ルイ・フィリップ1世 (オルレアン公)

オルレアン公ルイ・フィリップ1世フランス語: Louis Philippe Ier, 1725年5月12日 - 1785年11月18日)は、ブルボン朝時代のフランスの貴族。

ルイ・フィリップ1世
Louis Philippe Ier
オルレアン公
Rioult after van Loo - Louis Philippe I, Duke of Orléans.jpg
在位 1752年 - 1785年

出生 (1725-05-12) 1725年5月12日(296歳)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ヴェルサイユ
死去 (1785-11-18) 1785年11月18日(60歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国セーヌ=ポール
埋葬 Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ、ヴァル・ド・グラース教会
配偶者 ルイーズ・アンリエット・ド・ブルボン=コンティ
  シャルロット=ジャンヌ・ベロー・ド・ラ・エ・ド・リュウ
子女 ルイ・フィリップ2世
ルイーズ・マリー・テレーズ・バティルド
家名 オルレアン家
父親 オルレアン公ルイ
母親 アウグスタ・フォン・バーデン=バーデン
テンプレートを表示

略歴編集

オルレアン公ルイの息子として、1725年5月12日にヴェルサイユで生まれた[1]。父の死により公位を継ぐまではシャルトル公として知られた[1]

軍人として活躍し、オーストリア継承戦争では1742年から1744年までの戦役、および1745年のフォントノワの戦いでフランス軍を指揮して名を上げた[1]。1757年にシャトー・ド・バニョレ英語版に引退、以降は演劇や文人との交流に集中した[1]

1785年11月18日にサンタシス(Sainte-Assise)で死去した[1]

2人目の妻との間の手紙が死後1世紀以上経過した1910年になって出版された[1]

子女編集

ブルボン家傍系のコンティ公ルイ・アルマン2世の娘ルイーズ・アンリエットと結婚した[1]

1773年、モンテッソン侯爵夫人と秘密裏に結婚した[1]。夫人は結婚を認められたものの、貴賤結婚だったため公爵夫人を名乗ることは王室から許されなかった。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Orleans, Louis Philippe, Duke of" . Encyclopædia Britannica (英語). 20 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 284.
フランスの爵位
先代:
ルイ
オルレアン公
1752年 - 1785年
次代:
ルイ・フィリップ2世
シャルトル公
1725年 - 1752年