ルノー・11(Renault 11、ルノー・オンズ)は、ルノーにおいて1983年から1989年まで生産された自動車ルノー・9をベースとした5ドア/3ドアのハッチバックモデルである。

ルノー・11
Renault 11 1721cc registered January 1986.JPG
概要
別名 ルノー・アンコール(アメリカ)
販売期間 1983年 - 1989年
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドア/5ドアハッチバック
エンジン位置 フロント
駆動方式 前輪駆動
パワートレイン
エンジン 1,108cc 水冷直列4気筒OHV
1,237cc 水冷直列4気筒OHV
1,397cc 水冷直列4気筒OHV
1,397cc 水冷直列4気筒OHVターボ
1,721cc 水冷直列4気筒SOHC
1,595cc 水冷直列4気筒SOHCディーゼル
変速機 4速MT/5速MT/3速AT
サスペンション
前:マクファーソン・ストラット
後:トレーリングアーム
車両寸法
ホイールベース 2,485 mm
全長 3,985 mm
全幅 1,660 mm
全高 1,410 mm
車両重量 895 - 900 kg
その他
姉妹車 ルノー・9
系譜
先代 ルノー・14
後継 ルノー・19
テンプレートを表示

概要編集

1983年に登場。3ボックス4ドアセダンであるルノー・9のハッチバック版で、9同様ルノー・14の後継車である。

外観デザインはルノー・アライアンスアメリカン・モーターズによる9の北米生産車)と同様の角型4灯ヘッドランプのフロントマスクで登場。1985年に9も同じマスクにフェイスリフトしている。リアはガラスハッチを採用。1986年に9とともにマイナーチェンジ(フェイズ2)して横長ヘッドランプに変わった。

メカニズム面は、9と共有する。エンジン横置きのジアコーサ方式前輪駆動で、サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアがトレーリングアーム+横置きトーションバー。当初のエンジンはOHV1.1/1.4 Lの2種で、1984年にはSOHC1.7 L、1.6 Lディーゼル、そして3ドアには1.4 Lターボ (105 PS) を追加した。1985年には5ドアにもターボを追加。1986年に1.1 Lを1.2 Lに換装したほか、ターボの出力が115 PSにアップしている。

1989年、9とともに生産を終え、ルノー・19が後を継いだ。

なお、1,400ccターボエンジン搭載モデルは、WRCに参戦していた。

アメリカでは1983年(1984年モデルイヤー)からルノー傘下のアメリカン・モーターズ(AMC)にて「ルノー・アンコール(Encore)」の名で、前年にデビューした9ベースの「アライアンス(Alliance)」とともに生産された[1]。1987年はモデルが統合されてアンコールの名が消え「アライアンス・ハッチバック」となったが、AMCがクライスラーに売却された同年限りで生産を終えた。

脚注編集

  1. ^ 自動車アーカイヴ Vol.12 80年代のアメリカ車篇. 二玄社. (2005-04-24). p. 185 

参考文献編集

関連項目編集

ルノー ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8
コンパクト トゥインゴ トゥインゴII トゥインゴIII
5/7 シュペール5 クリオI クリオII クリオIII クリオIV
シンボルI シンボルII
モデュス
カングー
カングーII
14 9/11 19 メガーヌI メガーヌII メガーヌIII メガーヌIV
フルエンス メガーヌIVセダン
パルス
スカラI スカラII
ミドル 18 21 ラグナI ラグナII ラグナIII
20/30 25 サフラン ヴェルサティス ラティテュード/サフラン
アッパー タリスマン(中国向け)
タリスマン
ミニバン セニックI セニックII セニックIII セニックIV
エスパスI エスパスII エスパスIII エスパスIV エスパスV
クーペ フエゴ アヴァンタイム ラグナクーペ
オープン ウインド
SUV キャプチャー
カジャー
コレオス コレオスII
ピックアップトラック アラスカン
アルピーヌ/ルノースポール A310 V6 A610 スパイダー A110(2017)