ルドルフ・オットー

ルドルフ・オットーRudolf Otto, 1869年9月25日-1937年3月6日)は、ドイツ哲学者宗教哲学者。マールブルク大学教授。

ルドルフ・オットー

イマヌエル・カントヤーコプ・フリードリヒ・フリースの研究から、崇高で聖なるものとは、という問題意識を持つようになり、宗教哲学の研究に移行した。代表作は、『なるもの』(1917年)で宗教学の重要な原典である。キリスト教の教義に依拠せず、哲学の立場から宗教にどうアプローチするかということになると、オットーにたどり着くといわれる。

神聖で、それでいて道徳や習俗、認識とは別途のものを彼は、「ヌミノーゼ」という概念で呼ぶ。その他、彼には神秘学、宗教哲学概説、といった分野の業績がある。古代インド神話学にも通じていた。

邦訳の著作編集

参考文献編集

関連文献編集

関連人物編集