン
Monika Westin
『罪の贖い』Before the Frost
2013年 You, Me and Them リディア・ウォーカー
Lydia Walker
レギュラー出演
カウント・アーサー・ストロング英語版(原題)
Count Arthur Strong
デイム・アグネス
Dame Agnes
2014年 – 2017年 SHERLOCK(シャーロック)
Sherlock
レディ・スモールウッド
Lady Smallwood
2014年 オナラブル・ウーマン英語版(原題)
The Honourable Woman
アンジェリカ・ヘイデン=ホイル
Anjelica Hayden-Hoyle
2015年 トースト・オブ・ロンドン英語版
Toast of London
本人役
Herself
エピソード: "Global Warming"
2016年 チャーチルズ・シークレット英語版(原題)
Churchill's Secret
クレメンタイン・チャーチル
Clementine Churchill
クロース・トゥ・ザ・エネミー英語版(原題)
Close to the Enemy
ベリングハウゼン夫人
Frau Bellinghausen
BBC Twoのミニシリーズ、スティーヴン・ポリアコフ脚本・監督
2017年 LEFTOVERS/残された世界
The Leftovers
グレイス
Grace
シーズン3第2話から登場
カーニッジ英語版(原題)
Carnage
モード
Maude
モキュメンタリー作品

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ニジョウの正体は『とはずがたり』執筆で知られる後深草院二条である[12]
  2. ^ ダンカンは共演したアラン・リックマンとトニー賞会場でも演技した[43]
  3. ^ 英: Variety Club Showbusiness Award
  4. ^ 英: Bratislava International Film Festival Award for Best Actress
  5. ^ 英: Bowmore Scottish Screen Award

出典編集

  1. ^ リンジー・ダンカン - KINENOTE
  2. ^ リンゼイ・ダンカン(Lindsay Duncan) - allcinema
  3. ^ a b c "No. 59090". The London Gazette (Supplement) (英語). 13 June 2009. p. 7.
  4. ^ a b c Walsh, John (1997年1月18日). “The stainless steel queen”. The Independent. https://www.independent.co.uk/opinion/the-stainless-steel-queen-1283664.html 2011年6月20日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f Jackson, Kevin (2005年10月23日). “Lindsay Duncan: When in Rome”. The Independent (London). オリジナルの2007年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071123110928/http://arts.independent.co.uk/film/features/article321917.ece 2010年5月7日閲覧。 
  6. ^ Collins, Tony (2009年5月7日). “Actress Lindsay Duncan helps Birmingham school celebrate”. Birmingham Mail. http://www.birminghammail.net/news/top-stories/2009/05/07/actress-lindsay-duncan-helps-birmingham-school-celebrate-97319-23560980/ 2011年6月20日閲覧。 
  7. ^ a b c Burnside, Anna (2005年6月26日). “The rose who showed her thorns”. The Sunday Times. http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/scotland/article536862.ece 2011年6月20日閲覧。 
  8. ^ Bayley, Clare (1995年1月25日). “Listening to the teenager within”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/listening-to-the-teenager-within-1569660.html 2011年6月20日閲覧。 
  9. ^ a b Lane, Harriet (2007年4月23日). “Bad girl. Lindsay Duncan talks to Harriet Lane about her new play”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2007/apr/23/theatre3 2011年6月20日閲覧。 
  10. ^ Up Pompeii! Further Up Pompeii!”. British Comedy Guide. 2017年10月6日閲覧。
  11. ^ Lindsay Duncan: When in Rome...”. インデペンデント (2005年10月22日). 2017年10月6日閲覧。
  12. ^ 鈴木美穂 (2014-03). “境界を内破する ─ キャリル・チャーチル『トップ・ガールズ』における身体” (日本語) (PDF). 西洋比較演劇研究 13 (2): 115. doi:10.7141/ctr.13.108. ISSN 1347-2720. https://doi.org/10.7141/ctr.13.108 2017年10月4日閲覧。. 
  13. ^ Lindsay Duncan”. Masterclass, Theatre Royal Haymarket. 2010年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月25日閲覧。
  14. ^ The Tragedy of Troilus and Cressida”. Royal Shakespeare Company. 2015年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月25日閲覧。
  15. ^ Les Liaisons Dangereuses - Awards”. インターネット・ブロードウェイ・データベース. 2017年10月4日閲覧。
  16. ^ The Laurence Olivier Awards: full list of winners 1976-2011 Actress (PDF)”. ローレンス・オリヴィエ賞. 2017年10月4日閲覧。
  17. ^ Viner, Brian (2001年5月). “Lindsay Duncan: The thinking man's femme fatale”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/people/profiles/lindsay-duncan-the-thinking-mans-femme-fatale-685762.html 2010年6月25日閲覧。 
  18. ^ de Jongh, Nicholas (2015年11月11日). “Les Liaisons Dangereuses review – Alan Rickman is a cat who knows the way to the cream”. ガーディアン. 2017年10月4日閲覧。
  19. ^ Saner, Emine (2009年2月14日). “Saturday Interviews – Lindsay Duncan”. The Guardian. https://www.theguardian.com/culture/2009/feb/14/lindsay-duncan-interview-thatcher 2011年6月26日閲覧。 
  20. ^ A Midsummer Night's Dream”. Royal Shakespeare Company. 2015年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月26日閲覧。
  21. ^ The Royal Shakespeare Company's U.S. Tour - Robert Gillespie's Diary”. Jane Network Productions. 2010年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月26日閲覧。
  22. ^ a b c d Lindsay Duncan's double-nomination triumph”. Official London Theatre.co.uk (2002年1月17日). 2017年10月4日閲覧。.
  23. ^ a b c Gibbons, Fiachra (2002年1月18日). “Lindsay Duncan is dual Olivier nominee”. ガーディアン. 2017年10月5日閲覧。
  24. ^ “Lindsay Duncan: I'm thrilled to be Doctor Who's new assistant”. The Daily Record. (2009年2月18日). http://www.dailyrecord.co.uk/entertainment/2009/02/18/lindsay-duncan-i-m-thrilled-to-be-doctor-who-s-new-assistant-86908-21133282/ 2009年2月18日閲覧。 
  25. ^ Lindsay Duncan to star in second Doctor Who Special of 2009”. BBC Doctor Who (2009年2月18日). 2009年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月18日閲覧。
  26. ^ First Photos from the Alice in Wonderland: Through the Looking Glass Set”. commingsoon.net (2014年8月18日). 2017年10月4日閲覧。
  27. ^ Walsh, Fintan. “John Gabriel Borkman”. The Irish Theatre Magazine. オリジナルの2012年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120327092121/http://www.irishtheatremagazine.ie/Reviews/Ulster-Bank-Dublin-Theatre-Festival--10/John-Gabriel-Borkman 
  28. ^ John Gabriel Borkman”. Brooklyn Academy of Music. 2011年7月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  29. ^ Chalmers, Robert (2010年12月12日). “In from the cold: Alan Bleasdale on his return to television after a decade in the wilderness”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/tv/features/in-from-the-cold-alan-bleasdale-on-his-return-to-television-after-a-decade-in-the-wilderness-2155707.html 
  30. ^ King James Bible: In the Beginning — Cast and credits”. National Theatre. 2011年11月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  31. ^ Jeffery, Morgan. “James Callis, Lindsay Duncan for 'Merlin' roles”. Digital Spy. 2011年9月16日閲覧。
  32. ^ Brooker, Charlie (2011年12月1日). “Charlie Brooker: the dark side of our gadget addiction”. The Guardian. https://www.theguardian.com/technology/2011/dec/01/charlie-brooker-dark-side-gadget-addiction-black-mirror 2012年3月2日閲覧。 
  33. ^ Kellaway, Kate (2012年2月26日). “Lindsay Duncan: 'There's pain as well as laughter in Noël Coward's plays'”. The Observer. https://www.theguardian.com/stage/2012/feb/26/lindsay-duncan-interview-hay-fever 2012年3月2日閲覧。 
  34. ^ Cavendish (2012-01-25first= Dominic). “Lindsay Duncan and Jeremy Northam on Hay Fever”. テレグラフ. 2017年10月5日閲覧。
  35. ^ Thorpe, Vanessa (2011年5月29日). “Shakespeare gets the starring role in cultural celebration alongside Olympics”. The Observer. https://www.theguardian.com/culture/2011/may/29/shakespeare-olympic-games-culture 2011年6月20日閲覧。 
  36. ^ Watkins, Mike (2011年5月). “BBC Two to air Shakespeare works Richard II, Henry IV Parts I and II and Henry V”. ATV Guide. 2011年6月20日閲覧。
  37. ^ McNulty, Charles (2014年11月11日). “Lindsay Duncan finds her footing in 'A Delicate Balance'”. 2017年10月5日閲覧。
  38. ^ 今祥枝 (2015年2月13日). “<作品批評>『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』”. 第87回アカデミー賞. シネマトゥデイ. 2017年10月5日閲覧。
  39. ^ Wolf, Matt (2011年5月5日). “Hilton McRae on Sharing the London Stage with Judy Garland in End of the Rainbow”. Broadway.com. 2011年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月20日閲覧。
  40. ^ a b c d e 2002 TONY AWARD: Leading Actress in a Play, LINDSAY DUNCAN, Private Lives”. プレイビル英語版 (2002年6月2日). 2017年10月5日閲覧。
  41. ^ Olivier Winners 1986”. ローレンス・オリヴィエ賞. 2017年10月5日閲覧。
  42. ^ Theatre World Award Recipients”. シアター・ワールド賞英語版. 2017年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  43. ^ Year by Year - 1987”. トニー賞. 2017年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  44. ^ Evening Standard theatre awards 1955-2002”. ロンドン・イヴニング・スタンダード英語版 (2002年11月12日). 2017年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  45. ^ a b 2001 Awards (January 2002)”. Critics' Circle Theatre Award. 2017年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  46. ^ Stars Who Won a Tony Award and an Olivier Award for the Same Role”. News from Tony Awards (2017年4月9日). 2017年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  47. ^ マニフェスト - KINENOTE - 2017年10月6日閲覧。
  48. ^ トスカーナの休日の上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  49. ^ Habšudová, Zuzana (2004年12月20日). “Festival winners announced”. 2017年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月6日閲覧。(英語)
  50. ^ Black Mirror Cast Biographies”. チャンネル4 (2011年11月7日). 2017年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月6日閲覧。
  51. ^ McCall, Douglas (2013-11-08). Monty Python: A Chronology, 1969–2012 (2nd ed.). McFarland. p. 152. ISBN 9781476613116. https://books.google.co.jp/books?id=ZTAFAgAAQBAJ&pg=PA152&lpg=PA152 2017年10月6日閲覧。 
  52. ^ Television / Actress in 2000”. 英国アカデミー賞. 2017年10月6日閲覧。
  53. ^ Television / Actress in 2002”. 英国アカデミー賞. 2017年10月6日閲覧。
  54. ^ British Academy Scotland Awards: Winners in 2009”. 英国アカデミー賞 (2009年11月8日). 2017年10月6日閲覧。

外部リンク編集