ルキウス・フリウス・カミッルス (紀元前349年の執政官)

古代ローマの政治家、軍人

ルキウス・フリウス・カミッルス(Lucius Furius Camillus)は紀元前4世紀共和政ローマの政治家・軍人。紀元前349年執政官(コンスル)を務めた。

経歴編集

ローマ第二の創建者と謳われるマルクス・フリウス・カミッルスの息子である。紀元前350年に民会運営のために独裁官(ディクタトル)に任命された[1]

紀元前349年には、執政官(コンスル)に就任。同僚執政官はアッピウス・クラウディウス・クラッスス・インレギッレンシスであったが、任期完了前に死亡した。補充執政官は選出されなかったため、ルキウス・フリウスはこの間の単独の最高責任者であった[2]。ルキウス・フリウスは10個軍団を編成、イタリア北部に侵入してきたガリア人に向かい、野戦で彼らに勝利した。このときに、伝説的な英雄でトリブヌス・ミリトゥム(高級士官)であったマルクス・ウァレリウス・コルウスが、一騎打ちで巨大なガリア戦士を倒したとされる[3]

紀元前345年には独裁官に就任し、突如ローマに反乱したアウルンキ(en)と戦った。この戦いの最中に、ルキウス・フリウスは神の加護を得るためにユーノーモネータ神殿(en)を建立することを誓った。神殿は翌年カピトリヌスの丘マルクス・マンリウス・カピトリヌスの屋敷跡(マルクスが王位を狙ったとして死刑になった後、空き地になっていた)に建立された[4]

参考資料編集

関連項目編集

公職
先代:
マルクス・ポピッリウス・ラエナス III
ルキウス・コルネリウス・スキピオ
執政官
同僚:アッピウス・クラウディウス・クラッスス・インレギッレンシス
紀元前349年
次代:
マルクス・ウァレリウス・コルウス
マルクス・ポピッリウス・ラエナス IV