メインメニューを開く

この項目では、1929年シーズンのリーガ・エスパニョーラ (ラ・リーガ、プリメーラ・ディビシオン)について述べる。

リーガ・エスパニョーラ
シーズン 1929
優勝 FCバルセロナ(初)
試合数 90
ゴール数 383 (1試合平均4.26)
1試合平均
ゴール数
4,26
得点王 17点 スペインの旗 パコ・ビエンソバス
最大差勝利ホーム試合
アスレティック・ビルバオ 9-0 RCDエスパニョール
最大差勝利アウェー試合
ラシン・サンタンデール 0-4 アスレティック・ビルバオ
最多連勝記録
6連勝 アレナス・デ・ゲチョ/FCバルセロナ
最多連続負け無し記録
11試合 FCバルセロナ
最多連続勝ち無し記録
7試合 ラシン・サンタンデール
最多連敗記録
7試合 ラシン・サンタンデール

リーガ・エスパニョーラ1929は、スペインのプロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1回目のシーズンである。

本来1928年中から秋春制で始まるはずだったが、「少数精鋭リーグ」派と「エクスパンション派」のクラブ群の論争が長引き、実現しなかった[1][注釈 1]。最終的に全クラブが協会の下でリーグ創設に合意した。シーズンは1929年2月10日に開幕し、6月30日に終了した。10チームでのラウンド・ロビン形式・2回戦総当たりの全18節。

FCバルセロナが最終節でレアル・マドリードを逆転し初代リーグ王者となった。得点王はパコ・ビエンソバス

目次

参入チームの決定法編集

1929年シーズンはリーガ・エスパニョーラの初年度である。その初年度参入クラブ10枠の配分は1928年11月27日に最終合意を見た。まずコパ・デル・レイ優勝歴のあった6クラブ'(アレナス・クルブ・デ・ゲチョアスレティック・ビルバオ、FCバルセロナ、レアル・マドリード、レアル・ソシエダレアル・ウニオン)が6枠を勝ち取った。続いて、同大会で準優勝回数の多い順にアトレティコ・マドリードRCDエスパニョールCDエウロパが3枠を勝ち取った。最後の1枠は、10チームによる参入トーナメントで決められる事となった。なお前年11月27日の合意では、同じ10チームのラウンド・ロビンで争われる下部リーグとの入れ替え・1部のプリメーラ・ディビシオンという名称なども決定した。

参入トーナメント編集

 
1回戦準々決勝準決勝参入決定戦
 
                      
 
 
 
 
1月10日–13日 – チャマルティン・デ・ラ・ロサ
 
 
ラシン・サンタンデール22
 
 
バレンシア21
 
 
1月23日 – チャマルティン・デ・ラ・ロサ
 
 
レアル・ベティス1
 
12月25–26日 – ビルバオ
 
ラシン・サンタンデール2
 
レアル・オビエド24
 
1月13日 – バレンシア
 
イベリアSC21
 
レアル・オビエド0
 
12月25日 – マドリード
 
レアル・ベティス1
 
レアル・ベティス2
 
2月3日・6日・ 9日 – マドリード
 
デポルティーボ・アラベス1
 
ラシン・サンタンデール122
 
 
セビージャFC121
 
 
1月13日 – レオン
 
 
セルタ・デ・ビーゴ3
 
 
スポルティング・デ・ヒホン2
 
 
1月27日 – マドリード
 
 
セビージャFC2
 
 
セルタ・デ・ビーゴ1
 
 
1月17日 – マドリード
 
 
セビージャFC4
 
 
デポルティーボ・ラ・コルーニャ1
 
 
 
 

ラシン・サンタンデールが10枠目の参入クラブとなった。

1929年のリーガ・エスパニョーラのチーム編集

結果編集

リーグ戦はコパ・デル・レイ1928-29の全日程を消化した後で開幕した。その大会の王者RCDエスパニョールのウインガー(Extremo)である、ジュゼー・ピトゥス・プラットが記念すべき開幕節でプロリーグ最初の得点者となり、チームも3-2でレアル・ウニオンに勝利した。また他の開幕節の試合ではアトレティコ・マドリードのアルフォンソ・オラソが初のオウンゴールを記録、相手はアレナス・クルブ・デ・ゲチョだった。

レアル・マドリードのハイメ・レスカノはCDエウロパを相手に自軍の5得点中4点を決めて勝利に貢献し、こちらは開幕節でリーグ史上初のハットトリックを決めた選手となった。レアル・マドリードは前半戦を首位で折り返すが、中盤戦でアレナスとFCバルセロナに敗北してから失速した。FCバルセロナは対照的にスロースタートであったが、そこから驚異的に調子を上げていき、同勝ち点で最終節を迎えた。敵地でアスレティック・ビルバオに敗れたレアル・マドリードに対し、FCバルセロナはホームでレアル・ウニオンに4-1で大勝。プロリーグ初代王者となった[2]

残留争いは降格枠0.5という規定もあり、他チームは残留争いを身近に感じることもなく、開幕から大量失点で敗北を重ねたラシン・サンタンデールがそのまま最下位で入れ替え戦出場が決まった。相手はセグンダ・ディビシオン1929の優勝チームで、奇しくも参入トーナメント決勝の相手でもあったセビージャFCとの「再戦」となったが、ラシンがまた勝利し一部残留を決めた。

チーム 降格
1 FCバルセロナ (C) 18 11 3 4 37 23 +14 25
2 レアル・マドリード 18 11 1 6 40 27 +13 23
3 アスレティック・ビルバオ 18 8 4 6 47 34 +13 20[注 1]
4 レアル・ソシエダ 18 8 4 6 46 41 +5 20
5 アレナス・クルブ・デ・ゲチョ 18 8 3 7 33 43 −10 19
6 アトレティコ・マドリード 18 8 2 8 43 41 +2 18[注 2]
7 RCDエスパニョール 18 7 4 7 32 38 −6 18[注 2]
8 CDエウロパ 18 6 4 8 45 49 −4 16
9 レアル・ウニオン 18 5 2 11 40 42 −2 12
10 ラシン・サンタンデール (O) 18 3 3 12 25 50 −25 9 入れ替え戦に出場
出典: BDFútbol
順位の決定基準: 1) 勝ち点(勝2/分1/負0); 2) 直接対決の勝ち点; 3) 直接対決の得失点差; 4) 得失点差; 5) 総得点.
(C) 優勝; (O) プレーオフ勝者.
注釈:
  1. ^ アスレティック・ビルバオは直接対決が4-2、1-1の1勝1分けだったためレアル・ソシエダの順位を上回った。
  2. ^ a b アトレティコ・マドリードは直接対決のスコアが7-1、2-3と得失点差で優ったためRCDエスパニョールの順位を上回った。
ホーム \ アウェイ ARE ATH ATM BAR ESP EUR RAC RMA RSO RUN
アレナス・クルブ・デ・ゲチョ 1–0 2–3 0–2 3–0 2–2 2–1 3–2 3–0 1–1
アスレティック・ビルバオ 2–3 3–3 5–1 9–0 2–0 0–0 2–0 4–2 2–1
アトレティコ・マドリード 1–2 2–3 4–1 7–1 5–4 4–0 0–3 0–3 3–1
FCバルセロナ 2–2 3–0 4–0 1–0 5–2 5–1 1–2 1–0 4–1
RCDエスパニョール 1–2 4–1 3–2 1–1 3–1 3–0 4–0 1–1 3–2
CDエウロパ 5–2 1–1 4–1 1–1 0–3 4–1 5–2 4–3 3–3
ラシン・サンタンデール 5–1 0–4 1–2 0–2 1–1 3–2 1–3 6–1 1–3
レアル・マドリード 2–0 5–1 2–1 0–1 2–0 5–0 2–2 2–1 2–0
レアル・ソシエダ 3–2 1–1 3–3 3–0 1–1 5–4 8–1 5–4 3–2
レアル・ウニオン 7–1 6–3 1–2 1–2 4–3 2–3 3–1 0–2 2–3
出典: BDFútbol
Colours: Blue = home team win; Yellow = draw; Red = away team win.

入れ替え戦編集

最下位のラシン・サンタンデールがセグンダ・ディビシオン1位のセビージャFCと対戦し、2試合合計3-2で残留を決めた。

得点ランク・記録編集

得点ランキング編集

[3][注釈 4]

順位 選手 所属 得点 出場 得点率
1   パコ・ビエンソバス   レアル・ソシエダ 17 18 0.94
2   コスメ・バスケス   アトレティコ・マドリード 15 17 0.88
3   ラモン・ラフエンテ   アスレティック・ビルバオ 15 14 0.86
3   ルイス・マリン   アトレティコ・マドリード 12 18 0.67
3   サンティアゴ・ウルティスベレア   レアル・ウニオン 11 12 0.92
5   ホセ・マリア・ジェルモ   アレナス・クルブ・デ・ゲチョ 11 15 0.73
5   マヌエル・クルス   CDエウロパ 11 17 0.69
5   ハイメ・ラスカノ   レアル・マドリード 11 17 0.65
5   ガスパル・ルビオ   レアル・マドリード 11 17 0.65
5   ルイス・レゲイロ   レアル・ウニオン 11 17 0.65
5   マヌエル・パレラ   FCバルセロナ 11 18 0.61
12   ホセ・サストレ   FCバルセロナ 10 14 0.71
12   カルロス・バスティット   FCバルセロナ 10 18 0.56
14   ビクトル・ウナムーノ   アスレティック・ビルバオ 9 17 0.53
14   ルイス・イルレタゴジェナ・アイエスタラン   レアル・ソシエダ 9 19 0.47

1試合最多得点:9点編集

  • アスレティック・ビルバオ9-0RCDエスパニョール(第2節)
  • レアル・ウニオン6-3アスレティック・ビルバオ(第6節)
  • レアル・ソシエダ8-1ラシン・サンタンデール(第7節)
  • レアル・マドリード5-4レアル・ソシエダ(第12節)
  • アトレティコ・マドリード5-4CDエウロパ(第16節)
  • レアル・ソシエダ5-4CDエウロパ(第18節)[4]

最大差試合:9点差編集

アスレティック・ビルバオ9-0RCDエスパニョール(第2節)

アウェイチーム最大差勝利:4点差編集

ラシン・サンタンデール0-4アスレティック・ビルバオ(第3節)

最少失点ゴールキーパー編集

リカルド・サモラ(RCDエスパニョール):24試合15失点・1試合平均失点率1,60

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ しかし下記の参入トーナメントは1928年に開始されたため、これをレギュラーシーズンにつながるものと考えれば「1928-29」という表現は正しい。
  2. ^ 3月26日にベラミーに監督の座を譲ったが「助監督」(Entrenador ayudante)としてシーズンの最後までベンチに座り続けた。
  3. ^ チャマルティンは1948年6月5日までマドリードとは別の基礎自治体であった。
  4. ^ 「ピチーチ賞」はマルカ紙が1952-53年シーズンから得点王に対して贈るために作った。協会やリーグ機構による表彰ではない。

出典編集

  1. ^ «Liga Máxima y Torneo de Campeones»”. Diario Mundo Deportivo. el 12 de marzo de 2016.閲覧。
  2. ^ Spain 1928/29”. www.rsssf.com. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ Clasificación Primera División 1928-29”. www.bdfutbol.com. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ Spain 1928/29”. www.rsssf.com. 2019年1月6日閲覧。

外部リンク編集