ルパート・ドーヴァー

ルパート・ティモシー・アラン・ドーヴァー中国語: 陶輝英語: Rupert Timothy Alan Dover1967年8月19日 – )は、イギリス国籍の香港警察総警司中国語版イングランドハートフォード出身。新界南総区中国語版の指揮官を務め、2019年6月12日香港逃亡犯条例改正案反対デモで指揮を執った。作戦中、デモ参加者に向けて発砲を命じたと言われており、各界から非難を受けた[2]。6月23日、イギリスの新聞『タイムズ』はドーヴァーおよびデビッド・ジョーダン警司(荘定賢――機動部隊校長・英国籍)について、612衝突で暴力行為があったと報道した[3][4]。イギリスの一部インターネットユーザーはこの事象について、遺憾の意を示した[3][5]

ルパート・ドーヴァー
原語名Rupert Dover
生誕Rupert Timothy Alan Dover
(1967-08-19) 1967年8月19日(54歳)
イングランドの旗 イングランド ハートフォード
団体香港警察
配偶者
張雅詩 (m. 2014)
[1]

経歴編集

ルパート・ドーヴァーはイギリスで考古学の学位を取得後、1989年に王立香港警察に就職。1996年から1999年まで要人警護ユニットに配属。続いて空港保安ユニット中国語版に移った。2014年の雨傘運動では、デモ参加者による道路占拠等に対処する「日峰行動中国語版」に加わり、香港特区政府から表彰を受けた。その後、2015年に基礎訓練学校で高級警司となり、2016年1月に総警視に昇任し屯門警区の指揮官を担当。2017年1月に東区警区の指揮官に異動。2019年6月に新界南総区中国語版の副指揮官に転任[6]

2019年の612紛争にて、香港警察の機動部隊傘下にある速龍小隊がデモ隊に発砲。ドーヴァーは当日の指揮官を務めていた[6]。その後、香港警察トップの盧偉聰中国語版処長は記者会見にて、発砲は当日の指揮官の責任であり、自身は無関係であると述べた。7月7日の九龍デモ中国語版では広東道中国語版にてデモ隊に包囲され、関連する衝突について暴力的な手段で対処したことを非難された[7]。7月13日、光復上水中国語版の期間中、ドーヴァーは3,000名の警察官に対して、港鉄の駅の清掃作業を指示した。10月27日、尖沙咀における警察集会にて、開始時に会場入りし、取り囲んでいる市民の監視を指示した。そして約30分後、群衆を分散させるため催涙ガスの使用を機動隊に命じた[8]。11月11日、二号橋の交通を妨害している香港中文大学の学生に対処するため、同日午後、機動隊を香港中文大学に侵入させ、催涙ガスを繰り返し使用した[9]

脚注編集

  1. ^ 【蘋果踢爆】陶輝妻fb轉記者頭像疑起底恐嚇 大狀指涉違禁制令:或藐視法庭”. 2020年5月1日閲覧。
  2. ^ “612 帶隊清場總警司陶輝 拒回答當天為何下令射擊示威者” (中国語). 立場新聞. (2019年6月22日). https://thestandnews.com/politics/612-%E5%B8%B6%E9%9A%8A%E6%B8%85%E5%A0%B4%E7%B8%BD%E8%AD%A6%E5%8F%B8%E9%99%B6%E8%BC%9D-%E6%8B%92%E5%9B%9E%E7%AD%94%E7%95%B6%E5%A4%A9%E7%82%BA%E4%BD%95%E4%B8%8B%E4%BB%A4%E5%B0%84%E6%93%8A%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85/ 2019年7月7日閲覧。 
  3. ^ a b 吳倬安 (2019年6月24日). “【逃犯條例】英警司指揮清場 英媒大篇幅報道 黃之鋒:揚威祖家” (中国語). 香港01. https://www.hk01.com/%E6%94%BF%E6%83%85/344119/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E8%8B%B1%E8%AD%A6%E5%8F%B8%E6%8C%87%E6%8F%AE%E6%B8%85%E5%A0%B4-%E8%8B%B1%E5%AA%92%E5%A4%A7%E7%AF%87%E5%B9%85%E5%A0%B1%E9%81%93-%E9%BB%83%E4%B9%8B%E9%8B%92-%E6%8F%9A%E5%A8%81%E7%A5%96%E5%AE%B6 2019年7月7日閲覧。 
  4. ^ Philip Sherwell (2019年6月23日). “Hong Kong protesters turn ire on british officers after clashes with Hong Kong police” (英語). タイムズ. https://www.thetimes.co.uk/edition/world/hong-kong-protesters-turn-ire-on-british-officers-after-clashes-with-police-over-china-extradition-bill-frg8b3hg3 2019年7月7日閲覧。 
  5. ^ “陶輝英國家鄉城鎮貼滿濫權海報:Hertford鎮感自豪嗎?” (中国語). 香港蘋果日報. (2019年7月20日). https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190720/59843516?utm_campaign=hkad_social_hk.nextmedia&utm_medium=social&utm_source=facebook&utm_content=link_post&fbclid=IwAR0qYlEmBtmZ8-ZG18OHz7dGFWIfVsA121n7D4nh--3T24Ngl7J_ITkQoGI 2019年7月21日閲覧。 
  6. ^ a b “警拒交代下令開槍指揮官” (中国語). 香港蘋果日報. (2019年6月19日). https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190619/20707878 2019年7月7日閲覧。 
  7. ^ 黃鳳儀 (2019年7月7日). “【九龍區大遊行】陶輝現身廣東道被示威者圍罵:為何當日要開槍?” (中国語). 香港01. https://www.hk01.com/政情/349199/九龍區大遊行-陶輝現身廣東道被示威者圍罵-為何當日要開槍 2019年7月7日閲覧。 
  8. ^ “尖沙咀集會 警施放多輪催淚彈驅散民眾” (中国語). 信報. (2019年10月27日). https://www2.hkej.com/instantnews/current/article/2285471/%E5%B0%96%E6%B2%99%E5%92%80%E9%9B%86%E6%9C%83+%E8%AD%A6%E6%96%BD%E6%94%BE%E5%A4%9A%E8%BC%AA%E5%82%AC%E6%B7%9A%E5%BD%88%E9%A9%85%E6%95%A3%E6%B0%91%E7%9C%BE 2019年11月12日閲覧。 
  9. ^ 中大脫共陣線 (2019年11月11日). “尖沙咀集會 警施放多輪催淚彈驅散民眾” (中国語). 香港獨立媒體. https://www.inmediahk.net/node/1068557 2019年11月12日閲覧。