ルドヴィック・ピエト

ルドヴィック・ピエト(Ludovic Piette または ルドヴィック・ピエト=モンフーコー、Ludovic Piette-Montfoucault、1826年5月11日 - 1878年4月14日)はフランスの画家である。有名な印象派の画家たちの中で活動した。

ルドヴィック・ピエト
Ludovic Piette
Piette by Pissarro.jpg
カミーユ・ピサロによる肖像画
生誕1826年5月11日
フランス,ニオール
死没1878年4月14日
フランス,パリ

略歴編集

現在のドゥー=セーヴル県ニオールの名家に生まれた。パリにでて、イジドール・ピルストマ・クチュールのもとで学んだ。クチュールのスタジオでは、エドゥアール・マネと知り合った。私立の美術学校、アカデミー・シュイスでも学び、学生のカミーユ・ピサロと知り合い友人となり、ピサロから大きな影響を受けた。この時代、明るい色調の印象派のスタイルで自然の風景や町並みを描いた。

1864年を過ぎるころから、体を悪くして療養のために田舎で暮らすようになり、ブルターニュで過ごした後、ルーヴシエンヌポントワーズで暮らし、ポントワーズには、ピサロやポール・セザンヌら、印象派の画家が集まってきていた。

1878年にピサロに頼まれて、第3回の印象派展に出展した。翌年ピエトが没した後、第4回の印象派展では別室で代表作を展示した小展覧会がピサロによって準備された。

作品編集

参考文献編集

  • Peter H. Feist e.a.: Het Impressionisme (samenstelling Ingo F. Walther), Taschen, München, 2010. ISBN 9783836522908