ルキウス・カエキリウス・メテッルス・デンテル

ルキウス・カエキリウス・メテッルス・デンテル (ラテン語: Lucius Caecilius Metellus Denter紀元前320年 - 紀元前283年) は、共和政ローマ時代の軍人、政治家。

Rmn-social-header-1-.svg
ルキウス・カエキリウス・メテッルス・デンテル
L. Caecilius Metellus Denter
出生 紀元前320年
死没 紀元前283年
出身階級 プレブス
一族 メテッルス
氏族 カエキリウス氏族
官職 執政官(紀元前284年)
プラエトル(紀元前283年)
指揮した戦争 アレティウムの戦い(紀元前283年)
テンプレートを表示

略歴編集

紀元前284年には執政官に就任[1]、翌年はプラエトルを務めた[2]ポリュビオスによれば、10年ぶりにガリア人が軍を率いてアッレティウム(現アレッツォ)を包囲した。救援に赴いたローマ軍はガリア軍を攻撃したが敗北し、デンテルは命を落としたという(アレティウムの戦い)。デンテルの後任にはマニウス・クリウス・デンタトゥスが選出され、捕虜交換を申し出たものの断られたため、ローマ軍は彼らを攻撃して彼らの領地から追い出したという[3][4][5][6]

デンテルはおそらく紀元前251年247年に執政官を務めたルキウス・カエキリウス・メテッルスの父親であり、後者は Caecilius L. f. C. n. Metellus と認知された[7]。この L. f. C. n. が「ルキウスの息子でありガイウスの孫」という意味であれば、デンテルの父親は恐らくガイウス・カエキリウス・メテッルスであろう。別の解釈では、恐らく紀元前316年に護民官を務めたであろう、クイントゥス・カエキリウス英語版の息子か甥という事になるが、ブロートンの The Magistrates of the Roman Republic にも、『ギリシア・ローマ伝記神話辞典英語版』にも、それらしき人名は見当たらない[8]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ブロートン, 187.
  2. ^ ブロートン, 188.
  3. ^ リウィウス、『ペリオカエ』 12
  4. ^ パウルス・オロシウス英語版、『異教徒に反論する歴史』 VII, iii. 22.
  5. ^ ポリュビオス、『歴史』ii. 19.
  6. ^ Fast. Sicul.
  7. ^ ブロートン, 213.
  8. ^ ウィリアム・スミス、『ギリシア・ローマ伝記神話辞典』

参考文献編集

  • T. R. S. Broughton (1951). The Magistrates of the Roman Republic Vol.1 (1986年再版 ed.). American Philological Association 
  • Manuel Dejante Pinto de Magalhães Arnao Metello; João Carlos Metello de Nápoles (1998). Metellos de Portugal, Brasil e Roma. Torres Novas 

外部リンク編集

公職
先代
ガイウス・クラウディウス・カニナ
マルクス・アエミリウス・レピドゥス
ローマ執政官(コンスル)
紀元前284年
同僚
ガイウス・セルウィリウス・トゥッカ
次代
プブリウス・コルネリウス・ドラベッラ
グナエウス・ドミティウス・カルウィヌス・マクシムス