ルイス・フェルナンデス・オチョア

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフェンナンデス第二姓(母方の)はオチォアです。

ルイス・フェルナンデス・オチョア(Luis Carlos Fernández Ochoa、1965年1月13日 - )は、スペインの元アルペンスキー選手。マドリード生まれ、マドリード州北部グアダラマ山脈に位置するセルセディーリャ(Cercedilla)で育った。1980年代後半から1990年代前半に活躍した。

ルイス・フェルナンデス・オチョア
名前
本名 Luis Carlos Fernández Ochoa
カタカナ ルイス・フェルナンデス・オチョア
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
種目 スーパー大回転大回転回転
生年月日 (1965-01-13) 1965年1月13日(56歳)
生誕地 マドリード
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1986年
最高成績 回転13位(1986年3月11日)

スペインを代表するスキーファミリー、フェルナンデス・オチョア家の一員で、兄フランシスコ・フェルナンデス・オチョア、姉ブランカ・フェルナンデス・オチョアはともにオリンピックメダリストである。

19歳で出場した1984年サラエボオリンピックでは大回転1本目で途中棄権、回転では1本目24位となったが、2本目で途中棄権となった。

1988年カルガリーオリンピックスーパー大回転、大回転とも途中棄権、回転では18位となった。

出典編集

関連項目編集