メインメニューを開く
リヴァディア宮殿の正面
リヴァディア宮殿における「三巨頭」

リヴァディア宮殿ウクライナ語Лівадійський палацロシア語Ливадийский дворец英語Livadia Palace)は、クリミア半島の街ヤルタ南西約3キロのリヴァディア英語版に位置する宮殿である。ロシア皇帝ニコライ2世の別荘(離宮)として建造され、1945年2月に行われたヤルタ会談の舞台としても知られている。現在、博物館として利用される。

概要編集

宮殿の建つリヴァディアはかつてロシア帝国の領土であり、当初この土地はギリシャ海軍の将軍ランブロス・カトソニスに与えられた。1834年ポーランド人マグナートであるポトツキ家の所有となり、レオン・ポトツキは宮殿、カトリック礼拝所、庭園を作り、ポトツキ公園と呼ばれた。ポーランド1月蜂起を経てポトツキ公園は1860年代からはロマノフ家の手に渡りロシア皇帝避暑地となっていた。1879年中央アジアイリ地方を巡る紛争でリヴァディア条約を締結(1881年イリ条約が結び直される)、1895年からポトツキ公園の大改装が行われた。

現在の白亜のリヴァディア宮殿が建造されたのは1911年、ニコライ2世統治の時代だった。建造は1910年4月23日から1911年9月14日にかけて、わずか18ヶ月、3シフト24時間体制で行われた。造りはイタリアルネサンス様式。工事主任はニコライ・クラスノフ1864年-1939年)。建物に隣接して教会もある。竣工から6年後、1917年3月ロシア革命が勃発し、1920年代はじめまでにクリミアも赤軍の手に落ちた。

リヴァディア宮殿では1945年2月4日から11日にかけて、アメリカイギリスソビエト連邦の3国首脳会談、いわゆるヤルタ会談が開かれた。本会議、秘密会議などのほか、アメリカ使節団の宿舎としても利用された。

リヴァディア宮殿は博物館として一般公開されている。館内にはヤルタ会談に関する展示のほか、建築設計図、かつてのニコライ2世愛用の品々などが展示されている。開館時間は10時から18時まで。水曜休館。

ヤルタ市街を走るマルシュルートカ(乗り合いの小型バス)47番に乗車し、レーニン広場から10〜15分ほどの「リヴァディア宮殿(Лівадійский палац)」停留所下車。マルシュルートカに案内や車内放送はなく、また「リヴァディア(Лівадійский)」という停留所もあるため下車の際は注意されたい。タクシーでは10分ほど。

「リヴァディア宮殿」停留所から黒海の方向へ歩き、徒歩5分ほど。シーズン中はレーニン海岸通りから船の便もあるが、冬季は運休している。

外部リンク編集