リヴァプール・ライム・ストリート駅

リヴァプール・ライム・ストリート駅: Liverpool Lime Street station)は、イギリス中部の港町リヴァプールの中央駅である。リヴァプール中心部のライム・ストリートに面している。駅は1836年開業で、現役のターミナル駅としては世界最古といわれている。

リヴァプール・ライム・ストリート駅
リヴァプール・ライム・ストリート駅
Liverpool Lime Street station
位置
リヴァプール・ライム・ストリート駅の位置(リヴァプール中心部内)
リヴァプール・ライム・ストリート駅
リヴァプール・ライム・ストリート駅 (リヴァプール中心部)
リヴァプール・ライム・ストリート駅の位置(マージーサイド内)
リヴァプール・ライム・ストリート駅
リヴァプール・ライム・ストリート駅 (マージーサイド)
場所 リヴァプール
行政区 リヴァプール
座標 北緯53度24分26.28秒 西経2度58分37.20秒 / 北緯53.4073000度 西経2.9770000度 / 53.4073000; -2.9770000
運営
運営会社 ネットワーク・レール
その他
駅コード LIV
ホーム数 9本+1本(地下)
例年利用者数
2014/15 14,871百万人
2015/16 15,227百万人
2016/17 15,613百万人
2017/18 16,032百万人
2018/19 14,221百万人
パッセンジャー・トランスポート・エグゼクティブ
PTE マージートラベル英語版
ゾーン C1
歴史
1836年 8月 開業
1977年 地下ホーム開業

概要編集

リバプール・アンド・マンチェスター鉄道のリヴァプール側のターミナル駅として1830年に開業したクラウン・ストリート駅が不便な場所にあったため、代替として、より便利なライム・ストリートに建設されたのが当駅である。1867年、北側のトレインシェッドが完成、1871年にはホテルが入居する駅舎が完成した。1879年には南側のトレインシェッドが増築され、ほぼ現在の規模になった。

この駅に乗り入れる路線はロンドンユーストン駅を起点とするウェスト・コースト本線の支線と、マージーレールネットワーク英語版ウィラル線英語版である。鉄道会社はマージーレールに加え、ノーザン・トレインズ英語版アヴァンティ・ウェスト・コーストロンドン・ノースウェスタン・レールウェイ(ウェスト・ミッドランズ・トレインズ)トランスペナイン・エクスプレスイースト・ミッドランズ・レールウェイ英語版トランスポート・フォー・ウェールズ・レール・サービス英語版の6社が乗り入れており、主にノーザン・トレインズが近郊路線、その他が長距離路線を運行している。

ウィラル線のホームは地下にあるが、一方通行(時計回り)のループ線内にあるため、1面のみである。

隣の駅編集

イースト・ミッドランズ・レールウェイ英語版
リヴァプール・ライム・ストリート駅 - リヴァプール・サウス・パークウェイ駅英語版
トランスペナイン・エクスプレス「ノース・トランスペナイン」・「トランスペナイン・ノースウェスト」
リヴァプール・ライム・ストリート駅 - リー・グリーン駅英語版ニュートン=ル=ウィローズ駅英語版
リヴァプール・ライム・ストリート駅 - セント・ヘレンズ・セントラル駅英語版
ロンドン・ノースウェスタン・レールウェイ(ウェスト・ミッドランズ・トレインズ)
リヴァプール・ライム・ストリート駅 - リヴァプール・サウス・パークウェイ駅
ノーザン・トレインズ英語版
リヴァプール・ライム・ストリート駅 - エッジ・ヒル駅英語版ハイトン駅英語版
リヴァプール・ライム・ストリート駅 - エッジ・ヒル駅英語版/リヴァプール・サウス・パークウェイ駅
アヴァンティ・ウェスト・コースト
リヴァプール・ライム・ストリート駅 - ランコーン駅英語版
トランスポート・フォー・ウェールズ・レール・サービス英語版
リヴァプール・ライム・ストリート駅 - リヴァプール・サウス・パークウェイ駅
マージーレール英語版
ムーアフィールズ駅英語版リヴァプール・ライム・ストリート駅リヴァプール・セントラル駅英語版

外部リンク編集