ルイス・オルティス (ボクサー)

キューバのボクサー

ルイス・オルティスLuis Ortiz、男性、1979年3月29日 - )は、キューバプロボクサーカマグエイ出身。元WBA世界ヘビー級暫定王者。トレーナーはダイノー・スペンサー。31歳でプロデビューをした異例の遅咲き選手。勝利後にリング上でゴリラのように胸を叩くパフォーマンスを行っている。

ルイス・オルティス
基本情報
通称 The real King Kong(リアル・キング・コング)
El Mercedes
階級 ヘビー級
身長 193cm
リーチ 213cm
国籍  キューバ
誕生日 (1979-03-29) 1979年3月29日(38歳)
出身地 カマグエイ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 27
KO勝ち 23
敗け 0
無効試合 2
テンプレートを表示

目次

来歴編集

アマチュア時代編集

2005年11月、中華人民共和国綿陽市で開催された世界ボクシング選手権ヘビー級(91kg)で出場し、準々決勝で敗退した[1]

アマチュア時代の戦績は343勝19敗。

プロ時代編集

2010年2月16日、フロリダ州ハリウッドセミノール・ハードロック・ホテル・アンド・カジノ・ハリウッド内ハードロック・ライブでデビュー戦を行い、初回1分18秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2010年8月24日、フロリダ州ハリウッドのセミノール・ハードロック・ホテル・アンド・カジノ・ハリウッド内ハードロック・ライブでケンドリック・レルフォードとFECARBOXヘビー級王座決定戦を行い、8回3-0(80-72、2者が79-72)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年6月17日、パナマパナマシティアレナ・ロベルト・デュランでオルティスが持つタイトルとWBAフェデラテンヘビー級王座決定戦としてルイス・アンドレス・ピネダと対戦し、6回1分43秒KO勝ちを収め、FECARBOX王座の初防衛、WBAフェデラテン王座獲得に成功した。

2012年2月10日、フロリダ州パームベイのパームベイ・コミュニティ・センターでエピファニオ・メンドーサとWBOラテンアメリカ並びにWBCラテンアメリカヘビー級王座決定戦を行い、7回1分7秒、メンドーサの故意のローブローによる失格勝ちを収めWBOラテンアメリカ王座獲得、WBCラテンアメリカ王座獲得に成功した。

2014年9月11日、ラスベガスハードロック・ホテル・アンド・カジノザ・ジョイントでWBA世界ヘビー級5位のラティーフ・カヨデとWBA世界ヘビー級暫定王座決定戦を行い、初回2分55秒TKO勝ちを収め2004年2月20日にロイ・ジョーンズ・ジュニアライトヘビー級への再転向に伴い正規王座に認定されたジョン・ルイス以来10年間空位だった王座の獲得に成功した[2]

2014年10月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のカヨデ戦で暫定王座の獲得に成功したオルティスをWBA世界ヘビー級1位にランクインした[3]

2014年10月22日、上述のカヨデ戦の試合前に行われたNSACによる薬物検査でオルティスから違反薬物のナンドロロンが検出された為、NSACはオルティスに一時的ながら出場停止処分を科すことを決定した。これを受けてオルティス陣営は再検査と公聴会を行うよう主張した。公聴会が開かれればオルティスは8万ドルの報酬の全額没収と1年間の出場停止処分になるかもしれないとのこと[4][5]

2015年1月12日、NSACによる薬物検査で違反薬物のナンドロロンが検出された件で、オルティスからのWBA世界ヘビー級暫定王座の剥奪とカヨデ戦を無効試合にすることが決定した。オルティスは2014年9月11日から8ヵ月の出場停止と報酬の10%にあたる8000ドルの罰金並びにNSACへの薬物検査代450ドルの支払いが命じられた[6]

2015年1月17日、カヨデ戦が無効試合になったことでオルティスのWBA世界ヘビー級暫定王座獲得も無効となった為、WBAは2014年12月度のランキングからWBA世界ヘビー級1位を空位とし、違反薬物が検出されたオルティスをWBA世界ヘビー級ランキングから除外したランキング表を発表した[7]

2015年2月15日、WBAがオルティスのWBA世界ヘビー級暫定王座を剥奪した事を公式に発表した[8]

2015年10月8日、WBAは最新ランキングを発表し、オルティスをWBA世界ヘビー級8位にランクインした[9]

2015年10月13日、WBAはWBA世界ヘビー級8位のルイス・オルティスとWBA世界ヘビー級15位のマティアス・アリエル・ビドンドとの間でWBA世界ヘビー級暫定王座決定戦を行うよう指令を出した[10]

2015年10月17日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンでゲンナジー・ゴロフキンVSデイビッド・レミューの前座でWBA世界ヘビー級15位のマティアス・アリエル・ビドンド(アルゼンチン)とWBA世界ヘビー級暫定王座決定戦を行い、3回17秒KO勝ちを収め、上述のカヨデ戦で違反薬物のナンドロロンが検出された件で1度は王座戴冠が無効となるも再度巡ってきたチャンスで11年間空位だった王座の獲得に成功し、ビドンドの南米初の世界ヘビー級王座戴冠を阻止した[11]

2015年11月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のビドンド戦に勝利し王座を獲得したオルティスをWBA世界ヘビー級暫定王者としてWBA世界ヘビー級1位にランクインした[12]

2015年12月19日、ニューヨーク州ヴェローナターニング・ストーン・リゾート・アンド・カジノ内ターニング・ストーン・イベント・センターでWBA世界ヘビー級6位のブライアント・ジェニングスと対戦し、ジェニングスの長いリーチにやりにくそうだったが、7回に左アッパーでダウンを奪い最後は右ストレートでジェニングスが足に力が入らずふらついてストップ。7回2分41秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[13][14]

2016年1月8日、WBAがWBA世界ヘビー級7位のアレクサンダー・ウスティノフと指名試合を行うよう指令を出した[15]

2016年3月5日、ワシントンD.C.DCアーモリートニー・トンプソンと対戦し2度目の防衛を目指す予定だったが[16]、トンプソンが直近の試合で負けが多くノーランカーだった為ヘビー級契約のノンタイトル12回戦に変更になり[17]、試合はオルティスが初回、3回、6回にダウンを奪い6回2分29秒KO勝ちを収めた[18]

2016年8月3日、同年9月17日にリアム・スミスサウル・アルバレスの前座でWBA世界ヘビー級3位のアレクサンダー・ウスティノフと対戦し、指名試合を制しての2度目の防衛を目指す予定だったが、オルティスがより高額のファイトマネーを要求して契約を破棄したことで試合が中止となった[19][20][21]。同日、WBAは最低入札価格を60万ドルとする入札を同月15日にWBA本部で行うと通達を出した。報酬の60%はオルティスに分配され、残りの40%がウスティノフに分配されるとのこと[22][23][24]

2016年8月15日、入札が行われウスティノフ擁するワールド・ボクシングが最低入札額60万ドルで興行権を落札した。ファイトマネーの分配は上述通りオルティスが60%に当たる36万ドル、ウスティノフが24万ドルとなった。試合開催地はアメリカかロシアでの開催に前進した。オルティス擁するゴールデンボーイ・プロモーションズは同年9月17日に行われるリアム・スミスサウル・アルバレスの前座でオルティス対ウスティノフ戦を行う意向を示していたが、オルティスと共同プロモーターのデイド・プロモーションズから合意を得られなかった[25][26][27]

2016年8月23日、100万ドルの契約解除料を支払い[28]、ゴールデンボーイ・プロモーションズと決別した[29]

2016年9月5日、ワールド・ボクシングは同年10月7日にロシアでアレクサンダー・ウスティノフVSルイス・オルティスを行う予定でいたが、契約の最終期限だった同月4日までにオルティスが試合契約書にサインをしなかったことを発表。このため、ワールド・ボクシングはWBAにオルティスの王座剥奪を要請し、ウスティノフを王者として認定するか別の相手との王座決定戦を指令するよう話し合いを進める意向とのこと[30]

2016年10月8日、イギリスのボクシングプロモーターのマッチルーム・スポルトとイギリス人ボクサー以外で初めて契約したことを発表した[28]

2016年11月1日、WBAは最新ランキングを発表し、WBAは指名挑戦者のウスティノフとの対戦を拒否したオルティスからWBA世界ヘビー級暫定王座を剥奪したが、WBA世界ヘビー級1位に据え置いた[31][32][33]

2016年11月12日、モンテカルロのサル・デゼトワールでマリク・スコットとWBAインターコンチネンタルヘビー級王座決定戦を行い、12回3-0(120-105、120-106、119-106)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[34][35]

2016年12月10日、マンチェスター・アリーナでデビッド・アレンと対戦し、7回2分59秒TKO勝ちを収めた[36][37]

2017年3月、アル・ヘイモンと契約[38]

2017年8月3日、WBAはWBA・IBF世界ヘビー級スーパー王者アンソニー・ジョシュアと元WBA世界ヘビー級暫定王者でWBA世界ヘビー級1位のルイス・オルティスに対し指名試合を行うよう指令を出した。交渉期限は同日から30日間で、対戦交渉で合意に至らなければ入札になるとのこと[39]

2017年9月13日、同年11月4日にバークレイズ・センターWBC世界ヘビー級王者のデオンテイ・ワイルダーと対戦することが決定した[40][41]

2017年9月29日、マウリシオ・スライマンWBC会長は、VADAが同月22日に実施したドーピング検査でオルティスの尿サンプルから禁止薬物のクロロチアジドヒドロクロロチアジドに対する陽性反応が出たと通知を受けたことを公表した[42]。オルティスは持病の高血圧の治療のために医師から処方を受けた薬を使用していたと主張したが、薬を使用していることをWBCに告知していなかった[43]

2017年10月4日、マウリシオ・スライマンWBC会長はバクーで開催中のWBC年次総会において、デオンテイ・ワイルダー対ルイス・オルティス戦の指名試合の承認を取り下げることを決定、オルティスの指名挑戦権を剥奪し、デオンテイ・ワイルダーとバーメイン・スタイバーンに対し指名試合を命じた[44][45]

2017年11月2日、WBAはルイス・オルティスのアンソニー・ジョシュアへの指名挑戦権を剥奪し、VADAが実施したドーピング検査で禁止薬物に対する陽性反応を示した同年9月22日を起点に2018年9月22日までの1年間オルティスをWBAランキングから除外して、WBA関連のいかなる試合であろうと出場を認めない処分を科すことを決定した。ただし、オルティスは2018年3月22日以降には処分の停止を要求してWBAの判断を仰ぐことが出来る[46][47]

2017年11月14日、WBCはルイス・オルティスにランキング剥奪やサスペンドなどの処分を全く科さない決定をした[48]

獲得タイトル編集

  • FECARBOXヘビー級王座
  • WBAフェデラテンヘビー級王座
  • WBCラテンアメリカヘビー級王座
  • WBOラテンアメリカヘビー級王座
  • WBA世界ヘビー級暫定王座(防衛1)
  • WBAインターコンチネンタルヘビー級王座

脚注編集

  1. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年8月7日閲覧。
  2. ^ オルティス初回ストップ勝ち、フアンマ2回で沈む Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月12日
  3. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年10月10日
  4. ^ Hearing next for Luis Ortiz ESPN.com 2014年10月22日
  5. ^ ラウンドアップ アンドラーデvsチャーロ決定 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月23日
  6. ^ Ortiz banned, will be stripped of belt ESPN.com 2015年1月13日
  7. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年1月17日
  8. ^ WBA withdraws Luis Ortiz recognition as interim champion WBA公式サイト 2015年2月15日
  9. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年10月8日
  10. ^ Ortiz vs. Vidondo for Interim WBA World Heavyweight Title WBA公式サイト 2015年10月13日
  11. ^ Ortiz Pummels Vidondo in Title Win WBA公式サイト 2015年10月19日
  12. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年11月10日
  13. ^ The Real King Kong Squashes Bryant Jennings WBA公式サイト 2015年12月20日
  14. ^ オルティスKO勝ち、ウォータース不運なドロー Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月20日
  15. ^ Luis Ortiz Must Face Alexander Ustinov By June 19, Orders WBA”. Boxing Scene.com (2016年1月8日). 2016年1月10日閲覧。
  16. ^ ヘビー級暫定王者オルティス、トンプソンと対戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月9日
  17. ^ 加納陸IBFランク入り、Numberで大橋会長の経営論 Boxing News(ボクシングニュース)2016年3月3日
  18. ^ オルティス圧勝、J・バルガスは2階級制覇 Boxing News(ボクシングニュース)2016年3月6日
  19. ^ Ortiz-Ustinov collapses Fightnews.com 2016年8月2日
  20. ^ ワンヘンが判定でV5、WBCミニマム級 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月3日
  21. ^ Ortiz-Ustinov among three purse bids scheduled”. ESPN.com (2016年8月3日). 2016年8月4日閲覧。
  22. ^ WBA Announces Three Purse Bids WBA公式サイト 2016年8月3日
  23. ^ リング誌電子版が“ニューフェイス”拳四朗を紹介 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月5日
  24. ^ WBA Purse Bids on August 15 WBA公式サイト 2016年8月13日
  25. ^ Culcay-Andrade headed to Germany Archived 2016年8月16日, at the Wayback Machine. Fightnews.com 2016年8月15日
  26. ^ Purse Bid Results from Panama WBA公式サイト 2016年8月15日
  27. ^ ウォーレンvsマクドネル、WBA“統一戦”が合意 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月16日
  28. ^ a b Heavyweight Luis Ortiz signs with British promoter Matchroom Boxing”. ESPN.com (2016年10月9日). 2016年10月14日閲覧。
  29. ^ Luis Ortiz Splits with Golden Boy WBA公式サイト 2016年8月23日
  30. ^ Luis Ortiz Fails To Sign Contract By Deadline, Ustinov Fight in Limbo”. Boxing Scene.com (2016年9月5日). 2016年9月28日閲覧。
  31. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2011年11月1日
  32. ^ 中川健太WBAランク入り、大沢宏晋の試合が生中継 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月2日
  33. ^ WBA clears path to Anthony Joshua vs. Wladimir Klitschko heavyweight showdown”. ESPN.com (2016年11月2日). 2016年11月8日閲覧。
  34. ^ Ortiz not impressive in snoozefest against Scott Fightnews.com 2016年11月12日
  35. ^ オルティス3度倒して判定勝ち、ソーサ初防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月13日
  36. ^ King Kong Ortiz stops Allen in seven Fightnews.com 2016年12月10日
  37. ^ ジョシュアがクチリコ戦へ、ヤファイWBA・SF級王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月11日
  38. ^ Luis Ortiz Inks Pact With Al Haymon”. Boxing Scene.com (2017年3月29日). 2017年4月6日閲覧。
  39. ^ WBA orders Joshua-Ortiz WBA公式サイト 2017年8月3日
  40. ^ 近藤明広の世界挑戦決定、11.4NYワイルダー前座 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月15日
  41. ^ Wilder vs. Ortiz is set for Nov 4 Fightnews.com 2017年9月18日
  42. ^ Luis Ortiz fight with Deontay Wilder likely to be canceled”. ESPN.com (2017年9月29日). 2017年11月17日閲覧。
  43. ^ 'King Kong' Ortiz stripped of mandatory challenger status for positive drug test”. ESPN.com (2017年11月3日). 2017年11月17日閲覧。
  44. ^ WBC kayoes Wilder-Ortiz, Stiverne next Fightnews.com 2017年10月4日
  45. ^ WBCヘビー級戦、ワイルダーvsオルティスは中止 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月5日
  46. ^ Luis Ortiz Suspended For One Year By WBA For Failed Test Boxing Scene.com 2017年11月2日
  47. ^ WBA Explains Luis Ortiz's One Year Suspension in Full Resolution”. Boxing Scene.com (2017年11月2日). 2017年11月17日閲覧。
  48. ^ WBC Prez: Luis Ortiz Will Not Be Suspended, Retains His Ranking”. Boxing Scene.com (2017年11月14日). 2017年11月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
マティアス・アリエル・ビドンド
WBA世界ヘビー級暫定王者
2015年10月17日 - 2016年11月1日(剥奪)
次暫定王者
剥奪により消滅