ルネ=アントワーヌ・ウアス

フランス画家

ルネ=アントワーヌ・ウアスフランス語: René-Antoine Houasse, 1645年頃 - 1710年5月27日)は、フランス装飾画家[1]

ルネ=アントワーヌ・ウアス
François Jouvenet - Portrait de René-Antoine Houasse.jpg
François Jouvenetによる肖像画
生誕René-Antoine Houasse
1645年頃
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死没1710年5月27日(1710-05-27)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
国籍フランス王国(ブルボン朝)
運動・動向フランス・バロック
選出 王立絵画彫刻アカデミー
後援者 ルイ14世
影響を受けた
芸術家
シャルル・ルブラン

略歴編集

パリで生まれた。王室の筆頭画家シャルル・ルブランの弟子になり[2]、彼の監督の元で王立ゴブラン製作所英語版で働き、ヴェルサイユ宮殿トリアノンの装飾を行った[3]

1673年に王立絵画彫刻アカデミーの会員に選ばれた。1699年から1704年の間、在ローマ・フランス・アカデミーの校長を務めた。

1673年2月に、シャルル・ルブランの親戚の娘と結婚し、息子に、画家で建築家のミシェル=アンジュ・ウアス英語版がいる[2]

ルネ=アントワーヌはグレコ・ローマン時代の女神であるアテーナーミネルウァが登場する様々な神話をモチーフとした一連の絵画を描いた。

絵画編集

脚注編集

  1. ^ Henry Herluison, Actes d'état-civil d'artistes françcais, peintres, graveurs, architectes ..., p. 181, J. Baur, Paris, 1873 (lire en ligne (vue 188))
  2. ^ a b Dictionary of Rococo Art,"HOUASSE,MICHEL-ANGE (1680-1730)"
  3. ^ All Versailles, "THE STATE APARTMENTS"
  4. ^ 『虹の西洋美術史』 2012, p. 28.

参考文献編集

  • Historical Dictionary of Rococo Art. Scarecrow Press. (2011). p. 144. ISBN 978-0810861831 
  • All Versailles. Casa Editrice Bonechi. (2006). p. 18 
  • Actes D'Etat-Civil D'Artistes Francais. (1871). p. 181. https://archive.org/details/gri_33125001961628 
  • 岡田温司『虹の西洋美術史』筑摩書房ちくまプリマー新書〉、2012年。ISBN 978-4-480-68891-0

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ルネ=アントワーヌ・ウアスに関するカテゴリがあります。