リー・ジャクソン

イギリスのベーシスト兼ボーカリスト

リー・ジャクソン (Lee Jackson1943年1月8日 - )は、イギリスのベーシスト兼ボーカリスト。

リー・ジャクソン
Lee Jackson
Leejackson.jpg
リー・ジャクソン(2002年)
基本情報
出生名 Keith Anthony Joseph Jackson
生誕 (1943-01-08) 1943年1月8日(78歳)[要説明]
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル プログレッシブ・ロック
ブルース
ブギー
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器 ベース、ボーカル
活動期間 1960年代 -
共同作業者 ナイス
ジャクソン・ハイツ
レフュジー

略歴編集

リー・ジャクソンが最初に組んだバンドは「ザ・ヴァンダイクス・アンド・ジ・インベーダーズ (The Vondykes and the Invaders)」で、やがて「ゲイリー・ファー&T・ボーンズ」に加入。ここでキース・エマーソンと知り合うが、エマーソンは「ヴィップス (The V.I.P.'s)」へ移籍してしまう。

1966年、エマーソンが歌手、P.P.アーノルド邸での会話で彼女のバックバンドを組むことを約束。「Tボーンズ」が解散し仕事のなかったリー・ジャクソンを呼び寄せた。この時、アーノルドの提案で「ナイス」というバックバンド名が決められた。

ミック・ジャガーがプロデュースしたP.P.アーノルドのデビュー・アルバムのレコーディングに参加し、アーノルドのショーでもバックバンドを務めた。

1966年12月、アーノルドがバンドから離れると、キース・エマーソンとともに単体の「ナイス」としての活動を開始。ナイスは過激なライブ・パフォーマンスで次第に知名度を上げていき、5枚のアルバムを残した。

ナイスは、1970年4月に解散。同年、ジャクソンを中心に「ジャクソン・ハイツ」を結成。客演にマイケル・ジャイルズイアン・ウォーレスらを加えながら、4枚のアルバムを制作。一部レコーディングには、旧友のキース・エマーソンもモーグ・シンセサイザーの貸し出し、音色設定で協力していた。

1973年、キース・エマーソンにパトリック・モラーツが「元ナイスの2人を紹介して欲しい」と要望。紹介を受けて元ナイスの2人、ジャクソンとブライアン・デヴィソンは、モラーツと共にレフュジーを結成。しかし、翌1974年、リック・ウェイクマンの後任としてパトリック・モラーツがイエスに加入するため脱退し、レフュジーは解散。「(モラーツは)2人を踏み台に利用した」とエマーソンは自伝[要出典]で批判的にこの件を書いている。

その後、ジャズ・ロック・バンド、「ザ・ジンジャー・ピッグ」などを経た後、英国で「リー・ジャクソンズ・バーキング・スパイダース」で活動。また、ビートルズトリビュート・バンド、「アクリントン・スタンリー」でも活動している。

ディスコグラフィ編集

ナイス編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ナイスの思想』 - The Thoughts of Emerlist Davjack (1967年)
  • 『少年易老学難成』 - Ars Longa Vita Brevis (1968年)
  • 『ジャズ+クラシック/ロック=ナイス』 - Nice / Everything As Nice As Mother Makes It (1969年)
  • 『ファイヴ・ブリッジズ』 - Five Bridges (1970年) ※旧邦題『フェアウェル・ザ・ナイス - 組曲「五つの橋」』

ライブ・アルバム編集

  • 『エレジー』 - Elegy (1971年) ※旧邦題『エレジー ザ・ナイス・ラスト・アルバム』
  • America – The BBC Sessions (1996年)
  • The Swedish Radio Sessions (2001年) ※1967年後半のライブ
  • 『BBCセッションズ』 - BBC Sessions (2002年)
  • 『ヴィヴァシタス - ライヴ・アット・グラスゴー 2002』 - Vivacitas (2003年) ※キース・エマーソン&ザ・ナイス名義
  • 『フィルモア・イースト 1969』 - Live at the Fillmore East December 1969 (2009年)

ジャクソン・ハイツ編集

  • 『キング・プログレス』 - King Progress (1970年)
  • 『フィフス・アヴェニュー・バス』 - The Fifth Avenue Bus (1972年)
  • 『ラガマフィンズ・フール』 - Ragamuffins Fool (1972年) ※旧邦題『ジャクソン・ハイツ・II』
  • 『バンプ・ン・グラインド』 - Bump n' Grind (1973年)

レフュジー編集

  • 『レフュジー』 - Refugee (1974年)
  • 『ライヴ・イン・コンサート:ニューキャッスル・シティ・ホール1974』 - Live in Concert Newcastle City Hall 1974 (2007年)

外部リンク編集