ルンギ国際空港(ルンギこくさいくうこう、英語: Lungi International Airport)とは、シエラレオネ共和国の首都、フリータウンから入り江を渡ったルンギにある国際空港。フリータウンとのアクセスに難があるため2010年代にマママ国際空港の建設計画が持ち上がり、中国からの融資も決定していたが、4億ドルにもおよぶ建設費がネックとなり2018年にキャンセルされた[1]。現政府の航空大臣は新国際空港建設中止の代わりに、ルンギ国際空港を改装し、空港とフリータウンとのアクセスをより結び付けて良くするため橋の建設に言及している。

ルンギ国際空港
Lungi International Airport
Freetown International Airport.JPG
IATA: FNA - ICAO: GFLL
概要
国・地域 シエラレオネの旗 シエラレオネ共和国
所在地 ルンギ
母都市 フリータウン
種類 公共
標高 26 m (84 ft)
座標 北緯8度36分59秒 西経13度11分43秒 / 北緯8.61639度 西経13.19528度 / 8.61639; -13.19528座標: 北緯8度36分59秒 西経13度11分43秒 / 北緯8.61639度 西経13.19528度 / 8.61639; -13.19528
公式サイト 公式サイト
地図
ルンギ国際空港の位置
ルンギ国際空港の位置
FNA/GFLL
ルンギ国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
12/30 3,200×46 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

就航航空会社と就航都市編集

国際線編集

航空会社就航地
  エール・コートジボワール フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港アビジャン)、モンロビア・ロバーツ国際空港モンロビア
  アリクエア コトカ国際空港アクラ)、ムルタラ・モハンマド国際空港ラゴス
  ケニア航空 ジョモ・ケニヤッタ国際空港ナイロビ)、コトカ国際空港(アクラ)
  ロイヤル・エア・モロッコ ムハンマド5世国際空港(カサブランカ)、モンロビア・ロバーツ国際空港(モンロビア)
  エールフランス パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ
  ブリュッセル航空 ブリュッセル空港ブリュッセル
  ターキッシュエアラインズ イスタンブール空港イスタンブール)、 ワガドゥグー空港ワガドゥグー
  ASKY航空 コナクリ国際空港コナクリ)、 バンジュール国際空港バンジュール

国内線編集

  • Air Leone
  • Eagle Air
  • Paramount Airlines
  • Sierra National Airlines

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 中国の巨額支援、アフリカは「債務地獄」に苦しみ始めているのか”. AFP (2018年12月28日). 2018年12月28日閲覧。

外部リンク編集