メインメニューを開く

リンゼイ・タイソン・グーリンLindsay Tyson Gulin, 1976年11月12日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州サフォーク郡出身のプロ野球選手投手)。台湾球界での登録名は、格林

リンゼイ・グーリン
Lindsay Gulin
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州サフォーク郡
生年月日 (1976-11-12) 1976年11月12日(42歳)
身長
体重
190 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1995年 ドラフト16巡目でニューヨーク・メッツから指名
初出場 NPB / 2004年4月2日
CPBL / 2010年4月4日
最終出場 NPB / 2004年8月14日
CPBL / 2010年5月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

アメリカ球界時代編集

1995年MLBドラフトニューヨーク・メッツから16巡目指名を受けて契約。

高校時代は、オーバースローから140km/h前半のキレの良いストレートと大きく割れるカーブを駆使した投球スタイルで、完全試合1回、ノーヒットノーラン2回を達成するなどメジャーのスカウトも注目する本格派左腕だった。しかし、マイナーリーグではA級より上に上がることができず、シアトル・マリナーズジェイミー・モイヤーの投球を参考にして現在のスタイルを編み出した。その後、AAA級までトントン拍子に昇格しノーヒットノーランを達成した。

当時福岡ダイエーホークスの監督だった王貞治2003年の日本シリーズ阪神タイガースと戦った際に、ジェフ・ウィリアムス吉野誠のような左のサイドスローの投手に苦しめられたことから、「ウィリアムスみたいな投手が欲しい」とスカウトに要望を出したことがきっかけだったが、どういうわけか横から投げることはあったが投球スタイルが正反対といっていいグーリンを獲得することとなった。

ダイエー・ソフトバンク時代編集

2004年にダイエーに入団後は後述ののらりくらりとした投法で日本の打者も翻弄し、前半戦で6勝をマーク。2004年6月7日の王の監督通算1000勝目となった試合で勝利投手となっている。後半戦も先発ローテーション投手として活躍し二桁勝利も見えていたが、8月に左手親指付近に打球が当たるというアクシデントで離脱し、8勝止まりだった。いてまえ打線とも呼ばれ強打を売りにしていた近鉄には強く、8勝のうち4勝が近鉄からだった。その反面ロッテは苦手としており、4試合に登板し0勝2敗だった。

2005年は、トニー・バティスタホルベルト・カブレラペドロ・フェリシアーノらが加入したため、外国人枠の関係(1軍に登録できるのは4人まで)で活躍の場を奪われ、一軍登板はなかった。モチベーションの低下もあり、二軍でも防御率5点台後半という不振にあえぎ、そのままシーズンオフに戦力外通告を受けた。横浜ベイスターズなどの他球団が獲得へ興味を示したが、本人の意向もありアメリカ球界に復帰した。

ソフトバンク退団後編集

マリナーズとマイナー契約を結びメジャーのキャンプに招待選手として参加したが(このとき日本でバッテリーを組んだ城島健司と再会している)、メジャー昇格はならなかった。

その後、アメリカ独立リーグアメリカン・アソシエーションに加盟しているリンカーン・ソルトドッグスに入団し、2006年前期は7勝1敗、防御率1.66、69奪三振の成績でハーラートップの成績を挙げ、ソルトドッグスの前期優勝に貢献している。後期も好調で、トータルでは13勝2敗、防御率2.10、104奪三振とエースとして活躍した。プレーオフでも第1戦に登板し9回2失点で完投勝利を記録している。

2007年は、ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。同年は主に傘下のAA級ハンツビル・スターズでプレーし、2008年はAAA級のナッシュビル・サウンズに昇格し、AAA級のオールスターゲームに選出されている。2009年もAAA級で年間を通して先発で起用されたがメジャー昇格はならなかった。

2010年は、台湾中華職業棒球大聯盟(CPBL)の興農ブルズと契約。登録名は「格林」。しかし、結果を残せず、5月5日に戦力外通告を受けた。

2011年は、5年ぶりにソルトドッグスに復帰した。9試合に先発したが1勝7敗防御率5.94と不振でシーズン途中に解雇され、同年限りで現役引退。

現在はベルビューバドミントンクラブのコーチを務めている。

プレースタイル編集

右足をインステップ気味に大きく一塁方向に踏み出し、状況によってスリークォーターサイドスローを使い分ける不思議な投球フォームから、平均120km/h台後半のストレートと、110km/h前後のカーブチェンジアップのみで相手打者を翻弄する軟投派投手。

彼の登板時は四死球、ヒットでランナーは次々塁上を賑わすものの得意の牽制・併殺でチェンジにする事が多々あった。投手としての技術が優れていないとできない投球であり、その意味で軟投派ピッチャーの成功例といえた。類稀な投球スタイルで「魔術師」とも呼ばれた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2004 ダイエー 17 17 0 0 0 8 3 0 -- .727 446 99.2 126 11 35 1 4 69 2 3 49 47 4.24 1.62
2010 興農 6 2 0 0 0 0 1 2 0 .000 73 15.1 22 1 7 0 1 9 3 0 10 10 5.87 1.89
NPB:1年 17 17 0 0 0 8 3 0 -- .727 446 99.2 126 11 35 1 4 69 2 3 49 47 4.24 1.62
CPBL:1年 6 2 0 0 0 0 1 2 0 .000 73 15.1 22 1 7 0 1 9 3 0 10 10 5.87 1.89

記録編集

NPB

背番号編集

  • 63 (2004年 - 2005年)
  • 26 (2010年)

関連項目編集

外部リンク編集