メインメニューを開く

リン酸カルシウム

リン酸カルシウム(リンさんカルシウム、: calcium phosphate)はカルシウムイオンリン酸イオン(PO43-)または二リン酸イオン(P2O74-)からなるの総称である。狭義ではリン酸三カルシウムを指す[1]

目次

総説編集

の約70%はリン酸カルシウムの一種である、炭酸イオンを6〜9%含有するハイドロキシアパタイトからできている。

カルシウムと、リン酸の比率の違いにより、様々な相が知られている[2]水素イオン指数(pH)4以下の酸性条件では、酸性相であるDCPD又は、高温ではDCPA(Brusite, Monetite)が安定相となり、それ以上のpHである中性、塩基性条件下では、ハイドロキシアパタイトが安定相となる。弱酸性より高いpHの常温の溶液中でカルシウムリン酸を混合した場合、アモルファス相が初生相として出現した後、構造相転移により結晶相へと転移する[3][4]。一般にこの過程を経て形成した結晶相の結晶度は非常に悪い。

リン酸カルシウムを含む鉱物に、燐灰石[1]ウィットロカイト英語版(ウィトロック石)[1]水酸燐灰石フッ素燐灰石などがある。

利用編集

リン酸カルシウムは肥料の製造に用いられる。しかし特定のリン酸カルシウムを過剰に使用すると表面流出を招き、水の華富栄養化などの公害に至ることもある。

E番号341の食品添加物として、チーズの製造などに用いられる。またサプリメントとしても用いられるが、カルシウム塩の種類により生物学的利用能が異なるとの指摘もある。歯の再石灰化を促すとして歯磨き粉にも使われている。さらに、遺伝子トランスフェクションにも使われる[5]。機構については詳しく分かっていないが、リン酸カルシウムが沈着してDNAが複合体を作り、DNAが細胞を通り抜けられるようになると考えられている。また、二リン酸と塩基性カルシウムを反応させることで二リン酸カルシウムCa2P2O7が生成する。この物質は、歯磨き粉のマイルドな研磨剤として一般的に使用されているほか、関節への沈着によって偽痛風の要因にもなる。

いくつかのリン酸カルシウムは人工骨の主成分として用いられる。これは、これらのリン酸カルシウムは骨を周囲に呼び込む性質、骨伝導性を持つからである。しかし、この機構はまだ十分に解明されていない。

一覧編集

リン酸カルシウムと総称される化合物は、複数あり、Caイオンと、PO4イオンの比率が異なる。一般に、酸性条件下にて安定な塩ほど、Ca/PO4比が小さい傾向にある。

  • リン酸二水素カルシウム、E341(i)   (MCPA)
  • リン酸二水素カルシウム一水和物   (MCPM)
  • リン酸一水素カルシウム、E341(ii)   (DCPA、鉱物名: モネタイトカタルーニャ語版 monetite)
  • リン酸一水素カルシウム二水和物   (DCPD、鉱物名: ブラッシャイト英語版 brushite)
  • リン酸三カルシウム   (TCP: 構造の違いにより、複数の相が存在する)
  • リン酸八カルシウム英語版  (OCP)
  • 水酸アパタイト  (HAP, HAp, OHAPなどと呼称される。鉱物名:水酸燐灰石。ハイドロキシアパタイト、水酸化リン酸カルシウム。)
  • フッ素アパタイト (鉱物名:フッ素燐灰石。フルオロアパタイト。)
  • 塩素アパタイト (鉱物名:塩素燐灰石。クロロアパタイト))
  • 炭酸アパタイト(炭酸含有水酸アパタイト) 
    • 炭酸アパタイト(CO3Ap)A型(水酸アパタイトの水酸基が炭酸基に置換されたもの)
    • 炭酸アパタイト(CO3Ap)B型(水酸アパタイトのリン酸基が炭酸基に置換されたもの)
  • ウィットロカイト(whitlockite)  (TCPのCaイオンの一部がMgイオンに置換されることで安定化したもの)
  • アモルファスリン酸カルシウム英語版(非晶質リン酸カルシウム、ACP)
  • リン酸四カルシウム英語版  (TTCP)
  • ピロリン酸カルシウム 

出典編集

  1. ^ a b c リン酸カルシウム りんさんかるしうむ calcium phosphate”. 日本大百科全書. 小学館. 2018年10月27日閲覧。
  2. ^ Wang L. and Nancollas G.H. Chem Rev 108 4628-4669, 2008
  3. ^ Onuma K. and Ito A. Chem Mater 10 3346-3351, 1998
  4. ^ Onuma et al. J Phys Chem B 104 10563-10568, 2000
  5. ^ Calcium Phosphate Method for Gene Transfection of Mammalian Cells

  ウィキメディア・コモンズには、リン酸カルシウムに関するメディアがあります。