ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港

ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港: Louis Armstrong New Orleans International Airport: Aéroport international Louis Armstrong de La Nouvelle-Orléans)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州にある国際空港。ダウンタウンの18km西に立地している。

ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港
Louis Armstrong New Orleans International Airport
Louis Armstrong International Airport.jpg
上空から
IATA: MSY - ICAO: KMSY
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ルイジアナ州ケナー
母都市 ニューオーリンズ
種類 公共
所有者 ニューオーリンズ市
標高 1 m (4 ft)
座標 北緯29度59分36秒 西経090度15分29秒 / 北緯29.99333度 西経90.25806度 / 29.99333; -90.25806
公式サイト 公式ウェブサイト
地図
MSYの位置(ルイジアナ州内)
MSY
MSY
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
01/19 2,134×46 アスファルト
10/28 3,080×46 コンクリート・アスファルト[1]
統計(2019年)
旅客数 1364万人
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ニューオーリンズ都市圏の主たる空の玄関口として機能している。第二次世界大戦後の1946年に開港し、ニューオーリンズ市内のレイクフロント空港に代わって、地域の主たる空港となった。一方レイクフロント空港は、現在では主にチャーター機、私用機用の空港として機能している。

開港当初、空港の名前は、この地で事故死した飛行士ジョン・モワザンに因んでモワザン・フィールド(あるいはモワザン・ストック・ヤーズ)と命名された。2001年にニューオーリンズ出身の著名なアフリカ系アメリカ人ジャズミュージシャンルイ・アームストロングの生誕100周年を記念し、現在の名前に改名された。同空港のIATAコードMSYは、元々の名前 Moisant Stock Yards に由来している。

同空港は、ニューオーリンズ市が所有しているが、ニューオーリンズ郊外のケナーに位置している。標高1mの低地に立地しているため、過去に水害を受けたことがある。

施設編集

空港の敷地面積は607haである。2019年に新ターミナルが完成した。滑走路の反対側(北)に位置しており、35の搭乗口を備えている。旧ターミナルは旅客業務を終了した。

主な航空会社編集

サウスウエスト航空の利用者が多く3割を占める。

主な就航路線編集

デトロイトメンフィスシアトルサンディエゴミネアポリスシャーロットフィラデルフィアワシントン/ナショナルボルチモアシカゴ/オヘアシカゴ/ミッドウェーフォートローダーデールラスベガスオーランドフェニックスタンパアトランタダラスNYラガーディアNY/JFKマイアミセントルイスデンバーワシントン/ダレスオクラホマシティサンアントニオヒューストンニューアーククリーブランドシンシナティオーランドサンフランシスコソルトレイクシティナッシュビル

脚注編集

  1. ^ 混在舗装(KMSYの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ) より)
  2. ^ FAA Airport Form 5010 for MSY (PDF) , effective 2009-07-02.
  3. ^ Airport Data & Statistics”. Louis Armstrong New Orleans International Airport. 2021年1月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集