メインメニューを開く

ルクセンブルク=リニー家: Haus Luxemburg-Ligny)またはリュクサンブール=リニー家: Maison de Luxembourg-Ligny[1]は、フランス貴族の家系。14世紀から15世紀前半にかけて神聖ローマ皇帝を出したリンブルク=ルクセンブルク家の傍系である。本家が1437年に断絶した後も、17世紀まで存続した。

目次

歴史編集

リニー家は、ルクセンブルク伯ハインリヒ6世の弟にあたるワレラン1世(1288年没)が、母方から相続したリニー英語版に本拠を置いたことで始まった。ハインリヒ6世伯の嗣子ハインリヒ7世神聖ローマ皇帝となり、その一族が皇帝家およびボヘミアハンガリー王家として中欧諸国に拠点を移したのに対し、リニー家の当主たちは北フランスの領主の地位に留まったものの、近隣領主の女子相続人との結婚を通じて所領を拡大した。ワレラン1世の曾孫ギー(1370年没)は、結婚を通じて1360年サン=ポル伯領を相続し、1364年にはフランス王からリニー伯英語版の称号を授けられた。ギーの息子のうち、長男のワレラン3世(1415年没)は1412年フランス大元帥英語版に任命され、下の息子のジャン(1397年没)は妻方からブリエンヌ伯領英語版およびコンヴェルサーノ伯領を相続した。

ブリエンヌ伯ジャンの3人の息子たちは百年戦争においてブルゴーニュ公国およびイングランドと密接な関係を持ち、彼ら兄弟の1人リニー伯ジャン2世1425年にイングランド占領地域に入ったギーズ伯領を与えられた。ブリエンヌ伯ジャンの嫡孫であるサン=ポル伯ルイ(1475年没)はリニー家の輩出した2人目のフランス大元帥だった。サン=ポル大元帥ルイは一族が獲得した数々の伯爵領をまとめて相続した人物で、自らも結婚によりソワソン伯領マルル伯領ドイツ語版を入手した。しかし彼は他の有力諸侯やイングランド王エドワード4世と結んでフランス王ルイ11世を脅かしたため、大逆罪で処刑され、所領の多くを没収された。リニー家は1475年のサン=ポル大元帥没落以降二度と勢威を回復出来ず、いったん没収された諸伯爵領の多くは返還されたものの、リニー家の所領は分割相続や女子相続に伴う他家への譲渡により分散していった。

サン=ポル大元帥の玄孫フランソワ(1613年没)は、1576年にピネー=リュクサンブール公フランス語版爵位を与えられ、同爵位は1581年にフランス王国同輩公英語版の地位を認められた。フランソワの息子アンリ(1616年没)は、皇帝を幾人も出したルクセンブルク家の後裔であることを強調すべく、ピネー公爵位をリュクサンブール公爵(Duc de Luxembourg)と称するようになった。アンリには男子が無かったので、彼の死と共にルクセンブルク=リニー家の正嫡は絶えたが、ピネー=リュクサンブール公爵位は、1661年にアンリの外孫マドレーヌ・ド・クレルモン=トネールと結婚したフランソワ・アンリ・ド・モンモランシーに受け継がれた。モンモランシーはリュクサンブール元帥(maréchal de Luxembourg)の通称で知られている。

フランス王がリニー家の者に与えた公爵位はピネー公爵位だけではない。サン=ポル大元帥の弟フィエンヌ領主ティボーフランス語版(1477年没)の曾孫にあたるセバスティアン(1569年没)が、1566年に同輩公のパンティエーヴル公爵英語版位を授けられている。しかしセバスティアンも男子の無いまま死去し、公爵位は娘婿のメルクール公フィリップ・エマニュエル・ド・ロレーヌに引き継がれた。

宮殿編集

初代ピネー公フランソワは、1546年パリ南郊に田舎風の別荘を建設した。これは現在の小リュクサンブール宮殿フランス語版(小宮殿)であり、プチ・リュクサンブール(Petit Luxembourg)と呼び習わされている。フランソワは1612年、この別荘と付属の地所をフランス王ルイ13世の母后マリー・ド・メディシスに売却した。マリー王太后は1615年から1620年にかけ、地所内にさらに大規模な宮殿を建設した。マリーの建設した大宮殿がいわゆるリュクサンブール宮殿と付属のリュクサンブール公園であり、グラン・リュクサンブール(Grand Luxembourg)と呼ばれる。大宮殿は元老院の議事堂として、小宮殿は元老院議長フランス語版の公邸として、それぞれ使用されている。

著名な人物編集

上記の他、リニー家には以下のような人物がいる。

系図編集

 
ハインリヒ5世
ルクセンブルク伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ6世
ルクセンブルク伯
 
ワレラン1世
リニー、ルシー、ラ・ロッシュ領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神聖ローマ皇帝およびボヘミア王家
 
アンリ2世
リニー領主
 
ワレラン2世
リニー、ルシー、ボールヴォワール領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャティヨン家
 
ジャン1世
リニー、ルシー、ボールヴォワール領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マオー
サン=ポル女伯
(サン=ポル伯ジャン娘)
 
ギー
サン=ポル伯
リニー伯
 
ジャン
マインツ大司教
 
 
 
アンギャン家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワレラン3世
サン=ポル伯
リニー伯
 
ジャンヌ
サン=ポル女伯
リニー女伯
 
ピエール
枢機卿
 
ジャン
ブリエンヌ伯
コンヴェルサーノ伯
 
マルグリット
(ブリエンヌ伯・コンヴェルサーノ伯ルイ1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピエール1世
ブリエンヌ伯
サン=ポル伯
 
ルイ
枢機卿
 
ジャン2世
ギーズ伯
リニー伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャケット
1=ベッドフォード公ジョン
2=リヴァーズ伯リチャード・ウッドヴィル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ
サン=ポル伯
リニー伯
フランス大元帥
 
ジャンヌ
マルル女伯
ソワソン女伯
(マルル伯・ソワソン伯ロベール娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティボー
フィエンヌ領主
ブリエンヌ伯
 
ジャック
リシュブール領主
 
ブロス家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリザベス・ウッドヴィル
=イングランド王エドワード4世
 
 
 
ジャン
マルル伯
ソワソン伯
 
ピエール2世
マルル伯
ソワソン伯
サン=ポル伯
ブリエンヌ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントワーヌ
ルシー伯
ブリエンヌ伯
リニー伯
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ1世
マルティーグ子爵
 
 
 
 
 
ルネ・ド・ブロス
パンティエーヴル伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ
ヴァンドーム伯
 
マリー
サン=ポル女伯
マルル女伯
ソワソン女伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル
ブリエンヌ伯
リニー伯
ルシー伯
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ2世
マルティーグ子爵
 
シャルロット・ド・ブロス
 
ジャン4世・ド・ブロス
パンティエーヴル伯
エタンプ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル
ヴァンドーム公
ソワソン伯
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ1世
エストゥトヴィル公
サン=ポル伯
 
 
 
 
 
 
 
アントワーヌ2世
ブリエンヌ伯
リニー伯
 
ルイ3世
ルシー伯
 
 
 
 
 
セバスティアン
パンティエーヴル公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブルボン王家
 
ブルボン=コンデ家
 
フランソワ2世
エストゥトヴィル公
サン=ポル伯
 
レオノール
ロングヴィル公
 
マリー2世
エストゥトヴィル女公
サン=ポル女伯
 
 
 
ジャン4世
ブリエンヌ伯
リニー伯
 
 
 
 
 
フランソワ
ルシー伯
ピネー=リュクサンブール公
 
マリー
パンティエーヴル女公
 
フィリップ・エマニュエル・ド・ロレーヌ
メルクール公
パンティエーヴル公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オルレアン=ロングヴィル家
 
シャルル2世
ブリエンヌ伯
リニー伯
 
ルイーズ
ブリエンヌ女伯
 
ディアーヌ
ピネー女伯
 
アンリ
ピネー=リュクサンブール
 
 
 
フランソワーズ・ド・ロレーヌ
メルクール女公
パンティエーヴル女公
 
セザール・ド・ブルボン
ヴァンドーム公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル・アンリ・ド・クレルモン
 
マルグリット
ピネー=リュクサンブール女公
リニー女伯
 
 
 
 
 
ブルボン=ヴァンドーム家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ・アンリ・ド・モンモランシー
リュクサンブール公
 
マドレーヌ・ド・クレルモン=トネール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モンモランシー家
モンモランシー公
 

脚注編集

  1. ^ ルクセンブルク(リュクサンブール)=サン=ポル家(Maison de Luxembourg-Saint-Pol)とも呼ばれている。

参考文献編集

  • Detlev Schwennicke : Europäische Stammtafeln Band I.2 (1999) Tafel 231-233