メインメニューを開く

ル・トリオンファン (原子力潜水艦)

ル・トリオンファンフランス語Le Triomphant, S 616)は、フランス海軍原子力潜水艦ル・トリオンファン級原子力潜水艦の1番艦。艦名は勝利を意味するフランス語から。この名を受け継いだ艦としては8代目にあたる。

ル・トリオンファン
基本情報
建造所 DCNシェルブール工廠
運用者  フランス海軍
艦種 原子力潜水艦
級名 ル・トリオンファン級原子力潜水艦
艦歴
起工 1989年6月9日
進水 1994年3月26日
就役 1997年3月21日
要目
排水量 基準 12,685t
水中 14,335t
全長 138.0m
最大幅 12.5m
吃水 10.6m
機関 加圧水型原子炉/ポンプジェット 41,500馬力
発電用ディーゼルエンジン 2基 1,500kW
速力 水上 不明
水中25kt
乗員 111名
兵装 533mm魚雷発射管 × 4門(L5魚雷
M45潜水艦発射弾道ミサイル × 16発
レーダー 航海レーダー
ソナー DSUX80 艦首パッシブソナー
DUUX5 舷側ソナー
DSUV61B 曳航ソナー
探索装置・
その他装置
攻撃/探索潜望鏡
テンプレートを表示

艦歴編集

「ル・トリオンファン」は、DCNシェルブール工廠で1989年6月9日に起工、1994年3月26日進水、1997年3月21日に就役しロング島基地に配備された。

建造当初はM4か新型ミサイルのどちらかを装備する予定でいたが、公試中にM45が実用化したためM45に切り替えられた。

2009年2月3日または4日に、大西洋にてイギリス海軍HMS ヴァンガード S28」と接触事故を起こしたとされる。原子力潜水艦に係る事項のため、両軍からは声明は出されていない[1][2]。その後、両国海軍当局が衝突事故の事実を認め、負傷者は無く原子力関係にも損傷は無かったと発表した[3]

脚注編集

外部リンク編集