ルイージマンション2

ルイージマンション2』(ルイージマンションツー、Luigi's Mansion: Dark Moon)とは、2013年3月20日任天堂から発売されたニンテンドー3DS専用ソフト。開発は『マリオストライカーズ』などを手掛けたNext Level Games

ルイージマンション2
Luigi's Mansion: Dark Moon
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 任天堂
Next Level Games[1]
発売元 任天堂
人数 1 - 4人
メディア 3DS専用カード
ダウンロード販売
発売日 日本の旗 2013年3月20日
アメリカ合衆国の旗 2013年3月24日[2]
欧州連合の旗オーストラリアの旗 2013年3月28日
大韓民国の旗 2013年7月18日
台湾の旗香港の旗 2013年7月26日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI7
売上本数 世界の旗 545万本(2017年9月末)[3]
日本の旗 100万本以上(2013年12月)[4]
ハッピープライスセレクション
日本の旗 2万2,613本[5]
テンプレートを表示

本稿では、カプコンが開発したアーケードゲーム版である『ルイージマンション アーケード』(Luigi Mansion ARCADE)についても記述する。

目次

概要編集

前作『ルイージマンション』の続編として、引き続き「オバキューム」がルイージの相棒として活躍する。今作ではオバキュームに様々な新機能が追加され、さらにストーリーを進めて行くことでパワーアップするようになっている。

また、今作はバリエーション豊かな複数のマンションが舞台になっており[6]、マンションごとに謎解き(ミッション)をクリアしながら冒険していくシステムになっている。

さらに、シリーズ初のマルチプレイを導入している。マルチプレイでは、「テラータワー」というタワー構成の屋敷で複数、最大4人のプレイヤーとともにフロアごとに課せられたミッションをクリアしていく。マルチプレイはストーリーモードを進めて行くことで解禁される。

ストーリー編集

前作の事件が解決してからしばらく経ったある日の夜。オヤ・マー博士と仲間のオバケたちは「オバ渓谷」で仲良く平和に暮らしていた。すると突然、絵画に封印したはずのキングテレサによって、夜空に輝く不思議な魔力を持ったダークムーンが粉砕され、仲間のオバケたちは正気を失い凶暴化してしまう。オヤ・マー博士は反乱を起こしたオバケの捕獲、粉々に散らばったダークムーンのかけらの収集、ダークムーンを粉砕したキングテレサの目的を突き止めるべく、半ば強引にルイージに再び任務を託す。

登場キャラクター編集

味方編集

ルイージ
マリオの双子の弟で、今作の主人公。臆病な性格で特にお化けが苦手。真夜中に自宅で寝ていた時に発生したテレビの雑音で目を覚ましテレビに近づくと、突如現れたオヤ・マー博士に無理矢理ダークムーンの欠片回収の任務を託される。前作同様に怯えながらも再びオバキュームを手に数々の屋敷を冒険することになる。
ちなみに今作のルイージの住居はランクDのマンションである(ランクAのマンションはGC『マリオカート ダブルダッシュ!!』のコース・ルイージサーキットに登場している)。また、前作でキングテレサから送られた幻の屋敷までの案内地図も部屋に飾っている。
オヤ・マー博士
前作でも登場した、少し変わり者の研究者。今作ではオバ渓谷にて日々オバケを研究する"オバケ学の権威"となっている。キングテレサが再び現れるまでは、オバ渓谷で仲間のオバケ達とともに平和に過ごしていた模様。今作でも自身の発明品やベースラボで得た情報を提供するなどしてルイージのサポートを行うが、その一方でオバケ絡みの冒険を嫌がる彼に無理矢理屋敷の調査をさせるなどやや強引な面が強くなっている。
キノピオ
オヤ・マー博士の助手として登場。キングテレサのダークパワーによって絵画の中に閉じ込められた。カラーリングがそれぞれ赤・黄・青・紫・緑の計5人が存在し、絵画を「ダークライト」で照らすことで救出が可能。マンションの様々な場所におり、助け出してからはルイージにつきまとい、かん高い声で叫びながら画面内を走り回る。時には謎解きにおいて重要な役割を果たすこともある。
マリオ
お馴染みルイージの双子の兄。前作ではキングテレサによって絵画の中に閉じ込められたが、ルイージの活躍により無事救出された。しかし、今作でまたもキングテレサに絵画の中に閉じ込められ、拉致されてしまう。前作では最初からマリオを救い出すことが前提で物語が進んだが、今作では物語の後半において初めてマリオが捕まったことが判明する(それまでにもマリオが捕らわれたことを暗示するイベントは何度か発生するが、絵画に閉じ込められるまでの経緯については描写されていない)。

オバケ編集

テレサ以外のオバケたちは、元々オバ渓谷でオヤ・マー博士と平和に暮らしていた友好的な性格であったが、キングテレサの策略で凶暴化し理性を失ってしまい、一部を除き敵として襲い掛かってくる。ダークムーンが修復されてからは正気を取り戻し、ルイージやマリオ達と仲良くなった。また、マルチプレイのテラータワーには通常の者を上回る強化型が存在し、タワーの五階に到達する毎に出現する。

テレサ
マリオシリーズのおなじみキャラで、キングテレサの手下。のろい玉を生み出している。ミッションごとに前作同様1匹ずつ部屋のどこかに隠れている。倒し方は前作とは異なり、ダークライトでテレサを見つけ出し怯んだテレサの舌を引っ張り、その反動で壁や地面にぶつけて弱ったところでオバキュームに押し込み倒す。テレサの舌を引っ張ってる時に時間が経つと、赤くなって攻撃される。ステージごとに全てのテレサを捕獲すると、隠しミッションが出現する。
ジャンボテレサ
前作にも登場した、テレサが複数寄せ集まって合体し巨大化した姿。オドロ〜宮殿の中ボスとして登場し、汽車のジオラマ空間を操りルイージを襲ってくる。前作のように尖ったものに当たると分裂する。瞳が通常のテレサ同様に黒くなっていたり、語尾に「〜ジャンボ!」が付くなど前作に登場した個体とは特徴がやや異なっている。
オバ犬
オバケのような犬(または犬のようなオバケ)。攻撃してくることはないが、カギや短針を飲み込み逃げる。また捕まえてもオバキュームから逃げ出す。ルイージによく付きまとってくるが、敵か味方かは謎に包まれている。エンディングではルイージに懐き、ルイージの家に飼われる。チェイサータワーに登場する別種もおり、首輪の色が青である。
オーバー犬
チェイサータワーに出現する大型のオバ犬。通常のオバ犬より体力が高く、力も強い。
ルノーマ
OPから登場する緑色の代表的なオバケ。空中を浮遊している。色々な道具を拾っては武器にしてルイージを攻撃したり、あの手この手でストロボの光を避けようとする。また包帯を巻いて人型に擬態したものや、鎧を被って操り、持っている武器で攻撃するものもいる。ストーリー後半にはプルシステムを最大までためないと倒せないものも登場する。名前の由来は「ノーマル」のアナグラム。

装備 :鍋ルノーマ、 サングラスルノーマ、 ゴーグルルノーマ、 剣ルノーマ、 木槌ルノーマ、 斧ルノーマ、 アイスホッケールノーマ、 マスクルノーマ、 楯ルノーマ、 桶ルノーマ、 竜巻ルノーマ、 鎧ルノーマ、 オバチェーンルノーマ、 バリアルノーマ、 所持ルノーマ、 マミールノーマ など

スーパールノーマ
鉱山のクリスタルによって強力な力を得たルノーマ。体力が大幅に増えており、積極的に武器を拾って攻撃してくるので危険。性格までは変わっていなかった。ヒャッキ〜ヤ坑道ではゴンドラを鎖で封じた、少し体力の高い個体も登場する。
リッチルノーマ
黄色(金色)のルノーマ。欲深く、金目のものを見つけては体内に吸収している。吸い込むとお金をばら撒くが、逃げ足が速い。前作のリッチヤプーにあたるオバケ。
ルブリー
赤色のオバケ。強靭な肉体と優れたパワーを持つ。手を叩いて衝撃波を発生させてくる攻撃は非常に危険である。怖そうな外見と攻撃力とは裏腹に本来は友好的な性格であるらしく、エンディングで正気を取り戻した際その姿が見られる。名前の由来は英語で「乱暴者」を意味する「bully」。
スーパールブリー
クリスタルの影響により体力が3倍に増えたルブリー。さらに強力な衝撃波を出してくる。ヒャッキ〜ヤ坑道ではゴンドラを鎖で封じた、少し体力の高い個体も登場する。
ルハイド
水色のオバケ。細長い体形をしている。タンスやつぼ、植木鉢の中に身を隠してしまう。しばらく見つけてもらえないと何かを投げつけてくる。名前の由来は「hide(隠れるの意)」。
スーパールハイド
クリスタルの影響によって強化されたルハイド。しかし変わったのは体力のみで、家具などに隠れる習性は変わっていない。
ルゴーバ
黄色のオバケ。肥満体で非常に重いため、その場から動かない。ダメージを受ける黄色いネバネバした液体を吐いてくる。名前の由来は「gobble」(食べ尽くす)。
スーパールゴーバ
クリスタルの影響で元々高い体力がさらに高くなっている。オバ渓谷の食べ物を食い尽くしてしまうらしい。ヒャッキ〜ヤ坑道ではゴンドラを鎖で封じた、少し体力の高い個体も登場する。
ルポルタ
橙色のオバケで、脳にあたる部分に光の球がある。ウラメ〜シ屋敷でポルターガイスト現象を起こしていた中ボス。高い知能とテレキネシス能力を持ち、本を飛ばして攻撃してくる。名前の由来はポルターガイスト。
アンルポルタ
4千年以上前から存在していたと言われる古代種のルポルタで、薄い水色の姿をしている。空気や砂を自在に操れる力を持つ。時計の長針を盗んだジゴ〜クロック工場の中ボス。
スーパールポルタ
ルポルタの強化版。クリスタルの影響で星を操る力を得たらしく、特殊な空間を創り出しルイージを誘き出す。オドロー宮殿の中ボス。
ルスニク
桃色のオバケ。動きがすばやく背後に忍び寄り、驚かしてくる。ダークライトを使うと効果的。名前の由来は「sneak(こそこそ)」。
スーパールスニク
クリスタルの力で通常よりも人を驚かすことに執着し、体力も増えている。ダークライトを積極的に照らしつつ吸い込むのが良い。
ルクリパ
紫色のオバケ。弾力性のあるドロドロしたゼリー状の体をしており、近づくとルイージを体内で捕まえ体力を吸い取る。天井からぶら下がり降ってくるものもいる。一度捕まり抜け出すと分裂する。名前は「地面を這う」という意味の「creeper」からきている。
プチルクリパ
小さなルクリパ。一瞬でも吸えば倒せる。
ノーティ
リボンを付けた小柄な黄色のオバケ。オバケ3姉妹の一人。レーティ曰く彼女が長女だと思っているらしいが、レーティも自分が長女だと思っており実際どっちが長女なのかは不明である。ノロワーレ大樹の中ボスとして3体同時に出現し、光を鏡でガードしながら猛攻を加えてくる。
レーティ
帽子を被ったスマートな緑色のオバケ。オバケ3姉妹の一人。ノーティ曰く彼女が長女だと思っているらしく説明文を見る限りではノーティとは双子である可能性があるが実際の所は不明である。
ジーティ
ぽっちゃりした桃色のオバケ。オバケ3姉妹の三女で、帽子にまつげ、口紅と化粧が濃い。3姉妹中最も体力が高い。エンディングで正気を取り戻した後、オヤ・マー博士にアプローチされていた。

テラータワーのオバケ編集

マルチプレイのみに出現するオバケ達。いずれも体力が通常の者よりも遥かに高く、他のオバケ達が妨害してくるため手強い。

ドンノーマ

ルノーマの親玉。双子で出現する。爆弾を持って遊ぶのが大好き。落ちた爆弾はすぐに起爆するので注意が必要。

ドンブリー

ルブリーの親玉にして最強の存在。常時バリアを張っており、壊さないとダメージを与えられない。更にはビトルを何匹も放つため倒しにくい。

ドンスニク

ルスニクの親玉。双子で出現。地面にテレポーターを仕掛け、飲み込まれると違う部屋に飛ばされてしまう。連携も上手く、手強いオバケ。

ドンクリパ

ルクリパの親玉にして始祖的な存在。分裂能力を持ち、プルシステムをする度に新たなルクリパを放つ。ただし出せる数には限界がある。

ドンゴーバ

ルゴーバの親玉。液体だけでなくプチルクリパも吐き出せる。時折飛び上がり、吸い込みを中断させてくる。胃袋がどこに繋がっているのかは不明。

ドンポルタ

ルポルタの親玉にして最も進化を遂げた存在。レンガを連続で投げてくる他、テレキネシスを放って吸い込みの中断もしてくる。マルチプレイのラスボス的なオバケであり、必ずテラータワーの最上階に出現する。

以下のオバケは、食べ物や生き物等をイメージした亜種である。

服装
  • スチールアーマー
  • ウィンターコート
  • アニマルジャケット
  • レザージャケット
  • シルクローブ
  • ルリハコベ
  • ひまわり
  • ヒャクニチソウ
  • スミレ
  • ヒナギク
食べ物
  • キュウリ
  • イチゴ
  • トウモロコシ
  • タマゴ
  • オレンジ
世界の妖怪
  • オバケ
  • ゾンビ
  • ガイコツ
  • ジャックオーランタン
  • シニガミ
  • トンボ
  • テントウムシ
  • ハエ
  • チョウ
  • ハチ
海の生き物
  • シャチ
  • カクレクマノミ
  • サメ
  • ペンギン
  • カメ
スポーツ
  • バドミントン
  • アメリカンフットボール
  • テニス
  • ゴルフ
  • サッカー
動物
  • ワニ
  • トラ
  • シマウマ
  • ヒョウ
  • ウシ

オバケ以外の敵キャラクター編集

基本的に吸い込んでしまえば簡単に倒せるが、オバケージには記録されない。ストロボの光を当てるとコインに変わるものもいる。金色をしたもの(後述)ならより高額なお金に変わる。

ミミー(ねずみ)
マンション中の床などを走り回り、ルイージに体当たりしてくる。逆に近付くと逃げていく。落としたカギなどを持って行ってしまうこともある。
ビトル(虫)
主に緑色。ただ飛び回っているが、ルイージを目撃するとこちらに向かって飛んでくる。まれに黒色がいる。
ロボム (ロボムG 黄)
ストロボを当てると数秒後に自爆し、爆発に巻き込まれるとダメージを受ける。オバキュームで吸いとり吹き飛ばせるほか、わざと爆発させ障害物を破壊することもできる。
ファーリー
ヒャッキ〜ヤ坑道のロッジにいる。吸い込むとノズルに詰まってしまう。触ってもダメージは受けないが倒せない。
鎧(甲冑)
ルイージが通ろうとすると剣や篝火を降り下ろしてくる。
カーラ (カラス)
暗い場所や木の上などにとまっており、ルイージが近付くと逃げて行く。しかし当たればダメージを受けてしまう。
ゲーコ (カエル)
主に赤色。飛び跳ねており、ルイージが後ろを向いている隙に体当たりしてくる。
バティ (こうもり)
集団で集まり、吸い込もうとすると襲ってくる。
クモー(蜘蛛)
天井にぶら下がるもの、壁に貼り付いているものなど様々。近寄ると威嚇してくる。
バクーン
人喰い植物。喰いつかれたらAボタン連打で脱出できる。倒すには花壇に生えているトゲトゲの実をオバキュームで吸い込み、バクーンの方を向いて照準が出ている時に撃ち込む。
ブラーン
近づくと天井から噛みつき攻撃を繰り出す人喰い花。[7]
タコの像
宮殿の海洋ゾーンの右手前にタコの像がある。調べると、ルイージが捕まり往復ビンタされ、体力が2減るダメージを受ける。
金色の敵
ミミー、カーラ、ゲーコ、バティ、クモーなど小動物の敵には、普通の個体の他に黄金に光る個体がいる。金色の敵をストロボで照らすと、金塊1個か札数枚を落とす。

ボスキャラクター編集

キングテレサにダークムーンの欠片をもらい、体内に入れることで様々なものに憑依する能力を身につけた、5体のヒョーイというオバケ。共通して顎が大きく、バリアを張りつつ突進攻撃を行う。プルメーターを溜めて吸い込む度に皮が剥がれていき、体色が白から赤になる。その仕様上、体力は∞と表示される。マンションごとに頭の角の数が増えていく。彼らも元々は友好的な性格で、エンディングで正気を取り戻した後はキノピオと遊び、記念撮影に参加した。

ウーノス
ウラメ〜シ屋敷のボス。巨大なクモーに取り憑き、屋敷内にクモーの巣を大量発生させた。自分は動かず手下のクモーや毒を放ってくる。光で眩ませ巣を燃やすと大クモーが落下し飛び出してくる。名前の由来はイタリア語のウノ(1)から。
エンディングに登場したものはこの個体である。
ドゥーエ
ノロワ〜レ大樹のボス。大樹の大階段で道中階段の道が坂になる仕掛けでルイージを脅かしたあと、頂上の家にある仕掛け階段に取り憑いた。噛みつきや炎を飛ばして攻撃してくるが、大ジャンプ後現れる紐を引っ張ると飛び出してくる。名前の由来はイタリア語のドゥーエ(2)から。
トーレス
ジゴ〜クロック工場のボス。最初は時計塔を周回しており、屋上にある大時計に仕掛けを施し上部の窓に入った。文字盤からオバケたちを飛び出させ、4の倍数の文字でオバケたちが吸い込まれた後自分も飛び出す。長針が12時を指すまでに全てのオバケを吸い込む必要がある。名前の由来はイタリア語のトレ(3)から。
長針はオバキュームで吸い込むことで巻き戻し、制限時間を延ばすことが出来る。逆に自ら制限時間を縮めることも可能。
クアート
ヒャッキ〜ヤ坑道のボス。大気中の水分を固める能力を持ち、水を巨大な顔型の氷柱に変えて取り憑き、逃走しようとした。爆弾発射機がオーバーヒートを起こす前に爆弾を口に投げ込み破壊する必要がある。名前の由来はイタリア語のクワトロ(4)から。
このボスの角は4本というよりも、2叉に分かれている角が2つあるといった形となっている。
クークエ
オドロ〜宮殿のボス。キングテレサが造り出した空間”オバゲート”の向こうに潜んでいた。分裂する能力で複数の鎧に取り憑き、最後は巨大な鎧に乗り移った。いずれの場合でも鎧の足が絨毯に乗った状態で絨毯を引っ張ると、転倒して鎧から引き剥がせる。名前の由来はイタリア語のチンクエ(5)から。
キングテレサ
前作にも登場したテレサの王。オヤ・マー博士とルイージに絵画にされた恨みを晴らすべく復活し、ダークムーンを破壊した。どうやって絵画から脱出したかは不明。ルイージへの復讐を果たすべく再びマリオを誘拐した上、世界征服を企んでいる。オドロ〜宮殿のメインバルコニーに”オバゲート”発生装置を設置し多数のオバケを宮殿に侵入させる。そしてクークエを吸い込んだルイージの帰還時に転送を妨害し「異空間テ〜レビジョン」に引きずり込み、決闘を仕掛ける(途中脱出は可能)。

アイテム編集

オバキューム
前作に続いての登場。今作では様々な新機能が追加されパワーアップしているが、ほとんどはオヤ・マー博士が元いた屋敷から逃げてきた時に置き忘れてしまっており、ストーリー序盤で探索しながら回収していくことになる。
Aボタンで電力をため、放すと照射。通常のライトでは驚かないオバケに照らすことで吸い込むことができるようになる。
  • ダークライト
Yボタンで点灯。「のろい玉」によって消された足場や建造物、オバ犬の足跡を見つけ出すことができる。
ドコデモシャベレ〜ル
通称「DS」。前作のゲームボーイホラーにあったサーチ機能は削られたが、主にオヤ・マー博士との通信端末として使用する他、マップやミッションの内容などを確認することができる。地下で通信をすると雑音が入ってしまう欠点がある。
ゴーゴーカメラ
通称「GC」。ルイージをマンションに転送する、またはマンションから転送させる装置。ベースラボ内にある。
ゴシゴシビートブラシ
通称「GB」。主に手に入れたダークムーンのかけらを洗浄する装置。ベースラボ内にある。
主に水を汲み、苗などに水を与えるのに利用する。
ポヨヨンの実
紫色の実がなる植物から吸い取る。実が風船になっており、通常行けない空中の場所への移動も可能になる。空中(天井)にはトゲがある場所があり、トゲに触れると割れてしまう。吸い込み続けると無くなる。
トゲトゲの実
トゲトゲの実がなる植物から吸い取る。バクーンを倒すときに使う。
部屋のカギ
マンションの様々な場所にある。カギごとに使うドアは決まっていないが、ミッションごとに手に入るカギの数とカギを使用するドアの数は同じであるため、必ずそのミッションで使い切る。

その他のアイテム編集

お金
マンションのいたる場所にある。コインは1枚1カウント。お札は1枚5カウント。金塊は1個20カウント。集めると自動的にギャラリーの「オバチューン」に転送され、オバキュームのパワーアップ資金に充てられる。
黄金の骨
引き出しなどに入っており、ランダムに出現。ルイージのライフが0になった時、オバ犬が倒れているルイージを起こしライフ100の状態で再開できる(黄金の骨はオバ犬に奪われる)。ライフが0にならずにクリアした時は200コインとしてカウントされる。
ハート
ライフを25回復する。引き出しなどに隠されている。
宝石
1ステージに13個隠されており、多くは特殊な方法でしか手に入らない場所に隠されている。形は全マンション共通だが、色はマンションごとに異なっている。ギャラリーの「ジュエルーム」にコレクションされる。

ステージ編集

ウラメ〜シ屋敷
最初に訪れるマンションで、オバ渓谷の入り口に建っている。
ノロワ〜レ大樹
様々な植物が生い茂るビルで、かつて植物の研究が行われていた。大木を挟んで西と東に分かれている。
ジゴ〜クロック工場
多種多様の時計がつくられていた工場だが、今は砂に埋もれている。様々な仕掛けが待ち受ける。
ヒャッキ〜ヤ坑道
多くの鉱物が採掘されていた鉱山エリアだが、今は全体が凍り付いていて、雪が降っている。キングテレサがテレサたちを使ってここのクリスタルを運び出し、オバケを強化した。
オドロ〜宮殿
巨大な滝に囲まれた中央にそびえ立っている。前作の舞台であるマンションに構造が似ている。ワープホールを通じて植物・砂・氷など様々なエリアが結ばれており、謎解きが非常に難解。オバ渓谷のマンションの中でもさらに手強いオバケが待ち構えている。
テ〜レビジョン
キングテレサが創り出した現世とは異なる空間。ミッションは存在せず、ボス戦(キングテレサとの対決)のみ。キングテレサとの直接対決ステージと、障害物をかわし、転がって迫りくるキングテレサから逃げる強制移動ステージの2種類がある。

アーケード版編集

ルイージマンション アーケード
Luigi Mansion ARCADE
ジャンル アクションアドベンチャー
ガンシューティングゲーム
対応機種 アーケード
発売元 カプコン
人数 1 - 2人
発売日 2015年6月18日
システム基板 Nu1.1
その他 ALL.Net対応
テンプレートを表示

ルイージマンション アーケード』のタイトルで、カプコンにより開発された。2015年6月18日から稼動開始。カプコン製のアーケードゲームでは初のALL.Net対応タイトルで、システム基板セガ・インタラクティブNu1.1を使用。公式のジャンル名は「オバキュームシューティング」[8]

登場するオバケは『ルイージマンション2』とほぼ同一。プレイヤーは実物大のオバキュームでオバケと戦っていく[9]2016年3月17日に実施されたアップデートにより、操作方法をノーマル操作とシンプル操作の2種類から選択できるようになった[10]

2016年9月16日に実施されたアップデートでは、ライフとストロボムが各1つで、オバケが最強モードとなる「チャレンジモード」が登場。


関連項目編集

  • ルイージマンション - 前作。
  • Nintendo Land - マルチプレイでルイージがHP0で気絶してしまった時に他のルイージが呼び起こして助ける動作は、ゲーム内のアトラクション「ルイージのゴーストマンション」からヒントを得ている。

出典編集

外部リンク編集