メインメニューを開く

リーガ・エスパニョーラ1991-1992は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグのプリメーラ・ディビシオンの61回目のシーズンである。1991年8月31日から1992年6月7日に開催された。
 セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1990-1991の成績上位によって自動昇格した「アルバセテ・バロンピエ」・「デポルティーボ・ラ・コルーニャ」の2チーム。
 ヨハン・クライフ監督率いる「エル・ドリーム・チーム」と呼ばれた「FCバルセロナ」が2連覇を成し遂げ、通算12回目のプリメーラ・ディビシオン優勝を達成した。同年のUEFAチャンピオンズカップ 1991-92にも優勝し、FCバルセロナは初の欧州王者の座に付いた。
 なお、本シーズン終了後の1992年7月25日から8月9日にスペインのバルセロナで開催されたバルセロナオリンピックサッカー競技ではスペイン代表が金メダルを獲得している。ちなみに、ヨハン・クライフ監督が指揮したFCバルセロナの愛称であるエル・ドリーム・チームの呼称は、バルセロナオリンピックの男子バスケットボール競技で金メダルを獲得した・アメリカ代表の通称「ドリームチーム」に由来している。


リーガ・エスパニョーラ1991-1992のチーム本拠地 (カナリア諸島)

目次

順位編集

スペインプロリーグ機構の成績資料に基づく[1]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 FCバルセロナ 55 23 9 6 87 37 +50 UEFAチャンピオンズリーグ 1992-93 一回戦出場権
2 レアル・マドリード 54 23 8 7 78 32 +46 UEFAカップ1992-93 一回戦出場権
3 アトレティコ・マドリード 53 24 5 9 67 35 +32 UEFAカップウィナーズカップ 1992-93 出場権[2]
4 バレンシアCF 47 20 7 11 63 42 +21 UEFAカップ1992-93 一回戦出場権
5 レアル・ソシエダ 44 16 12 10 44 38 +6
6 レアル・サラゴサ 41 17 7 14 40 41 -1
7 アルバセテ・バロンピエ 40 16 8 14 45 47 -2
8 スポルティング・デ・ヒホン 38 15 8 15 37 43 -6
9 レアル・ブルゴス 37 12 13 13 40 43 -3
10 CDログロニェス 36 13 10 15 36 51 -15
11 レアル・オビエド 36 14 8 16 41 46 -5
12 セビージャFC 34 13 8 17 48 45 +3
13 CDテネリフェ 34 12 10 16 46 50 -4
14 アスレティック・ビルバオ 33 13 7 18 38 58 -20
15 CAオサスナ 33 10 13 15 30 40 -10
16 RCDエスパニョール 32 12 8 18 43 60 -17
17 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 31 8 15 15 37 48 -11 セグンダ・ディビシオン4位との入れ替え戦
18 カディスCF 28 7 14 17 32 55 -23 セグンダ・ディビシオン3位との入れ替え戦
19 レアル・バジャドリード 27 7 13 18 31 53 -22 セグンダ・ディビシオンに自動降格
20 RCDマヨルカ 27 10 7 21 30 49 -19

入れ替え戦(降格プレーオフ)結果編集

第1戦:
ホームチーム アウェーチーム
デポルティーボ・ラ・コルーニャ 2-1 レアル・ベティス
カディスCF 2-0 UEフィゲレス


第2戦:
ホームチーム アウェーチーム
レアル・ベティス 0-0 デポルティーボ・ラ・コルーニャ
UEフィゲレス 1-1 カディスCF


トータルスコア:
デポルティーボ・ラ・コルーニャ 2-1 レアル・ベティス 1勝し、得点合計も上回ったデポルティーボ・ラ・コルーニャが勝利
カディスCF 3-1 UEフィゲレス 1勝し、得点合計も上回ったカディスCFが勝利

ピチーチ賞編集

サモラ賞編集

脚注編集