ルイス・マルティネス (投手)

ルイス・マルティネスLuis Martinez , 1980年1月20日 - )は、ドミニカ共和国出身のプロ野球選手投手)。

ルイス・マルティネス
Luis Martinez
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1980-01-20) 1980年1月20日(37歳)
身長
体重
198 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年
初出場 MLB / 2003年9月3日
NPB / 2005年5月29日
CPBL / 2007年5月6日
最終出場 NPB / 2006年10月12日
CPBL / 2007年5月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

1996年のドラフト外でミルウォーキー・ブルワーズに入団し、2003年メジャーデビュー。4試合に登板して0勝3敗。

2004年にはアリゾナ・ダイヤモンドバックスセントルイス・カージナルスコロラド・ロッキーズにマイナー契約で所属した。198センチの長身からのストレートを武器に、荒削りながら奪三振の多い投手として注目された。

2005年中日ドラゴンズに入団。リリーフ投手は豊富だが先発投手が不足するチーム事情の中、先発投手として活躍。当初は牽制やクイックモーションなどの細かいプレーに難があると指摘されたが、それらの問題点は解消されつつある。一軍の初登板は5月の交流戦であり、安定感のある投球で見事に先発ローテーションを守った。同年に入団した中田賢一と共にチームを救った。

2006年は開幕からローテーションを守るものの、前年の安定感が影を潜めたどころか、不安定な部分が露呈された。同年オフには金銭面で球団側と折り合いがつかず、本人の米球界復帰希望もあって、12月25日退団が決定して自由契約となった。

2007年4月、台湾中華職業棒球大聯盟La Newベアーズに入団が決定。登録名は、馬帝茲

2010年は、独立リーグユナイテッドリーグ・ベースボールでプレーした。

人物編集

2004年2月にドミニカ共和国で発砲事件の容疑で指名手配されたが、後に相手が銃を持っていたための正当防衛であったことが明らかになり、大事には至らなかった。

趣味はテレビゲーム。また、温泉大相撲も好きで、高見盛のファンでもある。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2003 MIL 4 4 0 0 0 0 3 0 0 .000 86 16.1 25 3 15 2 0 10 3 1 18 18 9.92 2.45
2005 中日 18 18 0 0 0 8 4 0 0 .667 455 109.1 109 12 28 0 4 88 4 2 45 41 3.38 1.25
2006 23 22 0 0 0 6 9 0 0 .400 496 112.1 126 9 41 1 3 75 9 1 58 53 4.25 1.49
2007 La New 4 3 0 0 0 0 2 1 0 .000 75 15.1 21 1 9 0 0 8 4 0 12 12 7.04 1.96
MLB:1年 4 4 0 0 0 0 3 0 0 .000 86 16.1 25 3 15 2 0 10 3 1 18 18 9.92 2.45
NPB:2年 41 40 0 0 0 14 13 0 0 .519 951 221.2 235 21 69 1 7 163 13 3 103 94 3.82 1.37
CPBL:1年 4 3 0 0 0 0 2 1 0 .000 75 15.1 21 1 9 0 0 8 4 0 12 12 7.04 1.96

記録編集

NPB投手記録
NPB打撃記録

背番号編集

  • 49 (2005年 - 2006年)

関連項目編集

外部リンク編集