メインメニューを開く

ルパン三世 1$マネーウォーズ』(ルパンさんせい ワンダラーマネーウォーズ)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第12作。2000年7月28日日本テレビ系の『金曜特別ロードショー』にて放送された。視聴率は19.7%。シリーズ中、セル作画・フィルム撮影で制作された最後の作品となった。

目次

概要編集

ナポレオンレーニンヒトラーなど世界の歴史的指導者の手から手へ渡り歩き、それを手に入れたものは「世界の王」になれるといわれている「幸運のブローチ」をめぐって、ルパンと投資銀行頭取シンシアとの争奪戦が展開する。作品の舞台はITバブルに沸くアメリカ。ルパンがノートパソコンにインストールした古代文字の翻訳ソフトを使用したり、悪役の女性が新興の投資銀行の社長だったりするなど、時代の世相を反映している。(戦闘も本人ではなく傭兵主体でタイトル通り経済戦による武力を彷彿とさせている。)

この作品の冒頭では、ルパンは競売の会場から逃亡する際、会場にいた参加者全員に自分の顔のマスクを被せ「ルパン三世 (TV第1シリーズ)」の19話「どっちか勝つか三代目」のオマージュに近い演出が行われている。またそのマスクはTVシリーズから劇場映画に至るまで、さまざまなデザインの物が使用されていた。

本作のゲストマドンナキャラクターは事実上2名体制となっており、一方はテレスペで比較的登場する少女タイプ、もう一方は敵役の頭取かつ大人の女性であり、ルパンに恋心を抱く微妙な心境が描かれている。

前半では、飛行機に変形できるスバル360が登場し、オープニングのカーチェイスや、その後の尾行などに使用されたが、ドアの開き方は実車とは異なっている(実車の場合、ドアの蝶番は後部にあるが、ルパンのものは前部に付いていた)。

5年ぶりに柏原寛司が脚本を手がけた。殿勝秀樹は監督としては初登板。また今回から撮影監督の長谷川肇が降板している。

あらすじ編集

1カラットもない安物の指輪、マルケスの記念指輪がニューヨークオークション会場に出品された。呆れ返る衆人をよそに、一人の紳士が百万ドルの値を付けるが、1$差で投資銀行「バンク・オブ・ワールド」頭取のシンシアに競り負けてしまう。そこへ銭形警部が現れ、紳士に手錠を掛ける。シンシアと競り合っていた紳士の正体はルパンだったのだ。ルパンは指輪を奪い逃走しようとするが、シンシアの部下ナビコフに奪われてしまう。

指輪には、持っているだけで世界の王になれるというブローチの所在を示す秘密が隠されており、シンシアもそのブローチを狙っていたのだ。ルパンと次元は、宗教にのめり込む五ェ門と共にバンク・オブ・ワールドに忍び込んだ。途中次元がマグナムを紛失し、やむなくルパンのワルサーを借りるトラブルがあったものの、ハイテク機器で固められた金庫室に、煙幕などのローテクを駆使して対抗し、見事指輪を取り返した。

その後、ワルサーとの相性の悪かった次元はワルサーをルパンに返却。そして銭形をまき、ナビコフの包囲もヘリでくぐり抜けるが、一瞬をついてナビコフの銃弾がルパンの胸を貫いた。ナビコフはヘリから落下したルパンの死を確認し、指輪を再び奪って去って行く。

ルパンの死に号泣する銭形と放心状態の不二子をよそに、次元と五ェ門は黙々とルパンの棺桶を土に埋めた。ICPOに辞表を提出した銭形をよそに、ルパンの仇討ちのためにナビコフの元に乗り込んだ次元・五ェ門・不二子。ナビコフも満を持して待ち伏せをしており、代用のマグナムでは実力を出せない次元は劣勢に追いやられてしまう。五ェ門も乱戦の中で衣服を破壊された不二子を守るため苦戦を強いられる。

戦いの末、次元はマグナムを奪還、人質により形勢逆転かと思われる中、ナビコフは切り札を発動する。天上に設置した磁力装置により次元のマグナム、五ェ門は斬鉄剣、不二子は破壊を免れた衣服に加えブラジャーまで奪われてしまう。更に対人地雷と時限爆弾から一歩も動けなくなるという絶体絶命の危機に陥る。そこに現れたのはルパンの埋葬時にいた神父だった。彼が対人地雷を解除したことで次元はマグナム、五ェ門は斬鉄剣、不二子はブラジャーを取り戻し、神父と共に脱出する。

不思議がる三人の前で、神父はその正体を現した。なんと彼は射殺されたはずのルパン。ルパンは次元が返していたワルサーによって、奇跡的に助かったのである。日本に帰ろうとしていた銭形と途中で遭遇した後、彼らは海底油田が眠っているといわれる島、カリ島へと向かうのだった。

ゲストキャラクター編集

サンディ・フィッシュバーン
- 松本梨香
ルパンが幸運のブローチをプレゼントすると約束した、ラテン系女性歌手。とある芸能プロにその才能を見出され、本物の歌姫となった(その胸には幸運のブローチが付けられていた)。
シンシア・F・クレイモフ
声 - 小山茉美
巨大投資銀行「BOW(バンク・オブ・ワールド)」の若き女性頭取。父親は某国の独裁者だったが、その国で革命が起こって亡命する際に目の前で暗殺されており、その形見である1$のコインを肌身離さずに持っている。裏の世界全てを手に入れようと考え、亡き父が求め過去の歴史的独裁者達に渡っていた幸運のブローチを狙っており、更にはカリ島を始めとする石油産出国の石油採掘権も買い集め、自らの保有する油田以外の産油地域でナビコフ達に戦争を起こさせる事で、石油の利益を自分達の油田だけに集中させ、経済の独裁を目論んでいる。しかし、ルパンが詐欺紛いな手段で築いたインチキ油田と取引をしてしまった事で、物の見事に嵌められてしまい、BOWの株の大暴落と共に一文無しとなってしまう。最終的にはルパンを射殺しようとするも失敗し、直後にカリ島の国王からICPOへ要請され、逮捕命令を受けた銭形によって反乱及びテロの疑いで逮捕される。
アレクセイ・ナビコフ
声 - 中田譲治
シンシアに雇われた凄腕の傭兵で、旧ソ連KGB局員であり、スペツナズにも所属していた。根っからの戦い好きでもある為、傭兵というよりは戦争屋に近い。目的のためなら自分の部下も平気で捨て駒にするほど非情で、利害関係でシンシアに協力しているだけでなく彼女に惚れ込んでおり、自分の女にしようともしていた。しかし、本人からはその事に関しては煙たがられ、新たに雇われた殺し屋に殺されかかった事もあるが、返り討ちにしている。ヘリの中からルパンを狙撃し、見事ルパンの左胸に命中させる(しかし、左胸部にワルサーP38をしまっていた為に死亡には至らなかった)。その後、カリ島以外の産油地域で戦争を引き起こそうとするものの、BOWの株の大暴落により実現不可能になった上に戦争に使う爆薬全てもルパンに爆破され、最後は計画の邪魔をしたルパンを殺そうとしたが、爆薬の入っていた倉庫の倒壊に巻き込まれ、剥がれ落ちた倉庫の壁の下敷きとなって死亡する。
ギルバート
BOWの役員の一人で、序盤から中盤におけるシンシアの側近的存在。プリンス債と呼ばれる某小国への投資を行う債権の中心人物で、CM等でも出演しているが、実はその債権はシンシアが詐欺を行う為だけに用意したもので、様々な資本家達に投資をさせるだけさせた後、その小国へ軍事クーデターを起こし新政府を立上げさせる事で、旧政府のものであるプリンス債の債権を紙くず同然にして、投資させた資金をそのまま踏み倒してしまうのが目的だった。シンシアの目論み通り、小国でのクーデターが成功した後、ヘッジファンドの潰れた責任を取らされる形で投獄処分となったが、シンシアとナビコフの会話によると、民間でも最高クラスの待遇になっているらしく、出所後の暮らしも約束されているとの事(ただし、プリンス債で得た利益全てはシンシアが独占し、更にアメリカからスイスへ国外逃亡する事で、逮捕も免れている)。なお、プリンス債には不二子も投資してしまったらしく、8000万ドル(日本円で約90億円)もの大金を騙し取られてしまっている。
リック・フィッシュバーン
サンディの祖父で、歴史学者。偶然に幸運のブローチを手に入れる。しかし、その価値と秘密を知っていたため、二度と独裁者が出ないようにとどこかにブローチを封印し、その在りかをマルケスの記念指輪に書き残した。

用語編集

幸運のブローチ
これまでにナポレオンレーニンヒトラーといった権力者の手を渡り歩き、手にした者を世界の王にするといわれるブローチ。羽を広げた鳥の形をしており、無数の宝石が散りばめられている。歴史学者だったサンディの祖父が偶然入手し、二度と独裁者が出ないよう願ってどこかに封印した。
本アイテムは後年制作されたOVA『ルパン三世 GREEN vs RED』にも登場した。
マルケスの記念指輪
見た目は1カラットもない安物の指輪であるが、その宝石部分には幸運のブローチの在りかが記されている。オークションに出品され、ルパンとシンシアが競い合い、シンシアが100万1ドルで競り落とした。
投資銀行「B.O.W」
シンシアが頭取を務める新興の投資銀行。「B.O.W」は「Bank Of World(バンク・オブ・ワールド)」の頭文字。詐欺まがいの金融商品まで扱い、ここ数年で急激に成長した。その実態は、世界経済を裏から操作しようと企む経済マフィアである。

声の出演編集

スタッフ編集

関連項目編集

外部リンク編集