ルネ (アランソン公)

ルネ・ダランソン(René d'Alençon)またはルネ・ド・ヴァロワ(René de Valois, 1454年 - 1492年11月1日)は、アランソン公(1478年 - 1492年)。

ルネ・ダランソン
René d'Alençon
アランソン公
Portrait de René d'Alençon.png
在位 1478年 - 1492年

出生 1454年
死去 1492年11月1日
Bannière de France style 1500.svg フランス王国アランソン
配偶者 マルグリット・ダルクール
  マルグリット・ド・ロレーヌ
子女 シャルル4世
フランソワーズ
アンヌ
家名 ヴァロワ=アランソン家
父親 アランソン公ジャン2世
母親 マリー・ダルマニャック
テンプレートを表示
アランソン公の紋章

生涯編集

アランソン公ジャン2世と2番目の妻マリー・ダルマニャック(アルマニャック伯ジャン4世の娘)の唯一の男子である[1]

父ジャン2世は1474年にアランソン公、ペルシュ伯などの爵位を剥奪された上で1476年に獄死していたが、1478年にルネはそれらを回復した。

子女編集

はじめタンカルヴィユ伯ギヨーム・ダルクールの娘マルグリット・ダルクールと結婚したが、子女はいない。

次いで1488年5月14日にトゥールにおいてロレーヌ公ルネ2世の妹マルグリット・ド・ロレーヌと再婚した[2]。2番目の妻との間に1男2女をもうけている。

また、以下の庶子がいる。

  • シャルル(1545年没) - カニー領主[1]
  • マルグリット - 1485年にジャック・ド・ボワギヨンと結婚[1]、アンリ・ド・ブルネルと再婚
  • ジャクリーヌ - ジル・デ・オルムと結婚[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g Potter 1995, p. 375.
  2. ^ Hickson 2012, p. 113.

参考文献編集

  • Hickson, Sally Anne (2012). Women, Art and Architectural Patronage in Renaissance Mantua. Ashgate Publishing 
  • Potter, David (1995). Keen, Maurice. ed. A History of France, 1460–1560: The Emergence of a Nation State. Macmillan 

関連項目編集

先代
ジャン2世
アランソン公
1478年 - 1492年
次代
シャルル4世