メインメニューを開く

ルスダン(Rusudan、1194年 - 1245年)は、グルジア王国の女王(在位:1223年 - 1245年)。女王タマル(在位:1184年 - 1213年)とオセット人ダヴィト・ソスランとのあいだに生まれた。兄にグルジア王ギオルギ4世英語版(在位:1212年 - 1223年)がいる。

ルスダン
რუსუდანი
グルジア女王
Coin of Queen Rusudan.jpg
ルスダンの貨幣(1230年)
在位 1223年 - 1245年

出生 1194年
死去 1245年
子女 ダヴィド6世英語版
王朝 バグラチオン朝
父親 ダヴィト・ソスラン
母親 タマル
テンプレートを表示

目次

人物・略歴編集

モンゴルのルーシ侵攻と同じ頃、モンゴル軍の一部は南下してグルジア王国に侵攻した。ルスダンの兄ギオルギ4世はすぐさま第5回十字軍への支援を取りやめ、国を挙げての抵抗をはじめた。1221年、グルジア王国はジェベシュベティを主力とするモンゴル軍2万の攻撃を受け、敗退した[1][2]。ギオルギ4世は3度戦って3度敗れたが、これはキリスト教文明に属する地域がモンゴル軍からの猛攻を受けた最初であった[1][2]。グルジアはモンゴルの軍事力には対抗できず、ギオルギ4世は緒戦で重傷を負い、1222年に31歳で亡くなった。

ルスダンはその後王位を継承したが、彼女には国政の経験がなく、国自体も遊牧民を追い出すには弱すぎた。モンゴルがコーカサス山脈の北へ去ると、いったん征服されたあとインドに逃れたホラズム・シャー朝ジャラールッディーン・メングベルディー中央アジアに帰還し、1225年以降、アゼルバイジャンとグルジア王国への遠征に乗り出し、1226年、王国の首都トビリシは灰燼に帰し、占領された[1][3]。なお、このとき、ジャラールッディーンは「イスラム世界の防衛者」を称している[1]

1236年ジョチの子バトゥによるヨーロッパ遠征(バトゥの西征)が始まった。チョルマカン率いるモンゴル軍が再びグルジアに侵攻し、ルスダンはグルジア西部への避難を余儀なくされた。東部で抵抗を続ける貴族の多くは滅ぼされ、残った者はモンゴルに臣従し貢税を支払った。モンゴル軍はスラミ山脈英語版を越えなかったためグルジア西部の被害は少なく、ルスダンはようやく危機を脱した。その後、ルスダンはローマ教皇グレゴリウス9世に支援を求めたが失敗し、1243年、モンゴル軍3万が常駐するなかグルジアはモンゴルに併合され、その属領となった[1][4]1245年、女王ルスダンのにあたるダヴィド7世英語版が女王に対し王位を自分に委ねるよう要求したが、ルスダンは息子のダヴィド6世英語版を王位後継者として認めるようモンゴル帝国にはたらきかけた。ルスダンはこの年死去している。

脚注編集

参照編集

  • 井谷鋼造永田雄三羽田正他『西アジア史(2)』永田雄三(編)、山川出版社〈新版世界各国史 9〉、2002年8月。ISBN 978-4-634-41390-0
  • J.M.ロバーツ(en)『世界の歴史4 ビザンツ帝国とイスラーム文明』創元社、2003年4月。ISBN 4-422-20244-8
  • 『世界地理大百科事典6 ヨーロッパ』田辺裕・木村英亮・中俣均ら(編)、朝倉書店、2000年9月。ISBN 4-254-16666-4
  • 『コーカサスを知るための60章』北川誠一・前田弘毅廣瀬陽子吉村貴之(編)、明石書店、2006年4月。ISBN 4-7503-2301-2
  • Wilhelm Baum: Rusudani (Russutuna). In: Biographisch-Bibliographisches Kirchenlexikon (BBKL). Band 27, Bautz, Nordhausen 2007, ISBN 978-3-88309-393-2, Sp. 1179–1184.

関連項目編集