メインメニューを開く

ルイス・アーマンド・アビランLuis Armando Avilán, 1989年7月19日 - )は、ベネズエラミランダ州カラカス出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBニューヨーク・メッツ所属。

ルイス・アビラン
Luis Avilán
ニューヨーク・メッツ #43
Luis Avilán on the bullpen bench, March 3, 2019.jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2019年3月3日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 首都地区ミランダ州カラカス
生年月日 (1989-07-19) 1989年7月19日(29歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 アマチュアFA
初出場 2012年7月14日
年俸 $491,250(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称はアビAvi[2]

目次

経歴編集

プロ入りとブレーブス時代編集

2005年アトランタ・ブレーブスと契約してプロ入り。

2012年はAA級ミシシッピ・ブレーブスで先発を務めていたが、7月5日に故障者リスト入りしたジョニー・ベンタースに代わる左のリリーバーとしてメジャーに昇格[3]7月14日ニューヨーク・メッツ戦で2番手として登板し、メジャーデビューを果たした[4]

2013年は75試合のリリーフ登板で5勝0敗、防御率1.52、WHIP0.95と大車輪の活躍ぶりを見せた。

2014年2月25日にブレーブスと1年契約に合意した[5]。この年は62試合にリリーフ登板して勝ち運に恵まれ、4勝を挙げたが、防御率4.57、WHIP1.57とやや打ち込まれ気味で、前年のような結果は残せなかった。

2015年は、シーズン途中の時点で50試合にリリーフ登板し、2勝4敗、防御率3.58、WHIP1.20と、復調のピッチングを見せていた。

ドジャース時代編集

2015年7月30日にヘクター・オリベラパコ・ロドリゲスザック・バードとのトレードで、アレックス・ウッドジム・ジョンソンブロンソン・アローヨホセ・ペラザと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[6][7]。ドジャース加入後は23試合に登板したが、0勝1敗、防御率5.17を記録した。同年の2球団合計の成績は、73試合の登板で2勝5敗ー防御率4.05、WHIP1.18というものだった。

2016年はメジャーでの出番が減少し、27試合・19.2イニングのリリーフ登板で防御率3.20だった。しかし、本塁打を1本も許さず、またハイペースで三振を奪って奪三振率12.8をマーク、負けなしで3勝を挙げる等、登場すれば好投した。ちなみに、マイナーのAAA級オクラホマシティ・ドジャースでは、33試合のリリーフ登板で防御率4.24・3敗4セーブ・WHIP1.50・奪三振率9.8を記録、イマイチのピッチングだった。

2017年は61試合に登板して2勝3敗、防御率2.93、52奪三振を記録した。

ホワイトソックス時代編集

2018年1月4日にドジャース、シカゴ・ホワイトソックスカンザスシティ・ロイヤルズ間の三角トレードで、ホワイトソックスへ移籍した[8]

フィリーズ時代編集

2018年8月22日にフェリックス・ポーリーノとのトレードで、フィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[9]。オフの11月30日にノンテンダーFAとなった[10]

メッツ時代編集

2019年1月10日にメッツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[11]。3月28日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[12]

投球スタイル編集

90~95mphの2種類の速球フォーシームツーシーム)がメインで、特にツーシームを投げる割合が高い。変化球は左打者には73~78mphのカーブ、右打者には80~84mphのチェンジアップを決め球に用いる[13]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2012 ATL 31 0 0 0 0 1 0 0 5 1.000 142 36.0 27 1 10 1 1 33 3 1 9 8 2.00 1.03
2013 75 0 0 0 0 5 0 0 27 1.000 256 65.0 40 1 22 2 4 38 3 1 12 11 1.52 0.95
2014 62 0 0 0 0 4 1 0 8 .800 193 43.1 47 2 21 7 3 25 5 0 22 22 4.57 1.57
2015 50 0 0 0 0 2 4 0 11 .333 154 37.2 35 4 10 2 0 31 1 1 15 15 3.58 1.19
LAD 23 0 0 0 0 0 1 0 6 .000 66 15.2 13 2 5 0 1 18 1 0 9 9 5.17 1.15
'15計 73 0 0 0 0 2 5 0 17 .286 220 53.1 48 6 15 2 1 49 2 1 24 24 4.05 1.18
2016 27 0 0 0 0 3 0 0 3 1.000 82 19.2 12 0 10 4 2 28 1 0 8 7 3.20 1.12
2017 61 0 0 0 0 2 3 0 13 .400 194 46.0 42 2 22 3 1 52 1 0 16 15 2.93 1.39
2018 CWS 58 0 0 0 0 2 1 2 9 .667 172 39.2 40 2 14 2 2 46 2 0 20 17 3.86 1.36
PHI 12 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 5.2 4 1 4 1 0 5 0 0 2 2 3.18 1.41
'18計 70 0 0 0 0 2 1 2 9 .667 197 45.1 44 3 18 3 2 51 2 0 22 19 3.77 1.37
MLB:7年 399 0 0 0 0 19 10 2 82 .655 1284 308.2 260 15 118 22 14 276 17 3 113 106 3.09 1.22
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 43(2012年 - 2017年、2019年 - )
  • 70(2018年)

脚注編集

  1. ^ Luis Avilan Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2014年1月5日閲覧。
  2. ^ Dodgers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  3. ^ Braves put LHP Venters on DL” (英語). FOX SPORTS. 2013年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月31日閲覧。
  4. ^ New York Mets at Atlanta Braves Box Score, July 14, 2012” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年4月6日閲覧。
  5. ^ Atlanta Braves agree to terms with 19 players” (英語). MLB.com Braves Press Release (2014年2月25日). 2014年2月26日閲覧。
  6. ^ ドジャース、3球団13選手が絡む超大型トレードで補強に成功!”. ISM (2015年7月31日). 2015年8月6日閲覧。
  7. ^ Ken Gurnick (2015年7月30日). “LA deals for Braves' Wood, Marlins' Latos” (英語). MLB.com. 2015年7月31日閲覧。
  8. ^ Eric Stephen (2018年1月4日). “Dodgers acquire Scott Alexander in 3-team, 5-player trade” (英語). SB Nation. 2018年1月5日閲覧。
  9. ^ Phils acquire reliever Luis Avilan from White Sox” (英語). MLB.com (2018年8月22日). 2018年8月22日閲覧。
  10. ^ Todd Zolecki (2018年11月30日). “Bour, Avilan non-tendered, become free agents” (英語). MLB.com. 2019年2月6日閲覧。
  11. ^ Mark Bowman (2019年1月10日). “Mets sign reliever Avilan to Minors deal” (英語). MLB.com. 2019年2月6日閲覧。
  12. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年4月9日閲覧。
  13. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Luis Avilán” (英語). 2015年7月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集