リースバック英語: Leaseback)は「セール・アンド・リースバック」(英語: sale-and-leaseback)とも呼ばれ、固定資産に相当するものを他に売って、そこからリースするという金融取引をいう。こうした取引の対象になるものは不動産などの固定資産や、飛行機列車などの資本財などである[1][2]

リースバックを行なう際の当事者の理由は、これにより金融上、会計上、税務上の利点があるからである[3]

なお、リースバックのコンセプト外交上も提案ないしは実施されたことがあり、フォークランド戦争後に99年のリース後アルゼンチンに帰属するように提案されたり[4]、また香港を同様な期間で中国に帰属している。

不動産リースバック編集

リースバックの中でも、不動産を対象としたものを「不動産リースバック」と呼ぶ。不動産リースバックには、持ち家をリースバック業者に売却して、資金を調達しながら、リースバック業者から以前の持ち家を賃貸することで、住み続けるサービスもある[5]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ リースバック【leaseback】 (コトバンク)
  2. ^ リースバックとは (at home)
  3. ^ リースバック (三井住友トラスト・パナソニックファイナンス)
  4. ^ Another campaign for the Falklands (The Telegraph紙、2007年)
  5. ^ 持ち家リースバックの窓口

外部リンク編集