ルノー・トラフィック

トラフィックTrafic )は、フランスの自動車製造会社ルノー1980年から生産するモノスペースタイプのバンである。 バッジエンジニアリングによって提携先ブランドであるオペルボクスホールシボレーフィアットタタ・モーターズ日産からも別名称で販売されている。

歴史編集

初代 (1980年-2000年) X20 (バン:T1,T3,T4,TXX バス:T5,T6,T7,TXW キャブシャシ:P6, PXX)編集

<ルノー・トラフィック>
バン(ディーゼル)
バン・ハイルーフ(フェイスリフト後)
救急車仕様(フェイスリフト後)
製造国   フランス
販売期間 1980年 - 2000年
エンジン 1397cc 1.4 OHV(ガソリン)
1647cc 1.6 OHV(ガソリン)
2164cc 2.2 SOHC(ガソリン)
2068cc 2.1D SOHC(ディーゼル)
2499cc 2.5D SOHC(ディーゼル)他
駆動方式 FFFR
変速機 5速 MT
サスペンション マクファーソン・ストラット(前輪)
ホイールベース FF:2,800 mm(標準)、3,200 mm(ロング)
FR:2,550 m(標準)、2,950 mm(ロング)
先代 ルノー・エスタフェ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1980年夏にそれまでのエスタフェットを代替するモデルとしてトラフィックとそれより大型のマスターが市場に導入された。トラフィックには前輪駆動(FF)の「トラクシオン」と後輪駆動(FR)の「プロピュルション」の2種類の駆動方式が用意されており、前輪車軸の前方に搭載されたエンジンの後方にキャブが載っていた。ディーゼルエンジン搭載車はラジエターグリルが前方に突き出していることで外観から判別できた[1] 。 初期のモデルはヘッドライトとフロントグリル部分が逆スラントノーズであったが、1990年頃のマイナーチェンジで、通常のスラントノーズに変更された。その他にも細かい変更が数回行われている。

1980年代にはアメリカモーターホーム製作会社ウィネベーゴがこのモデルのCKDキットによりノックダウン生産し、ウィネベーゴ・レシャロ(Winnebago LeSharo )およびアイタスカ・フェイザー(Itasca Phasar )として販売した。ノックダウンは米国安全基準に合致させるためにおこなわれたもので、エンジンはDouvrinエンジンと呼ばれたPRVエンジンを搭載した。

1997年からGMヨーロッパがバッジエンジニアリング版であるオペル・アリーナ1およびボクスホール・アリーナの販売を開始。

また2007年にはインドタタ・モーターズが、このモデルのプラットフォームをベースにしたタタ・ウィンガー(英語版)を発売した。


2代目 (2000年-2014年) X83 (バン:FL0 バス:JL0 キャブシャシ:EL0)編集

<ルノー・トラフィック 2代目>
バン前期型
バン フェイスリフト後
販売期間 2000年 - 2014年
エンジン 1,870cc 1.9 dCi (F9Q760,762)
1,995cc 2.0 dCi (M9R)
1,998cc 2.0 16V (F4R)
2,463cc 2.5 dCi (G9U730,630)
駆動方式 FFFR
変速機 6速 MT、Quickshift5
サスペンション マクファーソン・ストラット(前輪)
全長 4,782 mm (L1H1)
全幅 1,904 mm
全高 1,936 mm
ホイールベース 3,098 mm(L1H1)、3,498 mm(L2H1)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2000年にフルモデルチェンジした2代目トラフィックは、ゼネラルモーターズと共同開発され、ボクスホールおよびオペルではヴィヴァーロとして販売されている。また、ルノーの提携先の日産自動車では、プリマスターとして販売されている。

パリでルノーによって設計され、プリマスターAVANTOURやヴィヴァーロと共に、イギリスのルートンにあるGMMルートンにて生産される。

また、バンは3人乗りから9人乗りまでのバリエーションが存在する。

2006年にはフェイスリフトが行われた。フロントグリルの形状とウインカーの位置が変更された。



3代目 (2014年- ) X82編集

<ルノー・トラフィック>
バン
製造国   フランス  イギリス
販売期間 2014年 -
駆動方式 FF
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2014年9月、欧州にて発表された。先代に引き続き、オペル、ボクスホール等にもOEM供給されるが、日産向けは先代の「プリマスター」から「NV300」に、フィアット向けは先代にあたるプジョー・エキスパートをベースとした「スクード」から当モデルをベースとした新型に切り替わり、「タレント」に車名を変更した上で、三菱へは「三菱・エクスプレス」としてオセアニア市場へOEM供給している。



車名の由来編集

「貿易」や「交通」を表すフランス語から。

出典編集

  1. ^ 『世界のトラック/バス』二玄社、1980年11月25日、pp. 110 - 114。

外部リンク編集