ルイス・ワトソン (初代ロッキンガム伯爵)

初代ロッキンガム伯爵ルイス・ワトソン英語: Lewis Watson, 1st Earl of Rockingham1655年12月29日1724年3月19日)はイギリスの貴族、政治家。

生涯編集

第2代ロッキンガム男爵エドワード・ワトソンとアン・ウェントワース(初代ストラフォード伯爵トマス・ウェントワースの娘)の長男として、1655年12月29日に生まれた[1]

1681年イングランド総選挙英語版カンタベリー選挙区英語版から出馬して当選した[1]1685年イングランド総選挙英語版では出馬しなかったとされ、1689年にはハイアム・フェラーズ選挙区英語版の補欠選挙で当選した[1]。同年に父の死去に伴いロッキンガム男爵を継承して貴族院に移籍、以降ホイッグ党の一員としてふるまい、1714年10月9日にはジョージ1世の戴冠に伴いロッキンガム伯爵ソンズ子爵スロウリー男爵に叙された[1][2]

それ以外の公職では1703年から1705年までバックハウンド管理長官英語版を、1705年から1708年まで五港副長官英語版を、1705年から1724年までケント統監英語版ケント首席治安判事英語版ケント副提督英語版を務めた[1][2]

家族編集

1677年7月、キャサリン・ソンズ(Catherine Sondes初代フィーヴァーシャム伯爵ジョージ・ソンズ英語版の娘)と結婚した[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Henning, Basil Duke (1983). "WATSON, Hon. Lewis (1655-1724), of Rockingham Castle, Northants". In Henning, B. D. (ed.). The House of Commons 1660-1690 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年5月19日閲覧
  2. ^ a b Cokayne, George Edward, ed. (1895). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R) (英語). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 385.
  3. ^ Hasted, Edward (1798). “Parishes” (英語). The History and Topographical Survey of the County of Kent (Institute of Historical Research) 7: 38–50. http://www.british-history.ac.uk/report.aspx?compid=63389 2014年3月18日閲覧。. 
イングランド議会 (en
先代:
エドワード・ヘイルズ英語版
サー・トマス・ハードレス英語版
庶民院議員(カンタベリー選挙区英語版選出)
1681年
同職:ヴィンセント・デン英語版
次代:
サー・ウィリアム・ホニーウッド準男爵英語版
ヘンリー・リー英語版
先代:
サー・ライス・ラッド準男爵
庶民院議員(ハイアム・フェラーズ選挙区英語版選出)
1689年
次代:
トマス・アンドリュー
公職
先代:
ロッキンガム男爵
バックハウンド管理長官英語版
1703年 – 1705年
世襲制廃止
名誉職
先代:
ウィンチルシー伯爵
ケント統監英語版
1705年 – 1724年
次代:
レスター伯爵
ケント首席治安判事英語版
ケント副提督英語版

1705年 – 1724年
次代:
ドーセット公爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 ロッキンガム伯爵
1714年 – 1724年
次代:
ルイス・ワトソン
イングランドの爵位
先代:
エドワード・ワトソン
ロッキンガム男爵
1689年 – 1724年
次代:
ルイス・ワトソン