リーズ・ライノズ

リーズ・ライノズ(Leeds Rhinos)は、イングランドウェスト・ヨークシャーリーズのプロラグビーリーグクラブである。1870年創設。イングランドのラグビーリーグクラブの最上位の競技会であるスーパーリーグに参加しており、1996年のリーグ創立以来8度の優勝を果たしている。ホームグラウンドはヘディングリー・ラグビー・スタジアムである。

Leeds Rhinos
クラブ情報
正式名 Leeds Rhinos Rugby League Football Club
愛称 The Rhinos
The Loiners
省略名 Leeds Rhinos
クラブカラー Rhinoscolours.svg 青、琥珀
創設 1870年 (153年前) (1870)
公式サイト therhinos.co.uk
現在の詳細情報
ホームスタジアム
チェアマン Paul Caddick
Gary Hetherington
コーチ Richard Agar
キャプテン Trent Merrin[1]
2019 8位
ユニフォーム
ホームカラー
記録
チャンピオンシップ 11 (1961, 1969, 1972, 2004, 2007, 2008, 2009, 2011, 2012, 2015, 2017)
チャレンジカップ 13 (1910, 1923, 1932, 1936, 1941, 1942, 1957, 1968, 1977, 1978, 1999, 2014, 2015)
ワールドクラブチャレンジ 3 (2005, 2008, 2012)
その他 37
最多出場記録 625 - John Holmes
最多得点記録 3,967 - Kevin Sinfield

「Rhino」は英語でサイのこと。

1996シーズンの終了までは単にリーズと呼ばれていた。歴史的にはロイナーズ(Loiners)とも呼ばれる。ロイナー英語版はリーズの住民の呼称である。

1895年、リーズはラグビーフットボール連合(RFU)を脱退し、他の21のクラブと共に北部ラグビーフットボール連合(現在のラグビーフットボールリーグ)を結成した[2]ラグビーユニオンクラブのヨークシャー・カーネギー英語版と同じ運営母体を持ち(Leeds Rugby Limited)、ホームスタジアムを共用している。

リーズはチャレンジカップのタイトルを13回、リーグ・チャンピオンシップのタイトルを11回、ワールドクラブチャレンジのタイトルを3回手にしている。

タイトル・表彰編集

リーグ編集

カップ編集

  • チャレンジカップ:
    • 優勝 (13): 1909–10, 1922–23, 1931–32, 1935–36, 1940–41, 1941–42, 1956–57, 1967–68, 1976–77, 1977–78, 1999, 2014, 2015
    • 準優勝 (12): 1942-43, 1946-47, 1970-71, 1971-72, 1993-94, 1994-95, 2000, 2003, 2005, 2010, 2011, 2012
  • リーグカップ:
    • 優勝 (2): 1972-73, 1983-84
    • 準優勝 (3): 1982-83, 1987-88, 1991-92
  • BBC2 Floodlitトロフィー:
    • 優勝 (1): 1970-71
  • ヨークシャーカップ:
    • 優勝 (17): 1921–22, 1928–29, 1930–31, 1932–33, 1934–35, 1935–36, 1937–38, 1958–59, 1968–69, 1970–71, 1972–73, 1973–74, 1975–76, 1976–77, 1979–80, 1980–81, 1988–89
    • 準優勝 (4): 1919-20, 1947-48, 1961-62, 1964-65,

国際大会編集

出典編集

  1. ^ Burrow ready for coaching baptism”. Leeds Rhinos (2018年1月17日). 2018年1月18日閲覧。
  2. ^ Leeds Rhinos Information”. 2019年10月28日閲覧。

情報源編集

外部リンク編集