ルイス・デ・ベラスコ・イ・カスティーリャ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はベラスコ第二姓(母方の)はカスティーリャです。(Template:スペイン語圏の姓名

ルイス・デ・ベラスコ・イ・カスティーリャLuis de Velasco y Castilla1534年 - 1617年9月7日)は、スペインの貴族で、初代サリナス・デル・リオ・ピスエルガ侯爵[1]ヌエバ・エスパーニャの第8代および第11代副王(任期 1590-1595年・1607-1611年)、第9代ペルー副王(任期 1596-1604年)、インディアス枢機会議長官を歴任した。

ルイス・デ・ベラスコ2世

同名の父(ルイス・デ・ベラスコ・イ・ルイス・デ・アラルコン)もヌエバ・エスパーニャ副王であり、区別するためにルイス・デ・ベラスコ2世とも呼ばれる[2]el Joven または el Mozoとも)[1]

生涯編集

ベラスコはセビリアで生まれたが[1]パレンシア生まれともいう[2]。11歳のときに第2代ヌエバ・エスパーニャ副王に任命された父とともにメキシコに渡った[1][2]。そこで初代副王アントニオ・デ・メンドーサの姪にあたるマリア・デ・イルシオ・イ・メンドーサと結婚し、三男二女をもうけた[1]。1564年に父が没した後も、一生の大部分をヌエバ・エスパーニャで過ごした[1][2]

ヌエバ・エスパーニャ副王(1期め)編集

1585年からヨーロッパに住んでフィレンツェ大使の任にあったが、当時のヌエバ・エスパーニャ副王であるビリャマンリケ侯爵アルバロ・マンリケ・デ・スニガの統治に関する悪評が伝わると、1589年にスペイン王フェリペ2世はメキシコの事情に通じたベラスコを副王に任命した[1]。1590年1月25日にベラスコはメキシコシティに入った[1]

1591年に北方のチチメカとの戦争を終結させた[2]。チチメカの地にトラスカラ人を入植させ、遊牧民であったチチメカを定住させた[2]

ベラスコは先住民の扱いを改良したが、フェリペ2世は富を得るために先住民に特別の税を課すように要求し、このことが先住民とフランシスコ会による抵抗を招いた[1]

ベラスコはメキシコシティの開発を行った。王立病院を建設し、当時のメキシコシティの西端にアラメダ・セントラル公園を建設した[1][2]

1595年、ベラスコはフアン・デ・オニャーテに北部(今のアメリカ合衆国ニューメキシコ州)の探検を依頼した[3]

ペルー副王編集

1595年にペルー副王に任命され、ヌエバ・エスパーニャ副王の職はモンテレイ伯爵ガスパール・デ・スニガがついだ[1]。翌1596年6月23日にリマに到着した[1]

ヌエバ・エスパーニャ副王(2期め)編集

1604年12月8日にリマを去り、その後は公務から引退していたが[1]、1607年に再びヌエバ・エスパーニャ副王に任命された。

2期めのヌエバ・エスパーニャ副王時代、メキシコシティの洪水対策として1607年に北のウェウェトカ英語版に排水路を設けた[1][2][4]。またテスココ湖の干拓を開始した。

日本との外交関係を持ったのもこの時期である。ベラスコは表向き日本がフィリピン前総督ロドリゴ・デ・ビベロを救助したことへの返礼として1611年にセバスティアン・ビスカイノを日本への使節として派遣したが、ビスカイノには金銀島探検、日本沿岸の測量調査、キリスト教容認運動が任務として課された[5]

晩年編集

1610年12月27日、フェリペ3世がベラスコをインディアス枢機会議長官に任命した[1]。1611年3月31日にメキシコシティを去り、スペインで長官の職についたが、1617年8月7日に病気のために職を辞し、その1か月後にセビリアで没した[1]

フェリペ3世によってベラスコはサリナス・デル・リオ・ピスエルガ英語版侯爵の爵位を与えられた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q María Justina Sarabia Viejo, “Luis de Velasco y Castilla”, Diccionario Biográfico Español de la Real Academia de la Historia, http://dbe.rah.es/biografias/5086/luis-de-velasco-y-castilla 
  2. ^ a b c d e f g h “Luis de Velasco II, Marqués de Salinas”, Virreyes de la Nueva España (1519-1821), Artes e Historia México, (2016-03-26), オリジナルの2016-03-26時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160326091154/http://arts-history.mx/sitios/index.php?id_sitio=7147&id_seccion=5140&id_subseccion=512250 
  3. ^ Marc Simmons (1991), The Last Conquistador: Juan de Onate and the Settling of the Far Southwest, University of Oklahoma Press, pp. 3-12, ISBN 0806123389 
  4. ^ W. Michael Mathes (1970), “To Save a City: The Desague of Mexico-Huehuetoca, 1607”, The Americas 26 (4): 419-438, JSTOR 980184, https://jstor.org/stable/980184 
  5. ^ 柳沼孝一郎 「17世紀前後における日本とヌエバ・エスパーニャ」 『ラテンアメリカ研究年報』 8号、98-99頁、1988年http://ajel-jalas.jp/nenpou/back_number/nenpou008/pdf/yaginuma1988.pdf 

関連項目編集