ルクレーツィア・ランドリアーニ

ルクレーツィア・ランドリアーニ(Lucrezia Landriani 1440年 - 没年不詳)は、ルネサンス期の愛妾。女傑カテリーナ・スフォルツァの母。

ルクレーツィア・ランドリアーニとされる肖像画(ピエロ・デル・ポッライオーロ画、絵画館 (ベルリン)

生涯編集

ルクレーツィアは1440年にミラノ周辺で生まれた。両親については不明であるが、美しいブロンドの髪と青い目、そして優雅な物腰で有名な美少女だった。ピエロ・デル・ポッライオーロの肖像画がよく知られている。

ルクレーツィアはランドリアーニ伯爵の夫人となり、二人の子を生んだ。ミラノ公ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァはランドリアーニ伯爵と知り合いであり、ルクレーツィアの美貌に一目惚れしてぜひ自分の妾としたいと考えた。そして1460年頃、ガレアッツォはルクレーツィアを欺いて自分の城砦に呼び寄せると、彼女を部屋に連れ込んで強姦した。ルクレーツィアはガレアッツォの愛妾となることを強要された。ルクレーツィアは20歳、ガレアッツォは16歳だった。その後、ルクレーツィアはガレアッツォの子を1461年、1463年、1465年、1467年の四回にわたって生んでいる。そのうちの一人が、有名な女傑カテリーナ・スフォルツァだった。

その後、1476年にガレアッツオは暗殺され、ルクレーツィアの没年は伝わっていない。

参考文献編集

  • Ady, Cecilia M. (1907). "chapter 109". In Armstrong, Edward. A History of Milan Under the Sforza. New York (London): G. P. Putnam's Sons (Methuen and Company).
  • I.モンタネッリ、R.ジェルヴァーゾ(著)、藤沢道郎 (翻訳) 『ルネサンスの歴史 (上) 黄金世紀のイタリア』中央公論社、1985年