ルイ・ドゥカズ

ルイ・シャルル・エリー・アマニュー・ドゥカズLouis Charles Élie Amanieu Decazes1819年5月29日1886年9月16日)は、フランス貴族政治家フランス第三共和政時代に外務大臣を務めた。

父は、ルイ18世の下でフランス復古王政期に首相を務めたエリー・ドゥカズである。

1819年パリに生まれる。1863年セヴェリーヌ・フォン・レーヴェンタール男爵令嬢と結婚する。1873年外務大臣に就任。第三共和制下、王党派ではあったが、普仏戦争敗北直後のフランス外交を指導し、統一ドイツ帝国の脅威(『ポスト』紙事件ドイツ語版フランス語版)からフランスの国益を維持しようと努めた。

先代:
ブロイ公爵アルベール
フランス外務大臣
1873年 - 1877年
次代:
バンヌヴィル侯