メインメニューを開く

ルイーズ=マリー・ドルレアンフランス語: Louise-Marie d'Orléans, 1812年4月3日 - 1850年10月11日)は、ベルギー国王レオポルド1世の王妃で、2番目の妻。

ルイーズ=マリー・ドルレアン
Louise-Marie d'Orléans
ベルギー王妃
Koningin Louise Marie Gustaaf Wappers.jpg
1830年代
在位 1832年8月9日 - 1850年10月11日
戴冠 1832年8月9日

全名 Louise-Marie Thérèse Charlotte Isabelle
ルイーズ=マリー・テレーズ・シャルロット・イザベル
出生 1812年4月3日
Bandiera del Regno di Sicilia 4.svg シチリア王国パレルモ
死去 (1850-10-11) 1850年10月11日(38歳没)
ベルギーの旗 ベルギーオーステンデ
埋葬 ノートルダム教会
配偶者 レオポルド1世
子女 ルイ・フィリップ
レオポルド2世
フィリップ
シャルロット
家名 オルレアン家
父親 フランス王ルイ・フィリップ
母親 マリー・アメリー・ド・ブルボン
宗教 カトリック教会
テンプレートを表示

目次

生涯編集

オルレアン公ルイ・フィリップ3世(後のフランス国王ルイ・フィリップ)とその妃であるマリー・アメリー両シチリア王女)の長女として、パレルモで生まれた。父ルイ・フィリップの国王即位(1830年)とレオポルドの初代ベルギー国王即位(1831年)の後の1832年に、コンピエーニュでレオポルドと結婚し、ベルギー王妃となる。

ベルギー王家であるザクセン=コーブルク=ゴータ家エルネスティン家の分枝の一つで元来はザクセン系小領邦の君主の家柄であったが、この婚姻によりブルボン家ハプスブルク家との縁が深まり、有力な家柄の一つとなった。

1850年、ルイーズ=マリーは結核によりレオポルドに先立ってオーステンデで死去し、ラーケンノートルダム教会に葬られた[1]

子女編集

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 谷克二『ブリュッセル歴史散歩 中世から続くヨーロッパの十字路』日経BP企画、2009年、206頁。ISBN 978-4-86130-422-4
先代:
ベルギー王妃
1832年 - 1850年
次代:
マリー=アンリエット・ドートリッシュ