メインメニューを開く

リー・トレビノLee Trevino1939年12月1日 - )はアメリカ合衆国のプロゴルファーメキシコ系アメリカ人の象徴的存在であり、しばしば「スーパーメックス」、「メリー・メックス」と呼ばれている[1]

No image.svg リー・トレビノ Golf pictogram.svg
Lee Trevino
Lee Trevino.jpg
基本情報
名前 リー・トレビノ
生年月日 (1939-12-01) 1939年12月1日(79歳)
身長 170 cm (5 ft 7 in)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
経歴
プロ転向 1960年
成績
優勝回数 メジャー:6勝
PGAツアー:29勝
その他:60勝
初優勝 PGAツアー初優勝は1968年全米オープン
賞金王 1970年
賞金ランク最高位 PGAツアー・1位(1970年)
殿堂表彰者
選出年 1981年
テンプレートを表示

生い立ち編集

トレビノはテキサス州ダラスでメキシコ人の血をひく家庭に生まれた。彼は母親のフアニータ・トレビノと墓掘り人であった祖父のジョー・トレビノに育てられた。幼い頃に家を去った父ジョセフ・トレビノの記憶は全くなかった。幼児期の生活は、学校にはほとんど通わず、家族のために働いて金を稼ぐ事から成り立っていた。5歳の時から綿農場で働き始めている[2]

叔父が1本の古いゴルフクラブと幾つかのボールを与えてくれたことがゴルフを始めるきっかけとなった。その後近くのカントリークラブに忍び込んではプレーする事に自由時間を費やようになり、ダラス・アスレチック・クラブのキャディを始め、すぐに専任でキャディとして勤めるようになった。トレビノは働くために14歳で学校を辞めた。彼はキャディと靴磨きの仕事で週30ドルを稼いだ。キャディ小屋の裏側に3つのショートホールがあり、ここでゴルフの練習ができたので、毎日仕事の後に少なくとも300球のボールを打っていた。しばしば強い風が吹き、また芝の植生が薄いか、あるいは全くないような裸地(ベアグラウンド)から打っていたことが、独特な(多くの人が変則的と評する)コンパクトスイングを形作ったと言われる。様々なショットのレパートリーを持つが、極めつけはコントロールの効いたフェードボールであり、こんにちにおいても最良のショットメーカーであったと認識されている。

17歳の時にアメリカ海兵隊に入隊し4年間務め、1960年12月に第3海兵師団を除隊。彼の軍隊生活は海兵隊士官とのゴルフに費やされた。トレビノはゴルフのパートナーを務める事が、上等兵への昇進の助けになったと主張している。アジア地域での全軍ゴルフ競技でも好成績を残した。このときのライバルの一人だったオービル・ムーディーもトレビノの後を追うように1960年代後半にPGAツアー入りしている。

プロ転向後編集

退役の後、トレビノはテキサス州エルパソのクラブ専属プロになった。彼は一対一の賭けゴルフで臨時収入を得ていた。1967年からPGAツアーに参戦。2回目の全米オープン(1967年)出場で、優勝したジャック・ニクラスに8ストローク及ばないトータル283でまわり、5位でフィニッシュして6000ドルを稼いだ。ルーキーイヤーに26,472ドルを獲得し、PGAツアー年間賞金ランキング45位にくい込み、ゴルフダイジェスト (Golf Digest) によりルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

ツアー参戦2年目の翌1968年、ニューヨーク州ロチェスターのオーク・ヒル・カントリークラブで開催された全米オープンで勝利を収めた。トレビノはPGAツアーで6度のメジャー大会優勝を含む通算29勝をあげた。最も好調だったのは1970年代で、ジャック・ニクラスの最大のライバルであった。1970年に賞金王となり、1971年と1972年の2年間で10勝をあげた。この中にはニクラスを18ホールプレーオフの末に下した、1971年の全米オープン優勝が含まれている。この2週間後にカナディアン・オープンで優勝し、更に翌週には全英オープンでも優勝している。1971年、トッププロスポーツマンとしてヒコック・ベルト(Hickok Belt - 1950年から1976年まで年間最優秀プロスポーツ選手に与えられた記念品のベルト)を授与された。またスポーツ・イラストレイテッド誌のスポーツマン・オブ・ザ・イヤー、ABC「ワイド・ワールド・オブ・スポーツ」のスポーツ・アスリート・オブ・ザ・イヤーの称号も獲得した。

1975年のウェスタン・オープンが天候不良で中断されていた時、グリーン脇でキャディバッグに寄り掛かってくつろいでいた彼は、落雷を受けて脊柱を損傷した。トレビノは怪我を負った背骨の椎間板の手術を受けたが、背中のトラブルは彼のプレーを妨げ続けた。それにもかかわらず、1980年のマーク・マコーマックのワールドゴルフランキング(現在のものとは異なる)ではトム・ワトソンに次いで2位にランクされ、1984年の全米プロゴルフ選手権で44歳にしてメジャー6勝目を飾った。

トレビノは20以上の国際大会や非公式のプロトーナメントで優勝した。彼はシニアPGAツアー(現在のチャンピオンズツアー)の初期の成功に尽力した、カリスマ的なスタープレーヤーの1人で、メジャー大会4勝を含む29勝をあげた。1990年と1992年にはシニアの賞金王になった。

1983年から1989年までNBCテレビのPGAツアー中継番組で解説者を務めた。

トレビノとマスターズ編集

1989年、トレビノが49歳でのマスターズでは初日を5アンダーの67で回り、単一ラウンド終了時点での最年長トーナメントリーダーとなった。20年前、1969年のマスターズ終了後、「マスターズのことは言わないでくれ。もう二度とあそこではプレーしない。招待するのは勝手だが俺は行かないよ。あのコースは俺には向いていないのだ」と話した[3]。トレビノにとってオーガスタナショナルというクラブの雰囲気は居心地が悪く、また、ショットが左から右に曲がるフェード系を持ち球とするトレビノにはコースレイアウト自体が不向きなのだと談話した[4]

1970年、1971年、そして再び1974年には招待されたが辞退した。直前の2回を辞退した1972年、オーガスタナショナルのクラブハウスのロッカールーム施設を使うより自分のクルマのトランクにシューズや道具類を入れた方がましと考え、駐車場でシューズを履き替えた。もし彼が招待選手でなかったら、ロッカーからコースに出るのに厨房を通っていかなければならないという決まりがあることに我慢がならなかった。後年になりマスターズをボイコットしたことに関して、「あれは生涯最大のミスだった」、「オーガスタナショナルは世界で8番目に素晴らしい場所だ」、というまでになった[5]

初日を67で回った1989年のマスターズでは、最終的には 18位タイとなった。マスターズでの最高順位は 10位タイが 2回(1975年と1985年)となっている。

プレースタイル編集

彼自身の解説によれば、彼のスタイルはアウト・トゥ・インのスイングから繰り出されるフェードボール(右打ちであれば軽く右にスライスする球筋)が特徴であり、これは慢性のフック(右打ちであれば左にそれていく球筋)病を克服するために考案された。これにより多くの感動的なショットと紙一重の勝利を生み出してきた。

業績・栄誉編集

  • テキサス州エルパソには彼の名が付けられた街路がある。
  • 1969年・1971年・1973年・1975年・1979年・1981年の6回ライダーカップのアメリカ合衆国代表選手となり、17勝7敗6分けという目覚しい記録を残した。1985年にはチームキャプテンを務めた。
  • 年間最少平均ストロークの選手に与えられるバードン・トロフィーを1970年・1971年・1972年・1974年・1980年の5回獲得している。
  • メキシコ系アメリカ人のために多くの奨学金やその他の資金援助を確立した。
  • 自叙伝『トレビノの破天荒ゴルフ人生』(They Call Me Super Mex) を共同執筆した。
  • 1981年世界ゴルフ殿堂入り。
  • 2000年、ゴルフダイジェスト (Golf Digest) 誌による古今の偉大なゴルファーの14番目にランクされた[6]

人物像・特記事項編集

キャリア全般を通して彼は近づきやすくまたユーモラスで、報道陣からは頻繁に取材を受けた。晩年、「1967年のツアーにも出場していたが、そのときは冗談を言っても誰も笑わなかったのに、翌年に全米オープンで優勝したときに同じジョークを言ったらみんなが馬鹿笑いしたんだ」と語っている[7]

1971年の全米オープンはジャック・ニクラスとのプレーオフになったが、そのプレーオフのティーオフ前に、ゴムでできた蛇のオモチャをニクラスに投げつけた。これは彼の娘がジョークでバッグの中に入れておいたもので、後日ニクラスが明らかにしたところでは、その蛇を見つけたニクラスが、「よく見たいから放ってくれ」とトレビノに頼んだのだという。トレビノはゴムの蛇を掴み、わざとらしい動作でニクラスに向かってトスした。付近にいた女性が悲鳴を上げ、ニクラスは大笑いした。プレーオフはトレビノが 3 ストローク差の 68 でニクラスに勝利した[8]

あるトーナメントでトニージャクリンと一緒に回ることになったが、ジャクリンが「リー、今日は話をしたくない」と告げた。トレビノは「俺もあんたに話して欲しくない。聞いていてくれればいいのさ」と返した[9]

1975年のウェスタンオープン(イリノイ州シカゴ)で落雷事故に遭った後、この先コース上で嵐に遭ったらどうしますか、と質問されこう答えた、「1番アイアンを取り出して天に向けてかざすのさ。神様でも1番アイアンを打(撃)つのは難しいだろうからね」。だが後年、デイビッド・ファハティーとのインタビューでこうも語っている。事故の1週間前(全米オープン、同じくシカゴで行われた)に雷で試合が中断して回復待ちをしていた時、周囲の観客を喜ばそうとして「神様なら打てる、と言いながら1番アイアンを天に向けて振り上げたんだ[10]。聞いていたみんなは喜んだ。そうしたら翌週本当に神様は実行した。だからあの事故は自業自得なんだ」。

またこうも語っている。「私は雷に打たれるという経験をし、4年間海兵隊にもいた。世界中を旅して、君が想像でき得るあらゆる場所に行った。もう奥さん以外恐いものは何一つ無いよ。[11]

トレビノは1996年のコメディ映画『俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル』(Happy Gilmore)カメオ出演している[12]

戦績編集

PGAツアーの優勝歴(通算29勝)編集

No. 日付 トーナメント スコア ストローク差 2位の選手
1 1968年6月16日 全米オープン -5 (69-68-69-69=275) 4打差   ジャック・ニクラス
2 1968年11月10日 ハワイアン・オープン -16 (68-71-65-68=272) 2打差   ジョージ・アーチャー
3 1969年2月23日 Tucson Open Invitational -17 (67-70-68-66=271) 7打差   ミラー・バーバー
4 1970年2月15日 Tucson Open Invitational -13 (66-68-72-69=275) プレーオフ   en:Bob Murphy
5 1970年3月29日 en:National Airlines Open Invitational -14 (69-66-68-71=274) プレーオフ   en:Bob Menne
6 1971年4月25日 Tallahassee Open Invitational -15 (69-67-69-68=273) 3打差   en:Jim Wiechers
7 1971年3月30日 Danny Thomas Memphis Classic -12 (66-66-69-67=268) 4打差   リー・エルダー
  ヘール・アーウィン
  Randy Wolff
8 1971年6月21日 全米オープン イーブン (70-72-69-69=280) プレーオフ   ジャック・ニクラス
9 1971年7月4日 カナディアン・オープン -18 (73-68-67-67=275) プレーオフ   アート・ウォール・ジュニア
10 1971年7月10日 全英オープン -14 (69-70-69-70=278) 1打差   呂良煥
11 1971年10月31日 en:Sahara Invitational -8 (69-72-73-66=280) 1打差   ジョージ・アーチャー
12 1972年5月21日 Danny Thomas Memphis Classic +1 (70-72-72-67=281) 4打差   en:John Mahaffey
13 1972年7月15日 全英オープン -6 (71-70-66-71=278) 1打差   ジャック・ニクラス
14 1972年9月4日 Greater Hartford Open Invitational -15 (64-68-72-65=269) プレーオフ   リー・エルダー
15 1972年9月17日 en:Greater St. Louis Golf Classic -11 (65-68-66-70=269) 1打差   en:Deane Beman
16 1973年2月25日 Jackie Gleason Inverrary-
National Airlines Classic
-9 (69-69-69-72=279) 1打差   en:Forrest Fezler
17 1973年3月11日 Doral-Eastern Open -12 (64-70-71-71=276) 1打差   ブルーズ・クランプトン
  en:Tom Weiskopf
18 1974年3月31日 Greater New Orleans Open -21 (67-68-67-65=267) 8打差   ボビー・コール、
  ベン・クレンショー
19 1974年8月11日 全米プロゴルフ選手権 -4 (73-66-68-69=276) 1打差   ジャック・ニクラス
20 1975年3月9日 Florida Citrus Open -12 (69-66-70-71=276) 1打差   ヘール・アーウィン
21 1976年3月16日 Colonial National Invitation -7 (68-64-68-73=273) 1打差   en:Mike Morley
22 1977年7月24日 カナディアン・オープン -8 (67-68-71-74=280) 4打差   en:Peter Oosterhuis
23 1978年5月14日 Colonial National Invitation -12 (66-68-68-66=268) 4打差   en:Jerry Heard
  en:Jerry Pate
24 1979年6月24日 カナディアン・オープン -7 (67-71-72-71=281) 3打差   ベン・クレンショー
25 1980年3月23日 トーナメント・プレーヤーズ・チャンピオンシップ -10 (68-72-68-70=278) 1打差   ベン・クレンショー
26 1980年6月29日 Danny Thomas Memphis Classic -16 (67-68-68-69=272) 1打差   en:Tom Purtzer
27 1980年9月21日 San Antonio Texas Open -15 (66-67-67-65=265) 1打差   en:Terry Diehl
28 1981年4月19日 MONY Tournament of Champions -15 (67-67-70-69=273) 2打差   en:Raymond Floyd
29 1984年8月19日 全米プロゴルフ選手権 -15 (69-68-67-69=273) 4打差   ゲーリー・プレーヤー
  ラニー・ワドキンス

※ジャック・ニクラスを18ホールのプレーオフの末に下した。スコアはトレビノが68、ニクラスが71であった。

その他の優勝(21勝)編集

チャンピオンズツアーの優勝(29勝)編集

太字はメジャー大会

その他のシニア大会優勝(10勝)編集

  • 1991年 en:Liberty Mutual Legends of Golfen:Mike Hillと共に)
  • 1992年 Mitsukoshi Classic、Liberty Mutual Legends of Golf(Mike Hillと共に)
  • 1993年 American Express Grandslam
  • 1994年 American Express Grandslam
  • 1995年 Liberty Mutual Legends of Golf(Mike Hillと共に)
  • 1996年 Liberty Mutual Legends of Golf(Mike Hillと共に)、Australian PGA Seniors' Championship
  • 2000年 Liberty Mutual Legends of Golf - Legendary Division(Mike Hillと共に)
  • 2003年 en:ConAgra Foods Champions Skins Game

PGAメジャー大会の成績編集

トーナメント 1966 1967 1968 1969
マスターズ DNP DNP T40 T19
全米オープン T54 5 1 CUT
全英オープン DNP DNP DNP T34
全米プロ DNP DNP T23 T48
トーナメント 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979
マスターズ DNP DNP T33 T43 DNP T10 T28 DNP T14 T12
全米オープン T8 1 T4 T4 CUT T29 DNP T27 T12 T19
全英オープン T3 1 1 T10 T31 T40 DNP 4 T29 T17
全米プロ T26 T13 T11 T18 1 T60 CUT T13 T7 T35
トーナメント 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989
マスターズ T26 CUT T38 T20 43 T10 47 CUT CUT T18
全米オープン T12 CUT CUT DNP T9 CUT T4 CUT T40 CUT
全英オープン 2 T11 T27 5 T14 T20 T59 T17 CUT T42
全米プロ 7 DNP DNP T14 1 2 T11 DNP CUT CUT
トーナメント 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
マスターズ T24 T49 DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP
全米オープン DNP CUT DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP
全英オープン T25 T17 T39 DNP CUT CUT DNP DNP DNP DNP CUT
全米プロ CUT DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP

DNP = 出場せず
CUT = 予選落ち
"T" = 複数の選手と順位を分け合った(タイ)
グリーン地は優勝、黄色地はトップ10入りを表している。

参考文献編集

  • Hoobler, Dorothy and Thomas (1994-12-15) (英語). The Mexican American Family Album. オックスフォード大学出版局. ISBN 978-0195094596. 
  • Trevino, Lee; Blair, Sam (1982-12) (英語). They Call Me Super Mex. Random House Inc. ISBN 978-0394523361. 

脚注編集

  1. ^ LEE TREVINO” (英語). Golflegends.org. 2012年2月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月20日閲覧。
  2. ^ Lee Trevino: Golf” (英語). Lycos.com. 2009年6月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月20日閲覧。
  3. ^ White Jr., Gordon (1989年4月7日). “Wind forces high scores in first round of Masters”. Herald-Journal. https://news.google.com/newspapers?nid=1876&dat=19890407&id=1kwsAAAAIBAJ&sjid=Vs4EAAAAIBAJ&pg=6116,2615881 2013年7月16日閲覧。 
  4. ^ White Jr., Gordon (1989年4月7日). “Trevino, at the Age of 49, Shoots 67 to Lead the Masters”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1989/04/07/sports/trevino-at-the-age-of-49-shoots-67-to-lead-the-masters.html 2013年7月16日閲覧。 
  5. ^ Downey, Mike (1989年4月7日). “Like It or Not, Lee Trevino Is Master of the Masters for a Day”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1989-04-07/sports/sp-1177_1_lee-trevino 2013年7月16日閲覧。 
  6. ^ Yocom, Guy (2000年7月). “50 Greatest Golfers of All Time: And What They Taught Us” (英語). en:Golf Digest. pp. pp. 17-18. 2012年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月20日閲覧。
  7. ^ Apfelbaum, Jim, ed (2007). The Gigantic Book of Golf Quotations. Skyhorse Publishing. ISBN 978-1-60239-014-0. 
  8. ^ Memorable Video Vignettes – 1971”. USGA. 2014年1月15日閲覧。
  9. ^ Carter, Bob. “"Merry Mex" was golf's showman”. ESPN. http://espn.go.com/classic/biography/s/Trevino_Lee.html 2013年8月4日閲覧。 
  10. ^ トレビノはロングアイアンを苦手としており、観客もそれを承知していた
  11. ^ Brent Kelley. “Lee Trevino” (英語). About.com. 2010年4月20日閲覧。
  12. ^ Happy Gilmore - インターネット・ムービー・データベース(英語) 2010-4-20 閲覧。

外部リンク編集