メインメニューを開く

ルネ=ジュスト・アユイ

ルネ=ジュスト・アユイ(René Just Haüy、1743年2月28日 - 1822年6月3日)はフランス鉱物学者および聖職者である。「結晶は小さなユニットの繰り返しでできている」という理論を提唱し、「結晶学の父」と呼ばれる。

ルネ=ジュスト・アユイ
René Just Haüy.jpg
生誕 1743年2月28日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国 イル=ド=フランス サン=ジュスタン=ショッセフランス語版
死没 (1822-06-03) 1822年6月3日(79歳没)
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国 パリ
研究分野 鉱物学結晶学
研究機関 国立自然史博物館
エコール・ポリテクニーク
主な業績 有理指数の法則の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

イル=ド=フランス(後のオワーズ県サン=ジュスタン=ショッセフランス語版に生まれた。パリで学び、1770年司祭に任じられた。パリ植物園で働き、1783年科学アカデミーの会員になった。高等師範学校教授などを務めた。

1784年に床に落として砕けた方解石(カルサイト)が、元の結晶と同じ形の小さな結晶の破片になったのを見て、結晶面の寸法に整数比が成り立つという「有理指数の法則」を発見し、原子または分子が並んで作る結晶は小さなユニットの繰り返しでできているという説を提唱した。

フランス革命後の1792年聖職者民事基本法への宣誓を拒否したため投獄されたが、弟子のエティエンヌ・ジョフロワ・サンティレールの尽力によって九月虐殺の直前に解放され、難を逃れることができた。

1797年、知人のルイ=ニコラ・ヴォークランがシベリア産の紅鉛鉱から発見した新元素に、酸化状態によってさまざまな色を呈することからギリシャ語の χρωμα(chrōma、色)にちなんでクロムの名を与えた。1821年にはスウェーデン王立科学アカデミーの外国人メンバーに選出されている。

兄弟に1784年に盲学校をパリに設立したヴァランタン・アユイフランス語版(1745年 - 1822年)がいる。

準長石の一種である haüyne(アウイン、和名:藍方石、(Na,Ca)4-8Al6Si6O24(SO4,S)1-2)は、アユイから名付けられた。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集