ルリキウス・ポンペイアヌス

ルリキウス・ポンペイアヌスラテン語: Ruricius Pompeianus, 生年不明 - 312年)は、ローマ帝国第56代皇帝マクセンティウスの下で、プラエフェクトゥス・プラエトリオ(近衛隊長官)や騎兵隊指揮官を務めた重臣[1]

テトラルキア時代の312年、マクセンティウス派の軍事拠点であったヴェローナに籠城していたルリキウス・ポンペイアヌス率いる軍団に対し、コンスタンティヌス1世帝率いる軍団が包囲戦を敷いたヴェローナの戦い(英語版)において敗北し、命を落とした[2][3]

参考文献編集

  1. ^ Jones, A.H.M.; J. R. Martindale; J. Morris (1971). The Prosopography of the Later Roman Empire, vol. 1. Cambridge: Cambridge University Press. p. 713. ISBN 978-0-521-07233-5
  2. ^ Zosimus, Historia Nova
  3. ^ Odahl, Charles Matson. Constantine and the Christian Empire. New York: Routledge, 2004. Hardcover ISBN 0-415-17485-6 Paperback ISBN 0-415-38655-1