メインメニューを開く

リーフデ号(リーフデごう、: De Liefde)は、慶長5年3月16日1600年4月19日)に、豊後国(現大分県)に漂着したオランダ共和国商船。300トン。日本に到着した初めてのオランダ船である。船長クワッケルナック。漂着地は臼杵湾黒島とされるが、佐伯湾大入島とする説もある。

リーフデ号
LiefdeAlone.jpg
基本情報
船種 フリュート
運用者 ロッテルダム商工会議所
建造所 Statenvlag.svg オランダ共和国
経歴
就航 1598年
最後 1600年日本の旗 日本に漂着
その後日本で解体(または沈没)
要目
排水量 300トン
推進器 3本マスト
乗組員 100人
その他 兵装:18砲門
出典:[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

船名の「Liefde」はオランダ語で「愛」を意味する単語。元々はルネサンス期の人文主義者として知られるエラスムスの名を冠した「Erasmus(エラスムス号)」という船名であった。しかしこの名称が付けられた経緯、また変更された経緯については不明である。

日本到達の2年前に本国オランダのロッテルダムを出航した。初めはヤックス・マフ英語版を司令官とする5隻の船団であったが、マゼラン海峡通過後の太平洋で、悪天候などにより離散した。太平洋に入りチリ南部沖で僚船のホープ号と合流して日本を目指すも、航海中にホープ号は沈没、再び単独での航海となった。出航時の乗組員は110人ほどいたが、日本に到達した時の生存者はわずかに24名だった。生存者の中でも立つことが出来たのは6人のみで、重傷者が多く翌日に3人が死亡したという。翌年中までに更に7人が死亡し、最終的な生存者は14人となった。生存者の中には江戸幕府の外交顧問になったヤン・ヨーステンウィリアム・アダムス(三浦按針)も含まれていた。アダムスは日本に初めて来たイギリス人(厳密にはイングランド人)であった。

漂着後、大坂に回航され、後浦賀に回航された(回航時に暴風雨に遭って沈没したとも言われる)。宣教師スペイン人の記録によると徳川家康関ヶ原の戦い時、リーフデ号の備砲や砲員を活用、さらには甲冑を回収し当世具足に仕立てたという。この漂着事件のことをリーフデ号事件ともいう。

生存した乗組員の多くは日本に留まることを選んだが、何人かは帰国を望んだ。しかし幕府はなかなか許可を出さず、ようやく5年後に許可が下り、クワッケルナック船長とサントフォールト航海士が、平戸藩松浦鎮信の支援を得てオランダ総督への親書を携えて日本を離れ、1605年12月、オランダ商館が設立されていたマレー半島パタニに辿り着いた。しかしクワッケルナック船長はその後死亡、サントフォールト航海士は日本に戻り貿易で活躍した。日本に留まった乗組員の多くは住居を与えられ日本人女性と結婚したりして定住したため、結局リーフデ号の乗組員で帰国した者は誰もいなかった。

 
エラスムス像、龍江院所蔵

なお、リーフデ号そのものは現存しないが、リーフデ号の船尾に飾られていたというエラスムスの木像が現存している。旗本牧野成里の領地であった栃木県佐野市上羽田の龍江院が所蔵している。龍江院ではこの像を船を発明したという伝説を持つ貨狄(かてき)の像(別名「貨狄尊者」、「貨狄観音」)として祀った。このエラスムス像は昭和5年(1930年)に国の重要文化財に指定され、東京国立博物館に寄託されている。高さ105cm、あるいは3尺4寸5分。頭にかぶり物をし、右手には巻物を持つ。巻物の第1行には「ER(AS)MVS」、第2行には「R(OT)TE(RDA)M1598」とある。体内には空洞があり、直径は下部で2寸4分、上部で1寸8分。その空洞を通じて背面から前面に通じる孔穴が中央および下端の2箇所にある。

 
ハウステンボスにて復元展示されているリーフデ号のレプリカ

長崎県テーマパークハウステンボス」にはオランダの造船所で復元されたリーフデ号が展示されている[2]

東京都千代田区丸の内2丁目所在の丸の内ビルディング南側には、昭和55年(1980年)、オランダのドリース・ファン・アフト首相が来日した際にオランダ政府から寄贈された「デ・リーフデ号」像がある。

1998年日蘭協会の一分科会として、日本に駐在するオランダ婦人と日本婦人との親睦を図ることを目的とする会が発足し、リーフデ号に因んで当時の駐日オランダ大使夫人によって「デ・リーフデ会」と命名された[3]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集