メインメニューを開く

リージェンツ運河(リージェンツうんが、英語Regent's Canal)は、ロンドン市街地北部の運河で、パディントン駅の近くリトル・ベンニステムズ川ライムハウス・ベースン (Limehouse Basin) を接続している。

リージェンツ運河
Canal Regent Londres.jpg
カムデン区にリージェンツ運河の曳舟道
特長
全長 8.6 マイル (13.8 km)
許容最大艇身 72 ft 0 in (21.95 m)
許容最大船幅 14 ft 0 in (4.27 m)
閘門 13
現状 運用中
歴史
主要技術者 ジョン・ナッシュ
建設決議 1812年
建設開始 1812年
運用開始 1816年
完成 1820年
テンプレートを表示
ロンドンインにおけるリージェンツ運河の経路

全長は 8.6 マイル (13.8km) で、本線には 13 基の水門がある。運河はリトル・ベンニスからリージェンツ・パークの北の境界をまわって、東に方向を変え、カムデン・ロックやキングス・クロス駅の北側に連絡している。グランド・ユニオン運河の最南端部となっている。

現在は多くのナロウボートが行き来することはないが、散歩道としてロンドン市民に人気だ。

目次

歴史編集

産業革命の時代、貨物や石炭を運搬するために1820年に開通した。建築家ジョン・ナッシュ[1]により建設された。20世紀にいると、イーストエンド・オブ・ロンドンでリージェンツ運河沿いに工場、ガスタンクと製材所が多く分布していることがあった。

カムデン・タウンには運河沿いの材木置き場として利用されていた空間が、徐々にマークットやレストランとして開発している。昨今キングス・クロスイズリントンショーディッチで運河の近い地域が再開発によって地価が高騰しジェントリフィケーションが進んでいる。運河沿いには、巨大なキングス・クロス・セントラル (King's Cross Central) 開発地域をはじめ、新しい建物や改装された建物が多数建ち並ぶ。

海上バス編集

運河のおかげでカムデン・ロックやリトル・ベンニスから水上バスでリージェンツ・パークやロンドン動物園にアクセスできる。

ロンドン運河博物館編集

リージェンツ運河に臨むこの博物館は運河の歴史や文化について展覧会している。キングス・クロス駅から徒歩約8分。

関連項目編集

脚注編集