メインメニューを開く

ルリーン・タトル

ルリーン・タトル英語: Lurene Tuttle , 1907年8月29日 - 1986年5月28日)は、アメリカ合衆国性格女優ヴォードヴィルからラジオに移り、「ラジオのファーストレディ」と呼ばれるようになった。その後に映画テレビを中心に活動した。

ルリーン・タトル
Lurene Tuttle
Lurene Tuttle
ルリーン・タトル(1947年に撮影)
生年月日 (1907-08-29) 1907年8月29日
没年月日 (1986-05-28) 1986年5月28日(78歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州プレザントレイク英語版
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州エンシノ
職業 女優
活動期間 1934年 - 1986年
活動内容 ヴォードヴィルラジオ映画テレビ
配偶者 メルヴィル・ルイック英語版(1928 - 1945、離婚
フレデリック・W・コール(1950 - 1956、離婚
著名な家族 バーバラ・ルイック英語版(娘)
レオン・エイムズとともに(1954年)

目次

生い立ち編集

ルリーン・タトルは1907年8月29日アメリカ合衆国インディアナ州プレザントレイク英語版にて出生した[1]カリフォルニア州グレンデールに一家で引っ越しをした後に演技の勉強を開始した[1]パサデナ・プレイハウス英語版で訓練を受けた後[1]ヴォードヴィルの劇団「マーフィーズ・コメディアンズ」に入団した[2]

ラジオ女優として編集

世界恐慌期にラジオに活動の場を移したタトルはいつしか「ラジオのファーストレディ(第一級の女性)」と呼ばれるようになった[2]。アメリカでは1920年代から1950年代初頭まで「ラジオ黄金時代英語版」として記憶されている[3]。「C・E・フーパー英語版」が1947年に行った調査によると、アメリカ人100人のうち82人がラジオのリスナーであることが判明している[3]

タトルは『ザ・アドベンチャーズ・オブ・サム・スペード英語版』でサム・スペードの若い女性秘書役から老婦人役まで、同作品のほぼ全ての女性役を一人で演じ切った[4]。週に平均して15の多様な役を演じ、『ドラグネット英語版』、『ラックス・ラジオ・シアター英語版』、『ザ・スクリーン・ギルド・シアター英語版』、『ドクター・クリスチャン英語版』、『ザ・レッド・スケルトン・ショー英語版』といったラジオシリーズで彼女のクレジットが表示された[4]

テレビ女優・映画女優として編集

1950年代・1960年代には映画テレビを中心に活動するようになり、お節介な婦人役でおなじみとなった[2]

1968年から1971年まで放送され、ダイアン・キャロル英語版が主演したテレビシリーズ『ジュリア英語版』での無愛想なシニア看護師役が最もよく知られており、32のストーリーに登場している[2]

また、出演した主な映画作品としてはオーソン・ウェルズの『マクベス』(1948年)に『ウチの亭主と夢の宿英語版』(1948年)、『やんちゃ学生英語版』(1953年)、アルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』(1960年)などがあげられる[4]

私生活と死編集

タトルはラジオ女優として活動していた時期に俳優メルヴィル・ルイック英語版と結婚して娘1人、のちにミュージカルコメディ女優となるバーバラ・ルイック英語版をもうけた[2]。バーバラは1974年に亡くなるが、彼女の夫は『スター・ウォーズ』シリーズの音楽で知られる作曲家ジョン・ウィリアムズである[2]。夫婦が離婚した後にタトルは再婚したが、二度目の結婚生活は長続きしなかった[2]

オーソン・ウェルズ、レッド・スケルトンミルトン・バールレッド・スケルトンスティーブ・アレン英語版ジェーン・メドウズ英語版らにラジオ俳優としての演技指導をほどこしたことでも知られる[2]

1960年ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに選出された[5]

1986年5月28日カリフォルニア州エンシノにて死去。78歳没[1][4]。死因はがんであった[2]。遺体は同州グレンデールのフォレスト・ローン・メモリアル・パークに埋葬された[6]

視聴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d Ted Thackrey, Jr. (1986年5月30日). “Character Actress Lurene Tuttle, 78, Dies” (英語). LATimes.com. 2015年8月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Lurene Tuttle Biography” (英語). IMDb.com. 2015年8月11日閲覧。
  3. ^ a b Abbott & Costello, Archie Andrews and Dragnet: A Live Radio Show” (英語). CantonCommunityTheatre.org. 2015年8月11日閲覧。
  4. ^ a b c d UPI (1986年5月31日). “Lurene Tuttle, 79, an Actress In Films and on Radio and TV” (英語). NYTimes.com. 2015年8月11日閲覧。
  5. ^ Lurene Tuttle Awards” (英語). IMDb.com. 2015年8月11日閲覧。
  6. ^ Lurene Tuttle” (英語). Findagrave.com. 2015年8月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集