ルイーズ・ダール=ウォルフ

ルイーズ・ダール=ウォルフ(Louise Dahl-Wolfe; 1895年-1989年)は、ノルウェー系の、アメリカの女性写真家。主としてファッション写真の分野で活躍した(主として1940年代・1950年代)。「ルイス・ダール=ウォルフ」とも記載されることがある(下記参考文献「写真の歴史」参照)。

カリフォルニア州に生まれる。下記参考文献(Photographers A-Z)によると出身地はアラメダ郡となっているが、Wikipedia英語版その他ではサンフランシスコとなっている。

美術を学び、もともとデザイナーをしていたが、1920年代に写真を始める。

1928年にMeyer Wolfeと結婚。

1933年には、初めての写真集("Tennessee Mountain Woman in Vanity Fair")を刊行。

1936年に、ハーパース・バザーにおいて、カーメル・スノーCarmel Snow, Editor)、ダイアナ・ヴリーランドDiana Vreeland, Fashion Editor)、アレクセイ・ブロドヴィッチ(Art Director)の元で仕事をした。その結果、ハーパース・バザーを代表する写真家の1人となった。

1958年、カーメル・スノーとアレクセイ・ブロドヴィッチの時代が終わったあと、ハーパース・バザーからヴォーグに仕事の場所を移した。

以上において、カラー写真で先駆的な仕事を行った。彼女のカラー写真作品の多くは、Fashion Institute of Technologyに所蔵されている。

日本での展覧会編集

日本でルイーズ・ダール=ウォルフの大規模な回顧展が開催されたことはない。

参考文献編集

  • Photographers A-Z, Hans-Michael Koetzle, Taschen, 2011, 978-3-865-1109-4(86ページ)
  • 写真の歴史(A World History of Photography)(ナオミ・ローゼンブラム(Naomi Rosenblum)、日本語版監修 飯沢耕太郎、美術出版社、1998年)
    • ルイーズ・ダール=ウォルフの次の作品が掲載されている。
      • Plate Number 646: The Covert Look, 1949(カラー作品)

外部リンク編集