メインメニューを開く

ルイ3世 (モンパンシエ公)

モンパンシエ公ルイ3世(Louis III de Bourbon-Vendôme, duc de Montpensier, 1513年6月10日 - 1582年9月23日)は、フランスの血統親王(prince du sang)。ユグノー戦争における国王軍の指揮官の一人で、強硬派として知られた。

ルイ3世・ド・ブルボン=ヴァンドーム
Louis III de Bourbon-Vendôme
モンパンシエ公
Ludwik III de Montpensier.JPG

出生 (1513-06-10) 1513年6月10日
死去 (1582-09-23) 1582年9月23日(69歳没)
配偶者 バル=シュル=セーヌ女伯ジャクリーヌ・ド・ロンウィ
子女 フランソワーズ
アンヌ
ジャンヌ
フランソワ
シャルロット
ルイーズ
父親 ラ・ロシュ=スュル=ヨン公ルイ・ド・ブルボン
母親 モンパンシエ女公ルイーズ・ド・ブルボン
テンプレートを表示
モンパンシエ公の紋章

生涯編集

ラ・ロシュ=スュル=ヨン公ルイとモンパンシエ女公ルイーズ(モンパンシエ伯ジルベールの娘)の間に生まれた。フランス元帥であったブルボン公シャルル3世の甥にあたったが、シャルル3世はフランス王フランソワ1世と敵対し、所領を没収された。

1536年にアンヌ・ド・モンモランシーの指揮下で、ルイはカール5世からプロヴァンスおよびアルトワを守った。

1538年、バル=シュル=セーヌ女伯ジャクリーヌ・ド・ロンウィと結婚した。ジャクリーヌはパニー男爵ジャン4世・ド・ロンウィと、フランス王フランソワ1世の庶出の姉ジャンヌとの間の娘であった。ルイの結婚に際して、フランソワ1世はルイの祖父ジルベールのものであったモンパンシエ伯領(この時に公領となる)、フォレ伯領およびボージュー伯領をルイの母ルイーズに与えた。1543年にはルイはオーヴェルニュのドーファン領も獲得した。

ルイはカール5世との戦いに数多く参加した。1557年、サン=カンタンの戦いにおいて、乗っていた馬を殺され、ルイ自身は捕虜となった。

ルイは妻ジャクリーヌの王妃カトリーヌ・ド・メディシスに対する影響力を利用した。1560年の夏の間に、ルイはトゥーレーヌアンジューおよびメーヌの総督となった[1]。1560年8月、ルイはプロテスタントの反乱の鎮圧を指揮した[2]。また、同年12月に、フランソワ2世はルイをドンブ公(prince souverains de Dombes)とした。

ルイと異なり、妻ジャクリーヌはプロテスタントに同情的であった。1561年、妻ジャクリーヌが死去、同年に母ルイーズも死去したためモンパンシエ公位を継承し、ルイはユグノーに対する最も強硬的な敵対者となり、自身の子供たちをも迫害した。そのあまりの非情さゆえに自身の部下からも嫌われた。1563年には、アングレームおよびコニャックを制圧した。

1569年、ジャルナックの戦いに参加し、ブルターニュ総督に任ぜられた。翌年には、ギーズ公アンリ1世およびマイエンヌ公シャルルの姉妹カトリーヌと再婚した。サン・バルテルミの虐殺にも賛同し、1575年にはポワトゥーでプロテスタントと戦い、虐待を行った。

子女編集

ジャクリーヌ・ド・ロンウィとの間に以下の子女をもうけた。

  • フランソワーズ(1539年 - 1587年) - 1559年にブイヨン公・スダン公アンリ=ロベールと結婚
  • アンヌ(1540年 - 1572年) - 1561年にヌヴェール公フランソワ2世と結婚
  • ジャンヌ(1541年 - 1620年) - ポワティエ女子修道院長(1570年)およびジュアール女子修道院長(1573年)
  • フランソワ(1542年 - 1592年) - モンパンシエ公
  • シャルロット(1547年 - 1582年) - ジュアール女子修道院長、1575年にウィレム1世と結婚
  • ルイーズ(1548年 - 1586年) - ファルムティエおよびジュアール女子修道院長

脚注編集

  1. ^ Jean Duquesne, Dictionnaire des gouverneurs de province, Éd. Christian, Paris, 2003, p. 19.
  2. ^ Lucien Romier, La conjuration d'Amboise, Paris, 1923, p. 233.
先代:
ルイーズ
モンパンシエ公
1561年 - 1582年
次代:
フランソワ