リーミントン (競走馬)

競走馬

リーミントン (Leamington) はイギリス競走馬。のちにアメリカ合衆国種牡馬として成功した。

リーミントン
Leamingtonwoodcutwallaces.jpg
欧字表記 Leamington
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 1853年
死没 1878年5月6日
フォアバラー (Faugh-a-Ballagh)
パンタルーンメア (Pantaloon Mare)
母の父 パンタルーン (Pantaloon)
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Mr. Halford
馬主 Mr. Higgins
競走成績
生涯成績 不明
テンプレートを表示

経歴編集

イギリスで2 - 7歳の間走り、チェスターカップ(1857年1859年の2回)、スチュワードカップ、グッドウッドステークスに勝った。その後種牡馬となり、しばらくはイギリスで供用されていたが、1866年に1,575ポンドでアメリカ合衆国へと輸出された。

このアメリカでの種牡馬生活は大いに成功し、1875年レキシントンを破りアメリカチャンピオンサイアーを獲得した。また、1877・1879・1881年にも獲得し、通算で4度のチャンピオンサイアーになっている。産駒には、イロコイロングフェローなどがいる。とくにイロコイは北アメリカ産馬としてはじめてイギリスのダービーに勝ったことで有名である。1878年5月6日に25歳で死亡した。

主な産駒編集

血統表編集

リーミントン血統(ポテイトーズ系(エクリプス系) / Alexander 5x5=6.25%、Woodpecker 5x5=6.25%、Bagot 父内5x5=6.25%) (血統表の出典)

Faugh-a-ballagh
1841 青鹿毛 アイルランド
父の父
Sir Hercules
1826 青毛 アイルランド
Whalebone Waxy
Penelope
Peri Wanderer
Thalestris
父の母
Guiccioli
1823 栗毛 アイルランド
Bob Booty Chanticleer
Ierne
Flight Escape
Y Heroine

Pantaloon Mare
19841 鹿毛 イギリス
Pantaloon
1824 栗毛 イギリス
Castrel Buzzard
Alexander Mare
Idalia Peruvian
Musidora
母の母
Daphne
1837 青鹿毛 イギリス
Laurel Blacklock
Wagtail
Maid of Honor Champion
Etiquette F-No.14


外部リンク編集