ルイーゼ・ツー・メクレンブルク (1824-1859)

ルイーゼ・マリー・ヘレーネ・ツー・メクレンブルクLuise Marie Helene Herzogin zu Mecklenburg[-Schwerin], 1824年5月17日 - 1859年3月9日)は、ドイツ・メクレンブルク=シュヴェリーン大公家の公女。

ルイーゼ・ツー・メクレンブルク
Luise zu Mecklenburg
Alexandrine von Mecklenburg and her children, by Friedrich Wilhelm von Schadow.jpg

出生 (1824-05-17) 1824年5月17日
ルートヴィヒスルスト
死去 (1859-03-09) 1859年3月9日(34歳没)
ヴェネツィア
配偶者 フーゴー・ツー・ヴィンディシュ=グレーツ
子女 アレクサンドリーネ
オルガ
フーゴー
マリー
家名 メクレンブルク=シュヴェリーン家
父親 メクレンブルク=シュヴェリーン大公パウル・フリードリヒ
母親 アレクサンドリーネ・フォン・プロイセン
テンプレートを表示

生涯編集

メクレンブルク=シュヴェリーン大公パウル・フリードリヒと、その妻のプロイセン王女アレクサンドリーネの間の第2子、長女として生まれた。洗礼名は母方の祖母であるプロイセン王妃ルイーゼに因む。

1849年10月20日にオーストリア帝国の陸軍元帥アルフレート・ツー・ヴィンディシュ=グレーツ侯爵の弟、ヴェーリアント・ツー・ヴィンディシュ=グレーツ侯爵の長男フーゴー(1823年 - 1904年)と結婚した。1859年3月、ヴェネツィア滞在中に発病して急死した。葬儀は婚家の持ち城の1つ、リティヤ郊外のヴァーゲンスベルク城(Schloss Wagensberg)で行われた。婚家はカトリック信徒だったため、リュブリャーナから福音派教会の主任牧師ルートヴィヒ・テオドール・エルツェドイツ語版が呼ばれ、司式を取り仕切った。

夫は1867年10月9日にマティルデ・ラジヴィウ公女と再婚した。そして同月27日の父の死と同時に、弟系ヴィンディシュ=グレーツ侯爵家の家督を継いだ。

子女編集

夫との間に4人の子女をもうけた。

  • アレクサンドリーネ・マリー(1850年 - 1933年)
  • オルガ・マリー・フリーデリケ(1853年 - 1934年) - 1876年、アンドレア・モチェニゴ伯爵と結婚(1878年死別)
  • フーゴー・ヴェーリアント・アレクサンダー・ヴィルヘルム・アルフレート(1854年 - 1920年) - 弟系ヴィンディシュ=グレーツ侯、1885年にアウエルスペルク侯女クリスティアーネと結婚
  • マリー・ガブリエーレ・エルネスティーネ・アレクサンドラ(1856年 - 1929年) - 考古学者、1881年にメクレンブルク公パウル・フリードリヒと結婚

なお、夫と後妻の間の3人の子はいずれも早世した。

参考文献編集

  • Theodor Elze: Rede bei der Beisetzung der Leiche Ihrer Hoheit Luise Fürstin von Windischgrätz, Herzogin von Mecklenburg-Schwerin, auf Schloss Wagensberg den 21. März 1859. Laibach: Kleinmayr & Bamberg 1859