メインメニューを開く

ルル・オン・ザ・ブリッジ』は、ポール・オースター脚本、監督の映画。

スモーク』で脚本を手がけ、『ミュージック・オブ・チャンス』に出演し、ドキュメンタリー・タッチのオムニバス的な『ブルー・イン・ザ・フェイス』では監督も手がけたオースターが、長編劇映画を初監督した。もちろん、自身の脚本で。 ヴィム・ヴェンダースが監督する案もあったが、都合がつかず、オースター自身が撮ることになった。新潮文庫から出されたシナリオ本にもこの経緯は語られていて、ヴェンダースいわく「最近、映画についての映画ばかり撮っていて、これを撮ったらまたそれが続いてしまう」とのこと。

あらすじ編集

サックス・プレーヤーが演奏中に銃撃され、意識を失う寸前に見たものが、ポスターの中の美女で…

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

関連書籍編集

  • 『ルル・オン・ザ・ブリッジ』(新潮文庫):シナリオとオースターらスタッフへのインタビューからなる。

関連項目編集

外部リンク編集