リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア

リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア」(Reach Out I'll Be There)は、フォー・トップス1966年に発表した楽曲。作詞作曲はホーランド=ドジャー=ホーランド。全米1位を記録した。

リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア
フォー・トップスシングル
初出アルバム『Reach Out
B面 Until You Love Someone
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 デトロイトヒッツヴィルUSA
ジャンル ソウル
時間
レーベル モータウン
作詞・作曲 ホーランド=ドジャー=ホーランド
プロデュース ブライアン・ホーランド、ラモント・ドジャー
チャート最高順位
フォー・トップス シングル 年表
Loving You Is Sweeter Than Ever
(1966年5月)
リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア
(1966年8月)
Standing in the Shadows of Love
(1966年11月)
ミュージックビデオ
「Reach Out I'll Be There」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

1966年、エディ・ホーランド・ジュニア、ブライアン・ホーランド、ラモント・ドジャーはフォー・トップスのアルバムのための曲を書き続けていた。ドジャーは「緊張が途切れないまま進む感情の旅を書きたかった。言ってみればボレロのように。これをうまく表すためにキーを交互に変えてみた。ロシアっぽい雰囲気のマイナーのヴァースから、ゴスペル調のメジャーのコーラスへ。それからまたヴァースに戻るんだ」と回想している[2]

当時ボブ・ディランに傾倒していたホーランド=ドジャー=ホーランドのチームは、グループのリードボーカルのリーヴァイ・スタッブスに、ディランのようなやり方でシャウトして歌うことを求めた。プロデューサーでもあるホーランドらはさらにレコーディングの際、スタッブスの歌が音域の一番上まで行くよう設定した。アレンジャーのポール・ライザーはイントロにピッコロとフルートのオーバーダビングを行った。また、タンバリンをティンパニのマレットで叩くドラムパターンを考えた。完成後、コントロールルームで聴き返したグループのメンバーは、社長のベリー・ゴーディにレコードにしないよう頼んだが、ゴーディはそれどころかシングルとして出すことを強く主張した[2]

1966年8月18日、シングルとして発表[1]ビルボード・Hot 100、同R&Bチャート、全英シングルチャートでいずれも1位を記録した。

同年、イタリア語詞のバージョン「Gira gira」をイタリアでシングルとして発売した[3]

2020年のアメリカ合衆国大統領選挙の際、フォー・トップスのオリジナル・バージョンはジョー・バイデンのキャンペーンソングとして使用された[4]

カバー・バージョン編集

脚注編集

  1. ^ a b 45cat - Four Tops - Reach Out I'll Be There / Until You Love Someone - Motown - USA - M-1098
  2. ^ a b Myers, Marc (2016). Anatomy of a Song. Grove Press. pp. 67–71. ISBN 978-1-61185-525-8 
  3. ^ 45cat - Four Tops - Reach Out I'll Be There (Gira Gira) / Until You Love Someone - Tamla Motown - Italy - 45TM 8000
  4. ^ Savage, Mark (2020年10月24日). “US election 2020: What we can learn from Trump and Biden's musical choices”. BBC News. https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-54644163 2020年10月31日閲覧。 
先代
アソシエイション
チェリッシュ
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1966年10月15日 - 10月22日(2週)
次代
?とザ・ミステリアンズ
「96つぶの涙」
先代
テンプテーションズ
「ビューティー・イズ・オンリー・スキン・ディープ」
Hot R&B Singles ナンバーワンシングル
1966年10月29日 - 11月5日(2週)
次代
ルー・ロウルズ
「恋はつらいね」