メインメニューを開く

ルゴプスRugops "シワ顔"の意味 )は約9500万年前の白亜紀後期セノマン期(en)に現在のアフリカに生息していた獣脚類恐竜の属である。 2000年、ニジェールでのルゴプスの頭蓋骨の発見は、この地域の獣脚類の進化を理解する上で重要な突破口であり、歴史的にはこの陸塊がまだその段階ではゴンドワナと一体化していたことを示している。

ルゴプス
Rugops
生息年代: 99.6–93.5 Ma
Rugops BW.jpg
ルゴプス復元図
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : ケラトサウルス下目Ceratosauria
: アベリサウルス科Abelisauridae
: ルゴプス属Rugops
学名
Rugops
Sereno et al.2004

目次

特徴編集

唯一知られているの頭骨および、近縁種との比較に基づけばルゴプスの体長は約6mであったと推定される。[1] 頭骨は装甲もしくは鱗に覆われており、他の骨は多くの血管を持っていた。この化石を発見したチームのリーダーであるポール·セレノ(en)は「これは戦闘または骨の破砕用に設計された頭のようなものではなく、スカベンジャーであったかもしれないことを示唆している」と言っている(ただしスカベンジャーであったとしても、それだけで、このような大型動物の体を維持できたかは不明である。同様の問題はティラノサウルスのスカベンジャー説などが有名)。また頭骨には7つの穴の列が2列並んでいた。この用途は不明であるが、セレノはそれらにある種の鶏冠や角が固定されていたかもしれないと推測している。

 
復元された頭骨

他のアベリサウルス類と同じようにおそらくルゴプスの腕はとても短かった。腕は戦闘に役立たなかっただろう。腕はバランスをとるためのもので、この恐竜の大きな頭の重量を相殺するためのものだったのかもしれない。 タイプ種 はR. primus (”最初のシワ顔”の意味)はである。ルゴプスはアベリサウルス科abelisaurid)に属すると考えられ、マジュンガサウルスと近縁である。

大衆文化において編集

ルゴプスはBBCのシリーズ番組Planet Dinosaurの初回で取り上げられ、スカベンジャーであるようで、スピノサウルスの捕獲した魚の残飯を食べていた。

参照編集

  1. ^ Holtz, Thomas R. Jr. (2011) Dinosaurs: The Most Complete, Up-to-Date Encyclopedia for Dinosaur Lovers of All Ages, Winter 2010 Appendix.

外部リンク編集